1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. かわいいのは必然だった!? 人が猫を「かわいい」と感じるメカニズムとは

猫と暮らす

UP DATE

かわいいのは必然だった!? 人が猫を「かわいい」と感じるメカニズムとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫好きさんにとって、猫はたまらなくかわいいですよね!
実は、人がどういうときに「かわいい」と感じるかについては、動物行動学者によって研究がされているのです。

ここでは、人が猫を「かわいい」と思うメカニズムと、猫のかわいいポイントをご紹介します。

「かわいい」という感情を生む“ベビースキーマ”

マンチカンの赤ちゃんキャリー君
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ベビースキーマとは?

人に「かわいい」という感情が生まれるときには、“ベビースキーマ(baby schema)”という図式が関わっているといわれています。

これはオーストリアの動物行動学者が提唱した法則性で、相手に「かわいい」と思われる形態のことを指します。この図式が提唱されてから約50年の間に、さまざまな実証実験が行われてきました。

ベビースキーマの構成要素

ベビースキーマに分類される主な形態は下に記したとおりです。これらの特徴を目すると、人は「かわいい」という感情が芽生えると考えられています。

  • 体に比べて大きい頭
  • 平坦な顔
  • やや下にある大きな瞳
  • 丸みをおびた輪郭
  • 広いおでこ
  • 小さな鼻や口
  • 短い手足

どうして「かわいい」と感じるの?

ベビースキーマは、猫だけでなく犬や人など、他の哺乳類の赤ちゃんにも備わっていることがわかっています。哺乳類の赤ちゃんがこのような見た目をしているのは、親がいなくなってしまっても他の動物の母性本能を刺激し、「守ってあげたい」と思ってもらうためなのだとか。

人が猫を「かわいい」と思うメカニズムがわかりましたね。ここからは、具体化に猫のどんなにポイントにベビースキーマが含まれているのかを見てみましょう。

猫のこんなところが人に「かわいい」と感じさせている!

丸い目

上目遣いのシャルちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ベビースキーマのひとつである「大きな目」は、猫の顔の特徴のひとつでもあります。顔の面積に対し目の割合が大きいこと、そして、顔全体のやや下の方に目が位置することで、赤ちゃんを思い起こさせるようです。

小さな口

お口がかわいいブリティッシュショートヘアのうに。くん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

前から見るとひらがなの「へ」の形をした猫のおちょぼ口は、ベビースキーマの「小さな口」と合致します。
また「猫の口を横から見ると笑ってるように見える」と、思ったことはありませんか? それは、猫の口は口角が上がっているため。正面から見ると「小さな口」、横から見ると「笑顔」と、猫の口には「かわいい」要素が多いことがわかります。

頭と体のバランス

MIX 茶トラのルークドナルドくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の体はベビースキーマの特徴である「大きい頭」と「短い手足」を含んでいます。
猫は極端な「なで肩」であるため、体に対して頭が大きく見える傾向に。また、猫は人の足元にいることが多いため、立っている人から見ると、近くにある頭は大きく、遠くにある体は小さく見えるようです。

小さく丸い手

ラグドールのこむぎちゃんのかわいい肉球
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の丸い手が好きな方も多いのではないでしょうか?
猫の手は、人の赤ちゃんの手のまんまるな形を、肉球は赤ちゃんのムチムチな感触を彷彿とさせます。

「ニャーン」という声も「かわいい」と感じさせる要素?

仲良しのマンチカンの親子。太尊くん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

“ベビースキーマ”という枠組みには入らないのですが、猫の声は長い年月の間人と暮らすうちに、人から「かわいい」「心地よい」と思われるように進化してきたといわれています。

また「ニャー」という鳴き声は、本来なら子猫が母猫に発するもので、成猫同士のコミュニケーションでは使われていません。しかし、人にかわいがられるために、成猫になっても「ニャー」という声を使い続けるようになったと考えられています。

外見のほかにも、見つめる、隠れる、無邪気に驚く……といった猫の”しぐさ”にも、赤ちゃんを連想させるベビースキーマは隠されています。人と共存する上で進化したと考えられる声とあわせて、人が猫を「かわいい」と思ってしまうことには、きちんとした理由があることがわかりましたね。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「猫がかわいいのは“あたりまえ”!?学者が研究を続ける「猫の魅力」」

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『猫がかわいいのは“あたりまえ”!?学者が研究を続ける「猫の魅力」』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/国井
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る