1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. ウエットタイプのキャットフードの特徴と選び方|ランキングつき

猫と暮らす

UP DATE

ウエットタイプのキャットフードの特徴と選び方|ランキングつき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャットフードには、ドライタイプとウエットタイプがあります。どちらを与えるか悩んでいる方もいるでしょう。ウエットタイプのキャットフードを与えるメリットとデメリット、選び方や与え方、食べ残したフードの保存方法などを解説します。

ウエットフードのメリット

水分量が多いから水分補給ができる
猫はリビアヤマネコの⼦孫と考えられていますが、野⽣の頃の猫は砂漠で⽣活をしてきたため、⽔分補給がままなりませんでした。そのため猫は、水の少ない環境に順応して、のどの渇きに鈍感になり、⽔分をあまり必要としません。今でも⽔分摂取を苦⼿とする猫は多くいるでしょう。しかし、体の中に⽔分が⾜りなくなると、便秘を引き起こすだけではなく、各器官に不調をきたすおそれも。15%以上⽔分を失うと死亡してしまいます。積極的に⽔分補給をさせたいところですが、なかなか⽔を飲んでくれないこともありますよね。
そのようなときは、フードをウエットタイプに替えてみるのも良いでしょう。ペットフード協会が定めた規定の中に「⽔分含有量が75%程度のものはウエットフードと分類」という定義があります。つまりウエットフードは「⾷事のたびに⽔分摂取もできるフード」といえます。⽔⽫から⽔を飲まない猫に⽔分補給させるのにウエットフードは適しているのです。

⾹りを感じやすいから⾷いつきが良い
ウエットフードを食欲がない猫に試してみるのもおすすめです。少し温めると香りが強く出るので、食いつきがいいこともあります。また、歯が弱ってドライフードをうまく食べられないシニア猫にもおすすめ。ニオイで食欲を増進させるうえ、ドライフードより食べやすい形状なので栄養摂取させやすいフードです。ただし、猫は幼猫期の食事習慣が固定化されることがあり、ドライフードしか食べてこなかった猫はウエットフードを受け付けないこともあります。

味・タイプの種類が多い
ペットフードの売り場へ⾏くと、ウエットフードにはたくさんの種類があることが分かります。フレークやムース、ペースト、スープなど、いろいろな形状のものがあり、味も⾁や⿂、野菜など豊富に揃っています。愛猫の好みに合わせて選ぶことができますよ。ただし、後でも説明しますが、タンパク質含有量の少ないフードはすぐに食べ飽きてしまうことが多いため、味だけでなく栄養バランスにも注目してフードを選んであげましょう。

カロリーが抑えられる
ウエットフードはドライフードに比べてカロリーあたりの食事量が多くて満足感につながりやすいので、ダイエットに向く可能性があります。食べることが大好きな猫も、摂取カロリーを抑えることができるでしょう。

ウエットフードのデメリット

開封すると長期間の保存ができない
ウエットフードは水分含有量が多いため、ドライタイプのものと比べると開封後の保存期間が短いです。開封後はなるべくその日のうちに与え切ってください。残してしまう場合には、冷蔵保存で数日間。冷凍も可能ですが、嗜好性が落ちてしまう可能性があります。いずれにしても、猫は冷たい食事は好みませんので、人肌くらいまで温めて与えましょう。

ドライフードよりも価格が高い
長期の保存ができないウエットフードは、使い切りやすいように少量での販売になっています。そのため、1袋の容量が多いドライフードより割高になることがあります。

ドライフードよりも歯石が付きやすい?
やわらかい形状のウエットフードは⻭に付きやすく、厳密にいえば歯垢や歯石がつきやすいと言えますが、その差は体感できる程ではありません。どちらを使うにせよ、口腔内のホームケアが出来るとよいでしょう。

ドライフードを食べなくなるかも
幼猫期に好みが固定された猫の場合、新しいものを受け入れずらくなります。そのため、ウエットに慣れている猫はドライフードを食べない可能性もあります。今後のことを考えて与えるフードを選んでください。

ウエットフードの選び方と与え方

主食には「総合栄養食」を選ぶ
「総合栄養食」が多いドライフードとは異なり、ウエットフードは「一般食」や「副食」、「栄養補完食」となっているものが多い傾向にあります。「総合栄養食」とは「それと水だけを与えておけば猫が1日に必要とする栄養を補える」もの。「一般食」は、おやつやご褒美として少量を与えるもの。「栄養補完食」は、特定の栄養の調整やカロリーの補給を目的としたものです。
⼈で例えるなら「総合栄養⾷」は定⾷、「一般⾷」はトッピングやふりかけ、「栄養補完⾷」はサプリメントと考えるとイメージしやすいでしょう。栄養⾯で⼤きな違いがあるため、⾷事として与える場合は「総合栄養⾷」と表⽰されているものを選んでください。「総合栄養食と一緒に与えてください」などと表示されているものは、「一般食」「副食」であることが多いので、表示をよく確認しましょう。

