1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 海鳥を襲う猫を“害”にしない活動「天売猫」。過去の経験を元に島民全体で取り組んだこととは?

海鳥を襲う猫を“害”にしない活動「天売猫」。過去の経験を元に島民全体で取り組んだこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道北西に位置する「天売島」の猫"天売猫"をご存知ですか?

撮影/石原さくら
撮影/石原さくら

北海道の北西に位置する「天売島(てうりとう)」。
海鳥の聖地となっているこの島で、25年以上も前から行われてきた
島の猫「天売猫」に関するプロジェクトを取材しました。

※この記事の情報は、すべて2018年2月10日段階のものです。

海鳥の繁殖が、猫によって激減した天売島

JR札幌駅から、バスとフェリーを乗り継いで4時間半。世界有数の海鳥の生息地・天売島では、ずっと問題になっていることが。それは「ノラ猫の増加」です。

一般的なノラ猫問題というと、田畑を荒らされたり、糞尿のトラブルなど、人の生活への被害。しかし天売島では、さらに、貴重な海鳥が補食される被害も続いています。

「島にある海鳥の繁殖地は、国の天然記念物に指定されています。海鳥が減るのはもちろん、繁殖地に支えられている観光業の点からしても、ノラ猫の問題は、天売島にとって大きな懸案事項でした」と話すのは、羽幌(はぼろ)町にある施設「北海道海鳥センター」のスタッフであり、「人と海鳥と猫が共生する天売島」連絡協議会のメンバーでもある石郷岡(いしごうおか)さん。

島に飛来したウミネコ。ノラ猫が侵入しやすい場所で繁殖するため、襲われて数が減ってきていた海鳥の一種です(画像/北海道海鳥センター)
島に飛来したウミネコ。ノラ猫が侵入しやすい場所で繁殖するため、襲われて数が減ってきていた海鳥の一種です(画像/北海道海鳥センター)

「この問題を解決すべく、行政や民間の団体が、2回にわたって行ってきたのが、天売猫に関する取り組みです。海鳥を守るためとはいえ、猫を処分することはできません。ですから第1弾では、ノラ猫を一斉に去勢・避妊手術しましたが、満足な結果が得られず……。しかしその後の第2弾の取り組みが、まさに成果をあげようとしているところです」。

去勢・避妊手術だけでは、海鳥への被害は減らなかった

 天売島でノラ猫が増え始めたのが、1990年頃。飼い猫が野生化して増えていったと考えられています。「まずはこれ以上ノラ猫を増やさないために、北海道獣医師会と協力し、'92年から5年間に渡って、島内のノラ猫に去勢・避妊手術を行いました」と石郷岡さん。

「結果、この第1弾の取り組みでは、200匹を超えるノラ猫の手術に成功。猫の数の増加を抑えることができました。しかし手術をした猫を島に再び放していた(=TNR)こともあり、海鳥への被害は減らず、取り組みの効果は確認できませんでした。また、未手術の猫が捕獲しにくくなってきたこともあり、'96年にこの取り組みは終了しました」。

「第1弾の取り組みの時点では、去勢・避妊手術をせず、自由に外に出られる環境で飼育している飼い主さんが多かったです」と石郷岡さん(撮影/石原さくら)
「第1弾の取り組みの時点では、去勢・避妊手術をせず、自由に外に出られる環境で飼育している飼い主さんが多かったです」と石郷岡さん(撮影/石原さくら)
凍傷で耳が欠けた、島のノラ猫。「このときは、TNRした猫の暮らしの質まで配慮できず、課題が残りました」(石郷岡さん)(撮影/石原さくら)
凍傷で耳が欠けた、島のノラ猫。「このときは、TNRした猫の暮らしの質まで配慮できず、課題が残りました」(石郷岡さん)(撮影/石原さくら)

島の“すべての猫”を対象に、2013年から再始動

初回の取り組みもむなしく、島では、2000年に入る頃には以前と変わらないまでにノラ猫が増加しました。そこで、'13年から2回目の天売猫に関する取り組みを始めます。

「前回の反省をもとに皆で意見を出し合って、飼い主のいる猫の飼い方や、去勢・避妊手術をした猫の術後の生活など、天売島の"すべての猫"のことを考えた方法を採用することになりました」(石郷岡さん)。 

取り組み開始にあたって、羽幌町はまず「天売島ネコ飼養条例」を制定。島内の飼い猫へのマイクロチップの挿入・登録を義務付け、飼い猫の管理体制を整えました。

臨時の動物病院にて。挿入されたマイクロチップを登録している様子。このときは24匹の猫に処置されました。(画像/北海道海鳥センター)
臨時の動物病院にて。挿入されたマイクロチップを登録している様子。このときは24匹の猫に処置されました。(画像/北海道海鳥センター)

「制定時には、島に臨時の動物病院を開設し、マイクロチップの挿入を実施しました。また、飼い猫が望まない子猫を産んでしまうことを懸念し、やむを得ず屋外で飼う場合は、去勢・避妊手術の実施も義務付けました」(石郷岡さん)。

島の全猫把握は間近! さらに譲渡も進めていく

海鳥センターで暮らす、この取り組みのPR猫・テンちゃん(撮影/石原さくら)
海鳥センターで暮らす、この取り組みのPR猫・テンちゃん(撮影/石原さくら)

'13年からの取り組みでは、6年間で、130匹の保護と105匹の譲渡に成功。譲渡を待つ残りの猫たちも、海鳥センターを始めとする協議会の参加団体や預かりボランティアによって、お世話を受けています。「島にはあと10匹程のノラ猫がいると思われます。引き続き、保護に努めていきます」と石郷岡さん。

 また、最近協議会では、ノラ猫問題に関する啓蒙にも努めているそう。「より多くの人に、取り組みへの関心をもってもらうために、動物愛護フェスティバルや協議会主催のシンポジウムなど、イベントがある際には天売島の猫に関するブースを出展したり、子供もノラ猫問題に触れられる『天売猫カードゲーム』を製作したり……。島民と取り組みについて話し合うこともあります」(石郷岡さん)。

協議会は、島民たちと連絡会を立ち上げ、定期的に意見交換会を実施。取り組みや猫の適正飼育についての理解を広めるのが目的です。(画像/北海道海鳥センター)
協議会は、島民たちと連絡会を立ち上げ、定期的に意見交換会を実施。取り組みや猫の適正飼育についての理解を広めるのが目的です。(画像/北海道海鳥センター)

そもそもは海鳥を守るために始まったこの取り組み。しかし結果、島のすべてのノラ猫に新しい飼い主さんを見つけるという、前代未聞の結果を出そうとしています。「人々の理解と協力、そして実行に移す気持ちさえあれば、猫の問題は解決できる」ということを証明した天売島で、「達成」の声があがるのはもう間近です。

問い合わせ先

「天売島のネコ問題」
URL http://teuri-neko.net/
このサイトには、お問い合わせができるほか、「天売猫」に関する活動内容などについても記載されています。


出典/「ねこのきもち」2018年4月号「猫のために何ができるのだろうか」
文/「ねこのきもち」編集室
カメラマン/石原さくら

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る