1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護活動
  5. 「動物にやさしい秋田」を実現するため完成した動物愛護センターとは

猫と暮らす

UP DATE

「動物にやさしい秋田」を実現するため完成した動物愛護センターとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人と動物が調和しつつ共生する社会の形成」を目指す秋田県。「犬猫の殺処分ゼロ」を推進する拠点として今年、新施設が完成しました。今回はセンターの様子についてご紹介します。

※記事内容はすべて、2019年8月10日現在のものです。

撮影/林 孝明

「管理」から「愛護」へ命をつなぐ施設として

秋田空港からほど近く、県立中央公園の敷地内にある「ワンニャピアあきた」は今年完成したばかり。新設にあたりほかにも候補地はあったそうですが、「緑が多く、県内外の人に立ち寄ってもらいやすいこの場所を選びました」と所長の金(こん) 和浩さんは話します。
2016年、秋田県では2025年までに殺処分ゼロを目指す「第2次秋田県動物愛護管理推進計画」を策定。この計画と同時に、愛護を推進する新施設の構想も策定され、今年4月に「ワンニャピアあきた」の運用がスタートしました。

「ワンニャピアあきた」の猫に関するおもな役割は、引き取り、所有者不明猫の収容および譲渡のほか、地域猫対策など。猫の保護数は段階的に減少傾向にはあるものの、不妊手術を適正に行わず繁殖し過ぎた子猫の引き取りを求める飼い主や、所有者不明の猫はいまだに多く見られるそうで、取材時にも40匹あまりの猫たちが収容されていました。
「猫の生態や習性を理解して、責任をもって終生飼育してほしい」と所長の金さん。
「ワンニャピアあきた」はこうした適正飼育の啓発や情報発信のほか、ボランティア活動や災害対策の拠点としても、機能することが期待されています。

撮影/林 孝明

正面から見ると動物の顔に見える外観。「何の動物かは、見る人それぞれに想像してもらえたら」と金さん。

撮影/林 孝明

展示学習コーナーでは動物愛護に関する映像を上映。絵本やパンフレットを閲覧できるほか、パソコンでの検索も可能。

撮影/林 孝明

6月1日に、一般公開がスタート。7月28日のグランドオープン時には、施設内の内装が完成。猫が遊ぶ様子が描かれたロールカーテンや、秋田出身のマンガ家によるイラストが掲示されるなど、楽しい内装に。

猫たちとふれあえる日本最大級の「キャットタワー」

職員が全国のさまざまな施設を視察し、いいと感じた点を取り入れて完成させたという「ワンニャピアあきた」は、明るく開放的な雰囲気。取材時は一般開放が始まって間もない平日の午前中でしたが、親子連れやカップルなど多くの人たちが、動物たちに会いにセンターを訪れていました。

センターの中でも一際目を引くのが、日本最大級という6.5メートルもある大きな「キャットタワー」。広々とした空間で、猫たちが自由に過ごしている様子を見てもらいたいと設置を決めたそう。
譲渡対象となる成猫が常時数匹展示されていて、思い思いに過ごしています。「キャットタワー」を囲むように階段があり、訪れた人は自由に高い場所まで上がることが可能。猫たちにとっては、人と同じ空間で過ごすことに慣れるための練習にもなっているのだそう。

「多くの人が、仲間と集まる場所になってほしい。気軽に立ち寄って、少しでも命について考えてもらえたら。それが、結果的に猫たちの譲渡にも繋がると考えています」(金さん)。

撮影/林 孝明

3階建てに相当する高さの「キャットタワー」がある、「猫ちゃんの部屋」。階段や梁には秋田杉が使われていて、木の温もりが感じられます。

自然と人が集う場所が、猫と人との出会いの場になると信じて環境を整えている「ワンニャピアあきた」。1匹でも多くの猫が譲渡によって命を繋げられるよう活動を続ける新施設に、今後も要注目です。

問い合わせ先
秋田県動物愛護センター
TEL:018-827-5051


参考/「ねこのきもち」2019年10月号『猫のために何ができるのだろうか』
文/浪坂一
撮影/林 孝明
※この記事で使用している画像は2019年10月号『猫のために何ができるのだろうか』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る