1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 愛猫と楽しく遊ぼう! カラダとココロを健やかにする遊び方

猫と暮らす

UP DATE

愛猫と楽しく遊ぼう! カラダとココロを健やかにする遊び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遊びと聞くと、思い切りカラダを動かして疲れさせたり、ストレスを発散させたりするイメージがありませんか?

猫の年齢や環境、生活に合った遊びを選ぶことが、猫のカラダとココロを健やかにすることにもつながりますよ。では、とっておきの遊び方をご紹介します♪

「いつ」「どのくらい」遊べばいいの?

ダンボールの中にいるマンチカンの子猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は明け方や夕暮れどきに活発に活動します。そのため、日没後から飼い主さんが就寝するまでの間が遊びのベストタイムです。
また、猫は持久力がないので、長く遊ぶよりも1回10分を目安に、短い時間で毎日遊ぶ方が向いています。間隔をあけて2~3回遊んでもいいでしょう。

運動不足の猫には「追っかけスライドキャップ」

ペットボトルキャップで遊ぶアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

動きがだんだん鈍くなる5才くらいの成猫~シニア猫におすすめです。用意するものはペットボトルのキャップ。続けて遊べるように10個くらい用意しましょう。

遊ばせ方

  1. 猫にペットボトルのキャップを見せて興味をもたせます。
  2. ペットボトルのキャップを床に置いて、猫から離れたところまで勢いよく滑らせます。
  3. 猫が追いかければOK!


狭い部屋でも移動距離が出るように、何度も反復して遊ばせるのがポイントです。反応が鈍い猫には、ペットボトルのキャップにフードを入れると意欲がアップしますよ。

「空中ジャンピング」遊びで筋力アップ!

じゃらしおもちゃを持って立つアメリカンショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

足腰の衰えを予防したい子猫~7才くらいの成猫におすすめの遊びです。用意するものは、じゃらしおもちゃ。高く飛ぶ動きを促し、筋肉を伸縮させて筋力強化につなげましょう。

遊ばせ方

  1. じゃらしおもちゃを低い位置で動かしながら、猫が狙うのを待ちます。
  2. 猫が飛びついてきたら、じゃらしおもちゃを一気に上げてジャンプさせましょう!
  3. 猫がおもちゃを捕まえた状態で、おもちゃを引き上げて立たせます。


独特な揺れが面白いワイヤータイプのじゃらしなら本物の獲物と錯覚しやすいので、思わずジャンプしてしまう猫も多いはず♪

猫の年齢によって狙いたい効果は異なりますが、しっかり動いて達成感や満足感を得れば、元気なココロとカラダが作れます♪ペットボトルのキャップで遊ぶときは猫が誤飲しないように充分注意して、楽しく遊んでくださいね。

参考/「ねこのきもち」2018年9月号『カラダだけでなくココロにも効く!おうちジムのススメ』(監修:獣医師 獣医行動診療科認定医 ペット行動カウンセラー 藤井仁美先生、ペットライフコンサルタント 「ねこままホテル」オーナー 薬師寺康子さん)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る