1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 国産と外国産のキャットフードの違いと選ぶポイント|ランキングつき

猫と暮らす

UP DATE

国産と外国産のキャットフードの違いと選ぶポイント|ランキングつき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャットフードを選ぶ際、国産か外国産か迷う方も多いでしょう。今回は、国産と外国産のキャットフードの違いと、猫の食の安全を守る「ペットフード安全法」、キャットフードを選ぶうえで知っておきたい3つのポイントをランキングつきで解説します。

国産と外国産のキャットフードの違いは?

日本では動物愛護の声が高まり2009年には、安心して与えられるペットフードのために守るべき基準や規格などを定めた「ペットフード安全法」が制定されました。
そのため、日本では全てのキャットフードはこの法律に則って製造、販売されていますので、国産か外国産かでペットフードの優劣をつけることはできません。つまり、国産か外国産かは安全なキャットフード選びの基準ではないのです。

また、ペットフードの原産国は最終加工された場所のことを指します。必ずしも原材料の産地をいうわけではありませんので、合わせて参考にしてください。
「国産」という表記は原材料の調達から生産まで全て日本国内で行われているというイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではないのです。ペットフード安全法の施行により原材料のトレーサビリティがきちんとしているので、さらに詳しく知りたい場合、メーカーに問い合わせてみるのも手です。

愛猫の食を守る!「ペットフード安全法」とは?

前述した「ペットフード安全法」(正式名「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」)が制定されたのには、外国でペットフードの原料に有害物質が混入し、犬や猫に健康被害が出たことが背景にあります。

この法律では、国(環境省および農林水産省)が、日本で流通するペットフードの安全性を確保するための基準や規格などを定め、事業者はそれを守って製造や輸入・販売することが義務付けられている世界でも類を見ない法律です。また、万が一ペットの健康被害を防止する必要があると判断されたときは、この法律に基づき、対象となるフードの廃棄・回収等の命令を行うこともできます。

「ペットフード」が対象、対象外のものは?
上記の法律の対象になるのは、犬と猫の「ペットフード」です。この場合の「ペットフード」は、おやつやサプリメント、飲み物など、犬・猫が栄養として摂取する製品のことをいいます。「薬機法」で規制される医薬品や、嗜好品であるまたたびや猫草、ドッグカフェなどで提供されるフードなどは対象外です。

「ペットフード安全法」を監視するのは国家機関
「ペットフード安全法」が実際に守られていることを監視するのは、国(環境事務所や各地方の農政局など)とFAMIC(独立行政法人「農林水産消費安全技術センター」)です。これらの機関は、関連企業に対して、報告徴収や無通告(抜き打ち)の立ち入り検査を行うことができます。

またFAMICは、「ペットフード安全法」の基準・規格をクリアしていることを確認するため、製造・流通している製品も抜き打ちで検査しています。その結果は、FAMICのホームページにて公表されているので、気になる方は確認してみましょう。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「「ペットフード安全法」とはどのような法律ですか。~法整備の目的と内容~」

ねこのきもち WEB MAGAZINE「ペットフードの栄養基準などの決まり~品質と安全を守る法律・規約」

安全・安心なキャットフードとは

1日に与える量を守れば、長期間にわたり与え続けても健康を害する心配がないものが、“安全なキャットフード”といえます。ここではそれを判断するうえで欠かせない、3つのポイントをご紹介します。

添加物
添加物は、いろいろな役割を果たしています。例えば、「栄養添加物」は、栄養分を強化して栄養価を高める働きをしますし、「酸化防止剤」は、キャットフードの酸化を防止して品質を保持する重要な役割をもっています。
添加物には“体に悪影響を及ぼすもの”といったイメージを持っている⽅もいるでしょう。しかし、そもそも安全性が確認された成分でなければ添加物として認められませんし、添加する量に関しても、「ペットフード安全法」で科学的知⾒に基づいた上限値が定められているので、神経質になる必要はありません。実際には健康に悪い影響を与えないことが分かっている量の数十分の一程度の量が上限として定められているため、全く問題はありません。

原材料の安全性
「ペットフード安全法」では、当該法律の規格に合わないペットフードを製造、販売、輸入することを禁じており、さらにその原材料の安全性の確保をするように求めています。
さらに「ペットフード安全法」では、製造や輸入の業者登録が義務付けられています。また、流通段階でも商品の帳簿付けが義務付けられているので、原材料の生産から加工、流通、そして販売などの各段階において、商品とその情報を追跡できるようになっているのです。

栄養バランス
猫に必要な栄養基準を満たし、その栄養素がバランスよく配合されているものが、安心・安全なキャットフードといえます。栄養バランスに優れたキャットフードを選ぶなら、「総合栄養食」と記載されたものを選ぶことが大切です。また、必要な栄養バランスは、年齢やライフスタイルなどによって変わってきますので、ライフステージにあったキャットフードを選ぶようにしましょう。

「ねこのきもちアプリ」ユーザーが選ぶフードブランドランキング

それでは最後に、「ねこのきもちアプリ」ユーザーにアンケートを実施して作った、「購入しているフードブランド」と「今後購入してみたいフードブランドランキング」をご紹介します

購入しているフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン(ロイヤルカナン ジャポン)
フィーライン ヘルス ニュートリション インドア

室内猫の健康維持をサポートするフード。消化率の非常に高い超高消化性タンパク(L.I.P.*)と複数の⾷物繊維を配合し、脂肪の含有量も適度に抑えています。
*L.I.P.:消化率90%以上の超高消化性タンパク(ロイヤルカナン調べ)
2位シーバ(マース ジャパン)
シーバ® デュオ® 香りのまぐろ味セレクション

外はカリッと、中は舌でとろけるクリームの2層粒が特徴。セレクションシリーズでは、4種類の味が1つの箱で楽しめます。
3位モンプチ(ネスレ ピュリナ ペットケア)
モンプチ スープパウチ まぐろスープ かにかま、しらす入り

栄養と水分をおいしく補給できる、具だくさんでとろりとしたスープ。メインのごはんのほかに、おやつやごほうびにも。

今後購入してみたいフードブランドランキング
1位ロイヤルカナン(ロイヤルカナン ジャポン)
商品は「購入しているフードブランドランキング」の表をご参照ください。
2位ブルー(ブルーバッファロー・ジャパン)
BLUE ライフプロテクション・フォーミュラ™ 成猫用室内飼い 毛玉ケア チキン&玄米レシピ

室内猫の体重維持と毛玉ケアに配慮したフード。骨抜き鶏肉、野菜などの自然素材で味も追求しています。

ランキング/「ねこのきもち」2018年8月号『猫アイテム人気ランキング2018』より。※2018年4~5月「ねこのきもちアプリ」内調査(n=372)※商品は各メーカーの代表的な商品を掲載。


監修/徳本一義(獣医師)
へリックス株式会社代表取締役社長。大学卒業後、小動物臨床を経て、ペットフード会社で学術部門を担当。現在は、複数の獣医科大学の非常勤講師を兼任。ペット栄養学会理事。ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長。
徳本先生

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る