1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 健康管理・健康診断
  5. O型の猫はいない? 猫の血液型の種類や検査法、知っておくメリットは?

猫と暮らす

UP DATE

O型の猫はいない? 猫の血液型の種類や検査法、知っておくメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人と同じように、猫にも血液型があります。人は「A・B・O・AB」の4種類で区別されますが、猫は「A・B・AB」の3種類です。そんな猫の血液型について、検査方法や血液型を知っておくメリット、そして血液検査で何が分かるのかを解説します。

猫の血液型はA・B・ABの3種類|O型猫はいない!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

みなさんご存知の通り、人の血液型は「A・B・O・AB」の4種類に分類されています。それらは赤血球の表面にある抗原によって決まり、A・B・O・AB型で分類される「ABO式」、そして、Rh抗原が陰性(-)か陽性(+)かによって分類される「Rh式」がよく知られています。

一方、猫の血液型はA・B・ABの3種類しかありません。猫の血液型は、血液型遺伝子で決まります。人とは違い、遺伝子が生産する「血液型物質」というたんぱく質を調べる「猫AB式」で「A・B・AB」の3種類に分けられており、O型は存在しません。なお、犬の場合は10種類以上の血液型があり、今も研究が続いているため、まだ増えていく可能性があるそうです。

猫の血液型はA型が多い

猫が持つ血液型の遺伝子は、父猫と母猫からそれぞれ1つずつ受け継ぎます。A型の遺伝子は優性なので、AとBの遺伝子を持つ猫は必ずA型になります。そのため、猫の血液型はA型が多く、アメリカで行われた調査では「90%以上の猫がA型」という結果が出ました。日本でもほとんどの猫はA型で、B型は10%未満、AB型はごくまれにしか発見できず、出現頻度は1%以下といわれているほどです。

猫種による血液型分布

【A型100%】
サイアミーズ、オリエンタル、アメリカン・ショートヘア、バーミーズ、オシキャット、トンキニーズ、ロシアン・ブルー

【A型93~97% B型1~10%】
メインクーン、ノルウェージャン、フォレスト・キャット、マンクス

【A型82~86% B型10~25%】
アビシニアン、バーマン、ジャパニーズ・ボブテイル、ペルシャン、スコティッシュ・フォールド、スフィンクス、ソマリ

【A型59~73% B型25%以上】
ブリティッシュ・ショートヘア、エキゾチック、コーニッシュ・レックス、デボン・レックス

猫の血液型の検査方法や費用

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫の血液型は、専用の血液型判定キットで調べます。必要な血液量は0.5mlほどなので、採血は数秒程度で終わるでしょう。検査機関に依頼すると数日かかりますが、動物病院にある簡易血液検査キットなら、その場で結果を聞くことができます。

費用は動物病院にもよりますが、約5,000~7,000円が一般的です。しかし、血液型だけを調べることは少ないので、この他に診察代や治療費などがかかることもあります。

事前に愛猫の血液型を知っておくメリット

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

1. 輸血が必要になった場合

人の場合、輸血が必要なときはABO式で血液型を割り出し、Rh式で陰性か陽性かを判断してから輸血をします。それは、違う血液型を誤って輸血すると赤血球が破壊されてしまい、発熱などを引き起こす可能性があるためです。重篤な場合は、急性腎不全などを引き起こしてしまうため、命の危険もあります。

猫の場合も同じように、異なった血液型の血を輸血すると、副作用が発生する可能性があります。猫は、自分の血液型以外の抗体に対して自然抗体を持っており、違う血液型を誤って輸血してしまうと、強い拒絶反応を起こします。特にB型の猫が持つ「抗A型抗体」は非常に強いため、B型の猫にA型の血液を輸血すると、重篤な状態になることが多いのです。

2. 危険な交配を避けるため

元気に生まれた子猫が、初乳を飲み始めてから突然死をしてしまう「新生児溶血」は、猫の血液型を知っておけば避けられます。新生児溶血とは、溶血反応(血液不適合による赤血球の破壊行為)によって起こります。

先述したように、B型の猫が持つ抗A型抗体は非常に強く、母猫がB型で子猫がA型だった場合、母猫の母乳に含まれる抗A型抗体によって溶血反応が起こり、子猫の赤血球を攻撃して命を奪うのです。メス猫がB型の場合、B型のオス猫と交配すれば生まれる子猫もB型になるので、「新生児溶血」を避けることができます。

血液検査で分かること

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

血液で分かることは、血液型だけではありません。健康なときから定期的に血液検査を受けておくことで、病気を早期に発見することができます。愛猫の血液の数値を知り、過去のデータと比較して変動がないか、定期的にチェックしましょう。

血液化学検査で分かる5つの病気

【腎臓病】
腎臓の機能が衰え、血液中の老廃物をスムーズに排出できない「腎臓病」になると、血液化学検査の項目「BUN(尿素窒素)」「Cre(クレアチニン)」「P(リン)」の数値が高くなります。

【肝臓病】
炎症や細胞の壊死によって肝臓の機能が衰える「肝臓病」になると、「TP(総たんぱく)」「Glu(血糖値)」「Alb(アルブミン)」の数値が下がります。

【糖尿病】
細胞のエネルギー源として必要な糖分を細胞内に取り込めなくなる「糖尿病」になると、「Glu(血糖値)」が上がります。

【高脂血症】
血液中に中性脂肪やコレステロールが高値で含まれている状態だと、「動脈硬化」などを引き起こす危険性があります。その場合、「TP(総たんぱく)」の数値が上がります。

【甲状腺機能亢進症】
「甲状腺機能亢進症」は、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる病気です。この場合は「ALTまたはGPT」「ASTまたはGOT」「ALPまたはSAP」の数値が上がります。

この他にも血液検査では、さまざまな病気を発見することができます。上記にあげた項目の数値に変化があってもなくても、獣医師は各数値のバランスなどをみながら総合的に判断します。

猫も血液型で性格診断!?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

人は「血液型で性格診断ができる」といわれていた時期もありましたよね。では、猫も血液型別に性格が違うのでしょうか?先述した通り、ほとんどの猫はA型。しかし、体感的にも、猫の性格は同じとは思えませんよね。どの猫にも個性があり、血液型で性格は分けられないようですよ。

みなさんは愛猫の血液型を知っていますか?愛猫のことを少しでも多く知りたい飼い主さんは、かかりつけの獣医師さんと相談して血液検査を受けてみてもいいでしょう。

参考/「ねこのきもち」2018年4月号『どうして必要?結果の見方は?血液検査がわかる!』(監修:王子ペットクリニック 院長 重本仁先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る