1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 理解したうえで検討したい! 「猫を飼うと大変なこと5つ」とは?

猫と暮らす

UP DATE

理解したうえで検討したい! 「猫を飼うと大変なこと5つ」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫を飼う前は、楽しい猫との生活を思い描いている人も多いはず。でも実際には、楽しい中にも大変だと感じることもあります。

この記事では、猫を飼う前にぜひ知っておきたい「猫を飼うと大変なこと」について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫を飼うと大変なこと5つ

ごろんと横になる三毛猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫を飼って特に大変だと感じることには、以下の5つが挙げられます。

①お金がかかる

猫を飼うには食事代、トイレの砂代、健康管理のためのワクチン接種、避妊手術や去勢手術、ノミ・ダニ予防などの各種予防料金など、さまざまな費用がかかります。

また、病気になったときも、病気の種類によっては思ったよりも費用がかかる場合も。

②とてもきれい好き

お花の中に入る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は、とてもきれい好きです。特にトイレは常に清潔にしていないと、そのトイレで排泄をしてくれなかったり、別の場所で排泄したりといった行動をすることがあります。

③病気になることがある

ずっと健康でいてくれればよいのですが、猫も病気になることがあります。老齢になってからの腎不全は、猫にとても多くみられる病気です。

④長期の旅行などに行きづらい

足をぴーんとするアビシニアン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

長期の旅行などで家を空けなければならないときは、知り合いや親戚にお世話をお願いするほかにも、ペットホテルに預けたり、ペットシッターさんなどに頼んだりといったことが必要になることがあるでしょう。

⑤爪とぎ、尿スプレー

猫のマーキング行動である爪とぎや尿スプレーなどにより、悩まされることがあります。飼い主さんは、猫の習性をよく理解することが必要です。

猫を飼うのに向かない飼い主さんの傾向は?

キャットタワーで眠るスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫を飼うのに向いていないタイプの人は、次の2つに当てはまる人かもしれません。

①猫にしつけをしたがる人

主従関係を基礎にする犬と同じように、しつけをしっかりとして、飼い主さんの号令や指示に従わせるような生活を望む人には、猫を飼うのはあまり向いていないでしょう。

飼い主さんがしつけに従ってほしいと思っても、猫はそれに必ず従うタイプの動物ではありません。

どちらかというと、しつけは猫が危険な目に遭わないため、「人と猫が快適に生活をしていくために作られたルールのようなもの」にあたると考えてください。

②猫の爪とぎや狩りのような遊びなど、猫の性質を好まない人

また、猫の性質としての爪とぎや、高所を好むこと、狩りに似た激しい遊びなどを好ましく思わない人も、猫向きではないでしょう。

猫を飼うときに必要な「心構え」とは

伸びをするスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫を飼うと決めたならば、最後まで責任をもって飼うことが大切です。猫は、自分で飼われるお家や飼い主さんを選べるわけではありません。

猫を飼うことは、1つの命を預かるという責任も生じるのです。飼い主さんが思い描いていた理想の猫との生活が、必ずしもできるというわけではありません。

時には、猫との関係がうまくいかずに悩んだり、病気になったりすることもあるでしょう。もちろん猫には寿命があり、人よりも先に亡くなることが多いでしょうから、最期まで見届けてあげる覚悟も必要です。

猫と一緒に生活をすることは、1つの命と向き合うということ。このことをしっかりと考えたうえで、猫をお迎えできるのであれば、飼い主さんは猫といい関係を築いていけることでしょう。


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る