愛猫の健康状態に合ったものを選ぼう
ウエットフードも種類が豊富なので、猫の年齢や体型、健康状態などによって選ぶことができます。離乳したばかりの子猫用や歯の弱ったシニア猫でも食べやすいもの、アレルギー気味の猫や肥満が気になる猫用などがあるので、かかりつけの獣医師に相談しながら決めましょう。

さらに食いつきをよくする工夫
病後などで食欲がないときは、ウエットフードを少し温めてあげると、ニオイにつられて食いつきが良くなることも。しかし、40度を超えると嗜好性が落ちますので温めすぎはNGです。また、熱すぎるとやけどのおそれがあるので、人肌程度にレンジや湯せんで温めてください。レンジを使うと部分的に熱くなることがありますので、よく混ぜて与えください。

猫が⾷べ飽きてしまう場合、栄養バランスが悪いことも考えられます。猫は素材や味よりも栄養バランスを優先して⾷べるという研究結果もあるのです。⾷べ飽きが多い場合、タンパク質の含有量が少ないことが原因のこともありますので、キャットフードを⾒直してみることも検討してみてください。

食べ残したウエットフードの保存法

当日なら冷蔵庫で保存
ウエットフードは、一度の食事には多い場合もあります。残ってしまったフードを当日中に与える場合は、室温で放置せずに冷蔵庫で保存してください。

2、3日以上なら冷凍庫で保存
今日中には食べ切らないと思ったら、冷凍する方法もあります。しかし、解凍するときに味やニオイが低下することが。「昨日と味が違うな」「美味しそうなニオイが弱いな」と思ったら、猫の食いつきが落ちることもあります。2、3日以内に使い切りましょう。

腐敗・劣化したウエットフードを食べてしまうと
腐敗や劣化の程度にもよりますが、下痢や嘔吐が引き起こされることがあります。取り扱いには十分に注意しましょう。

開封後のウエットフードの保存については、基本的には⼈が⾷べる⽣⾁と同じ扱いで考えてもらうといいかもしれません。2〜3⽇は冷蔵庫で保存、その後は冷凍にするといいでしょう。

「ねこのきもちアプリ」ユーザーが選ぶフードブランドランキング

最後に「ねこのきもちアプリ」ユーザーが選んだフードブランドランキングをご紹介します。愛猫に合ったキャットフード選びの参考にしてみてくださいね。

ウエットフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン ジャポン
ロイヤルカナン FCN-WET ユリナリーケア ウェット

猫が本能的に求めるタンパク質・脂肪・炭水化物の比率設計でおいしさを追求しただけでなく、一匹一匹に合ったケアもできる高機能ウエットフード。「ユリナリーケア」には、ミネラルバランスを調整することで、尿路結石を形成されにくくする機能が。ほかにも「毛玉が気になる猫用」など、全14製品に渡るラインナップがそろっています。
2位ネスレ ピュリナ ペットケア
モンプチ プチリュクスパウチ まぐろのささみ添え

厳選されたまぐろ&ささみと一緒に、おいしさたっぷりのかつおだしをパウチにぎゅっと詰め込んだ贅沢なメニュー。メインのゴハンとしてはもちろん、ごほうびやトッピングなどの用途にもぴったりの少量サイズが人気です。まぐろとささみを丁寧にほぐし、フレークを丹念に選別しているそう。
3位ユニ・チャーム
銀のスプーン パウチ まぐろ

ふっくらとしたまぐろの身とうまみがたっぷりで、魚そのものを食べているようなおいしさを実現したウエットフード。食べやすく食いつきのいいやわらかゼリー仕上げ、発色剤不使用の安心品質も人気の理由です。定番のまぐろのほか、ささみ入り、かつお節入り、しらす入りなどのフレーバーからも選べます。
アイシア
MiawMiaw(ミャウミャウ) ジューシー あじわいまぐろ

北里大学獣医学部の有原圭三教授と共同開発したa-iペプチドを配合し、愛猫の心の健康維持に配慮した総合栄養食。目と心臓の健康をサポートする必須アミノ酸タウリン、免疫力を保つビタミンE、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖も配合されています。ほぐしやすいソフトゼリー仕立て。
5位アイシア
金缶 芳醇 まぐろ

販売30年以上のブランド「金缶」に、レトルトパウチタイプが登場して3年。国内工場での製造、まぐろ100%のベースといったこだわりが人気を集めているそう。皮膚、被毛の健康維持に配慮し、コラーゲンペプチドが配合されているのも魅力のひとつです。商品名にもある「芳醇」という言葉通り、香り高く味わい豊かなゼリータイプ。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「ドライフードブランド部門ランキング ねこのきもちユーザー人気ランキング2019」

ランキング/2019年5月「ねこのきもちアプリ」内調査(回答者数 356人)
※掲載商品はランクインしたブランドの一例を紹介しています。


監修/徳本一義(獣医師)
へリックス株式会社代表取締役社長。大学卒業後、小動物臨床を経て、ペットフード会社で学術部門を担当。現在は、複数の獣医科大学の非常勤講師を兼任。ペット栄養学会理事。ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長。
徳本先生

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る