1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. ねこじゃらしの極意は「じらし」にあり! 遊び方のポイントを解説

猫と暮らす

UP DATE

ねこじゃらしの極意は「じらし」にあり! 遊び方のポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫と遊ぼうとしたら、猫があまり乗り気じゃなかったり、猫じゃらしへの興味が薄れたりした経験はありませんか?実はそれ、遊び方が猫の好みにあっていないのかもしれません。今回は猫の狩猟本能を刺激して夢中にさせる「じらしじゃらし」をご紹介します。

猫が喜ぶ「じらしじゃらし」。それには理由がある!

じゃらし待ちの大福くん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は狩りのとき、鳥や虫などの獲物を視界にとらえたら、相手の動きをじっと観察して距離を詰めていきます。そして獲物を自分の射程距離に入れたら、獲物が油断するチャンスを待つ。
この「獲物にじらされている時間」は、猫の緊張と興奮がピークに達するとき。そしてこの状態から獲物をしとめたとき、猫は緊張から一気に解放され、一種の快感を感じるといわれます。
そのため、飼い猫の狩猟本能を満たしてあげるためにも、この「じらし」は大切な要素のひとつなのです。

ポイント1. じゃらしの「新鮮さ」を保つ!

じゃらしに夢中のプーチンちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

それでは、猫が狩猟本能を満たしながら、楽しく遊び続けるためにはどうしたら良いのでしょうか。
まずひとつめのポイントは、狩りの「新鮮さ」を保つ工夫をすること。
じゃらしは2~3種類ぐらいを用意し、使いまわして遊んであげると良いでしょう。複数用意することで、猫の好みがどのじゃらしなのかも分かりやすくなります。

また、じゃらしが猫から見える位置にいつもあるのも、新鮮味がなくなってしまうひとつの要因です。遊び終わったら、毎回片づけるようにしてみてください。

ポイント2. 「狩り」の気持ちを満たさせる

ヨスケくんナイスキャッチ!
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

じゃらしで遊ばせるコツは、「リアル感」を演出すること。

例えば、虫の形をモチーフにしたおもちゃなら、あえてカサカサと音をたてて床に這わせることで、虫っぽさが増します。また、空中をプラプラと飛んでいるようにゆらしてあげるのも良いでしょう。一瞬の静止など不規則な動きも取り入れて、猫の気持ちをドキドキさせてあげてください。

また、先述したように、猫は獲物を捕まえる瞬間に快感を感じるといわれています。
そのため、「じらしじゃらし」を実践するうえでも、獲物を捕まえる瞬間は必須。数回に一度は猫に捕まえさせてあげて、より狩りの満足感を味わえるようにしてあげましょう。

室内飼いの猫にとってじゃらし遊びは、運動不足の解消、ストレスの発散と大切な役割を持っています。「じらしじゃらし」の基本的なポイントをおさえつつ、猫の好みのおもちゃや方法を見つけて、猫の遊びを積極的にサポートしてあげてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2016年3月号『遊びのコツは…「じゃらしの選び方×手さばき×アレンジ」にあり! プロが導く じらしじゃらしマスターへの道』(監修:猫カメラマン 1級愛玩動物飼養管理士 石原さくらさん、哺乳動物学者 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る