1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫が吐いたとき「様子を見る?」「受診する?」~見極め方を紹介

猫と暮らす

UP DATE

猫が吐いたとき「様子を見る?」「受診する?」~見極め方を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は体内に毛が入りやすいため毛玉を吐きやすく、消化できない不要物を吐くことが得意な動物といわれています。
ただ、嘔吐物や症状によってはトラブルや病気の可能性もあるので、様子を見てよいか、受診したほうがよいかの判断の目安をぜひ知っておきましょう。

猫が吐いた【まずは様子を見てよい場合】

フードを食べる猫
getty

■吐いたもの
・毛玉、フード、猫草、胃液のみ(異物や血液が混じっていない)

■猫の様子
・1~2回程度吐いたが、その後元気で食欲がある

上記の場合には、まずは様子を見てOK。
ただし、病気が原因で吐き気がおそった場合もあるので、判断に迷った場合には早めに受診しましょう。

猫が吐いた【受診したほうがよい場合】

毛布に包まる猫
getty

■吐いたもの
・誤食した異物(おもちゃ、ひもなど)
・血液が混ざったもの

■猫の様子
・ヨダレが出て、ふらついている
・ぐったりしていて元気がなく、食欲もない
・1日4回以上や3~4日連続で吐いている
・食べたものをすべて吐き、お腹がはっている
・下痢も発症している

上記のような場合は、体内にまだ異物が残っている、食道や胃で出血している、消化管が傷ついているなど、何らかのトラブルや病気の可能性が考えられます。
ヨダレやふらつきは中毒の場合もあるので、人の薬・タバコ・花・チョコなどを食べていないか確認してみましょう。
また、吐く日数や回数が多いと脱水症状になりやすいため、早めに受診したほうがよいでしょう。

猫が吐かないようにするために飼い主ができる対策

茶トラもやしちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「毛玉を吐く」を減らす対策

毛が抜けやすい春から夏前にかけては、こまめにブラッシングをして毛を取り除いてあげましょう。
吐く頻度が多い場合には、獣医師に相談のうえ、毛玉の排出を促す機能性フードを与えてみたり、毛玉対策用のサプリメントを処方してもらったりするのもよいでしょう。

「フードを吐く」を減らす対策

フードとの相性がよくないようなら、フードの成分や粒の大きさ、硬さに気をつけ、ほかの種類を試してみてもよいでしょう。消化器の負担を軽減するフードを選ぶのもひとつの方法です。
また、空腹状態からの一気食いを防ぎ、胃の負担を軽減するため、フードを少量ずつ数回に分けて与えてみましょう。

「異物を吐く」を減らす対策

猫が興味を持ちやすく誤食する可能性があるものは、猫の届かない場所に置いたり、勝手に開けられない場所に片付けたりして、誤食しないように注意しましょう。

猫の吐く理由を知り、対処していきましょう

青いソファの上で寝転ぶ猫
getty

飼い主としては、愛猫が吐いている姿を見ると心配になりますよね。
吐いたときには、吐いたものと猫の様子をしっかりと観察し、受診する際には嘔吐物も持参しましょう。色や量、匂いといった重要な情報を、獣医師にスムーズに伝えることができますよ。

また、日頃から「吐く」を少なくするための工夫も取り入れていくと、より安心ですね。
下記のリンク記事も、ぜひ参考にしてみてください。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「【獣医が教える】猫の「危険な嘔吐」「大丈夫な嘔吐」~吐く理由、対処法」

参考/「ねこのきもち」2018年6月号『何を、どんな理由で吐くの?できることは?ねこの“吐く”を減らそうプロジェクト』(監修:モノカどうぶつ病院院長 小林清佳先生)
   「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医が教える】猫の「危険な嘔吐」「大丈夫な嘔吐」~吐く理由、対処法』(監修:かんもん動物病院獣医師 八木田智洋先生)
文/nishiyuka
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る