1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. 今どんな気持ち? 猫のパーツの動きで気持ちを読み取ろう♡

猫と暮らす

UP DATE

今どんな気持ち? 猫のパーツの動きで気持ちを読み取ろう♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫と一緒に過ごしていると、今どんな気持ちでいるのか気になることがあります。猫の気持ちを知りたいときは、耳やしっぽの動き、目の大きさや動きに注目してみましょう。各パーツの動きで猫の気持ちを知ることができるはずです。

耳の動きでわかる猫の気持ち

スコティッシュフォールドと毛布
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ペタッと伏せた耳は恐怖心を抱いている

猫の耳が頭に沿ってペタッと伏せているときは、怯えて恐怖を感じている状態。恐怖心を抱いているときは身体に力が入って縮こまり、耳が平たい状態になります。大きな音がしたときや、自分より強そうな相手に遭遇したときなどに見られるしぐさです。

外向きの耳はリラックスしている

猫の耳が少しだけ外側に向いているのなら、リラックスしている状態でしょう。まどろんでいるときなどによく見られる耳の動きで、目を閉じたり、頭が下がり気味になったりします。不機嫌なときにも耳が外向きになることがありますが、その場の状況やほかのパーツの動きなどを含めて判断してみましょう。

しっぽの動きでわかる猫の気持ち

眠るブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

上にピンと伸びたしっぽは上機嫌

猫は気分が高揚するとしっぽの先まで力が入るので、しっぽが上向きにピンと伸びます。これは、飼い主さんの帰宅時や食事のときによく見られる動きです。腰やお尻も上がり気味になり、最高潮に嬉しいときはしっぽの先が小さく震えることもあります。

ブンブン振るしっぽは不満がある

猫は不満や苛立ちがあると、しっぽをブンブン振ります。力強く振ったしっぽを床に叩きつけて音を立てることも。音を立てることで、飼い主さんに自分の気持ちをアピールしているのかもしれません。こちらは食事の催促をするときなどに見られる動きです。

目の大きさや動きでわかる猫の気持ち

上目遣いのキジトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

黒目が大きいときは興奮や緊張状態

猫の目を観察すると、黒目が平常時よりも大きくなっていることがあります。黒目が大きいのは、猫が興奮・緊張状態のときです。遊びの途中で興奮しているときや、おもちゃを追いかけて緊張しているときに猫を観察するとよくわかります。興奮度が高いほど、黒目がまんまるな状態になります。

一瞬目を閉じるのは親愛の証

猫と目が合ったときに、飼い主さんに向かって一瞬目を閉じる動きをすることがあります。これは、猫が飼い主さんに「信頼しているよ」というサインを送っているのです。飼い主さんも猫に向かって同じ行動をとってあげれば、猫に気持ちが伝わるかもしれません。

耳やしっぽ、目の動きでわかる猫の気持ちをご紹介しました。猫のしぐさを観察することで、猫が今どんな気持ちなのかがわかり、猫とコミュニケーションがとりやすくなるはずです。この解説を参考に、猫の様子を観察してみてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2018年9月号『キホンからカンチガイしやすいものまで パーツでわかるねこのきもち』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
文/pinoco
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る