1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 生態
  4. メス
  5. 飼い猫だって恋をする!恋をする猫はこう変わる

猫と暮らす

UP DATE

飼い猫だって恋をする!恋をする猫はこう変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポカポカ陽気に誘われて、気持ちが浮き立つ季節は、どうやらそれは猫の世界にも当てはまるようで、猫も気持ちが「ソワソワ」してくるそう。
猫にとっての「ソワソワ」の正体、それはいわゆる「発情」

発情期に見られる猫の行動の変化について紹介します。

猫にとって、春は“恋”のシーズンです!

撮影/小森正孝

野生の猫は、年に1回、気候が穏やかな時期に子猫を産みます。一方「完全室内飼いだし、去勢・避妊手術をしているし……」と、飼い猫にとって発情という“恋”は無縁と思うかもしれませんが、下の図のように、飼い猫も年に2~3回発情期があります。また、愛猫を観察してみると、いろいろな行動やしぐさで、“恋”からくる衝動を、飼い主さんや日々の暮らしにぶつけているはずです。

季節で見る猫の行動の変化
雑誌「ねこのきもち」2018年4月号

野生の猫は冬から春の終わりにかけて“恋”をします。しかし飼い猫はこの図のように、1年通して発情期があります。

発情が始まると、オスもメスも落ち着きがなくなります

野生の場合、猫は春に恋を始めますが、それには日照時間が影響してきます。日が長くなると、メスはフェロモンを出すようになり、そのフェロモンに併せて起こるメスの発情行動に誘われ、オスもメスを探すようになるのです。その影響や名残で、この時期の飼い猫は以下のように変わります。

画像/2018年4月号「春は猫もソワソワ、ワクワク。猫の恋劇場」
外にを気にして出たがるコタロウくん
画像/2018年4月号「春は猫もソワソワ、ワクワク。猫の恋劇場」

オスの飼い猫の場合、写真のコタロウくん(オス・9才)のように、外を気にして出たがるようになることが。完全室内飼いにしていても、帰宅した飼い主さんに付いているニオイ、外から聞こえるメスのアピールする声に敏感になるので、この時期はとくに脱走防止の策を講じるといいでしょう。

撮影/尾﨑たまき
落ち着きがなくなり、人にすり寄ることが増えてきます
撮影/尾﨑たまき

メスの飼い猫は、落ち着きがなくなり、あちこちに自分のニオイを付けようとするので、人にすり寄ることが増えます。

意中の相手を射止めるために、ケンカをすることも

野生では、ときにメスをめぐってオス同士がケンカをすることも。大抵体の大きい=ケンカの強いオスがほかの猫を一喝し、意中のメスと結ばれます。ですから飼い猫のオスも、この時期は次のような様子が見られることがあります。

撮影/尾﨑たまき
室内でもマーキングしてしまうことが…
撮影/尾﨑たまき

猫は自分のテリトリーを大切にします。そのため、飼い猫であっても、ほかの猫を警戒して家の中にオシッコでマーキングをしてしまうことがあります。去勢手術を受けていても、外の猫の気配やニオイに反応してしまうときがあるのです。

不妊手術をしても、交尾欲求から不思議な行動をすることも

猫が交尾する場合、オスがメスの背後から馬のりになって行います。この行動は本能的なものなので、生殖能力を失った飼い猫でも、交尾のような行動をすることがあります。

画像/2018年4月号「春は猫もソワソワ、ワクワク。猫の恋劇場」
同居猫に馬のりになる丸くん
画像/2018年4月号「春は猫もソワソワ、ワクワク。猫の恋劇場」

オスの場合、写真の丸くん(オス・2才/上)のような行動をとることが。性別関係なく、同居猫や人の足などにまたがって陰部をこすりつけることがあります。猫によっては、時期を問わず行います。

画像/2018年4月号「春は猫もソワソワ、ワクワク。猫の恋劇場」
しっぽの付け根を「叩いて!」とせがむすずちゃん
画像/2018年4月号「春は猫もソワソワ、ワクワク。猫の恋劇場」

一方メスは本来、発情すると、オスを受け入れるような体勢になります。そして交尾の際はしっぽの付け根が刺激を受けるため、飼い猫でも写真のすずちゃん(メス・1才/マンチカン)のように、「お尻を叩いて刺激して!」と飼い主さんにおねだりすることがあります。

欲求を満たせない飼い猫には、ストレス対策を

撮影/尾﨑たまき
毎日少しだけでも遊んであげましょう!
撮影/尾﨑たまき

飼い猫とはいえ、やはり異性の猫と交尾ができないのは、ストレスがたまりやすいもの。発情にともなう行動での発散にも限度があります。飼い猫が発情するシーズンには、ふだん以上に遊んで気を紛らわせたり、ストレスを発散させたりするなどの工夫ができるといいでしょう。

参考/「ねこのきもち」2018年4月号『春は猫もソワソワ、ワクワク。猫の恋劇場』(監修:哺乳動物学者 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
文/Monika
撮影/小森正孝、尾﨑たまき
※この記事で使用している画像はねこのきもち2018年4月号『春は猫もソワソワ、ワクワク。猫の恋劇場』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る