1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生活環境によって猫の顔は変わる!? 猫の顔にまつわる6つのフシギ

生活環境によって猫の顔は変わる!? 猫の顔にまつわる6つのフシギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かわいい愛猫の顔を見ていて、ふと「これって、どうしてこうなんだろう」と疑問に思うことってないですか? 

今回は、「ねこのきもち」読者から寄せられた猫の顔に関する6つのフシギを紹介。年間約500匹の猫を撮影する石原さくらさんに、猫の顔のフシギについて聞いてみました!

Q1.猫の鼻の色と肉球の色は同じと聞いたけど…本当?

眠る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

A.必ずしも一緒ではありません。

必ず一致しているというわけではありませんが、たとえば白猫の肉球はうすいピンク色、茶トラの猫は赤っぽいピンク色、キジトラの猫は焦げ茶色など、ある程度法則がある場合もあります。

Q2.親猫を見て、子猫の将来の顔は予想できる?

見つめるアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

A.親猫の顔だけでは、予想は難しいかも。

人と同様、子猫は両親猫に似るだけでなく、祖父・祖母にあたる猫の顔に似る「隔世遺伝」が起きることも。

つまり、親猫の顔だけを見て将来の顔を予想することは、難しいといえるでしょう。

Q3.生活環境で猫の顔は変わるもの?

見つめるラグドール
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

A.人や同居猫との相性によって変わることも。

暮らす場所よりも、暮らしぶりが顔に出る気がします。たとえば、ノラ猫でも人と仲良く暮らしている場合は、リラックスした表情になることも。

逆に、飼い猫でも、同居猫との相性が悪い場合は、ストレスが顔に出ることもあります。

Q4.猫の毛色や鼻・肉球の色は、何才くらいまで変化する?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

A.個体差はありますが、おもに2才くらいまで。

個体によりますが、猫が急激な成長を遂げるのは2才くらいまで。毛色や鼻・肉球の色はそれくらいまでに決定します。

また、高齢になると全体的に色が薄らぐことも。

Q5.オスがメスより顔が大きいのはなぜ?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

A.男性ホルモンの影響があるため。

オスのライオンがふさふさのたてがみをたくわえるように、オスの猫も男性ホルモンの影響で顔の頬に肉がつき、顔が大きくなります。

これは、強そうな猫に見えるように、またケンカの際、顔に傷がつきにくいようになどの説があります。

Q6.犬の顔は人の顔に似てくるというけど……猫は?

見つめる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

A.自然と自分に似ている猫を選んでいるのかも……?

猫を飼い始めるときに、飼い主さんが自然と「自分と似ている猫」を選んでいる可能性があります。

もしくは、一緒に暮らしていて、猫と自分の共通点を見つける機会が増えているのかも。

箱の中の子猫たち
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の顔にまつわるフシギ、いかがでしたか?

ぜひ、ここで得た知識を踏まえて、改めて愛猫の顔を見てくださいね! 「なるほど」と、納得するかも♪

参考/「ねこのきもち」2016年8月号『みんなの猫の顔写真を合成して163匹をミックス 平均顔を作っちゃいました!』
(監修:1級愛玩動物飼養管理士 石原さくらさん)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/sorami

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る