1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 体重
  5. 愛猫のタプタプお腹に注意!つまんではかってダイエット

猫と暮らす

UP DATE

愛猫のタプタプお腹に注意!つまんではかってダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では肥満体形の飼い猫が多いにもかかわらず、ダイエットが必要だと認識している飼い主さんは少ないのだとか。適正体重をオーバーした猫は動くのがおっくうになり、ストレスから病気につながる場合もあるので注意が必要です。今回は、簡単にできる「猫の肥満チェック法」をご紹介します!

1. 見てさわって体形をチェックする

かわいいお腹を見せる猫
getty

まずは以下の4つのポイントを参考に、愛猫の体を見てさわって体形をチェックしましょう。1つでも当てはまっていたら、ダイエットが必要な状態だといえます。

チェック1:背骨を感じられるか

猫の背骨の位置を、首から腰まで親指で押してみましょう。もし背骨の存在を感じられなかったり、背中が平らになっていたりする場合は、ダイエットが必要です。

チェック2:ウエストにくびれがあるか

猫の体を上から見て、ウエスト(後ろ足よりやや前)にくびれがあるかどうかを確認しましょう。くびれがわからなかったり、ウエストがふくらんでいる場合は、ダイエットが必要です。

チェック3:お腹をつまめるか

猫を立たせた状態で、お腹をつまんでみましょう。皮だけでなく厚みのある脂肪までつまめる場合は、ダイエットが必要です。

チェック4:肋骨を感じられるか

猫の前足の付け根から腰までを両手のひらではさみ、肋骨の存在を感じられるかチェックしましょう。ギュッと強く押さないと感じられなかったり、どうさわっても一切感じられなかったりする場合は、ダイエットが必要です。

2. 体重をはかる

体重計に乗る猫
getty

1のチェック法で愛猫の体形を把握できたら、つぎは体重をチェックしてみてください。飼い主さんが猫を抱っこして体重計にのってはかり、そこから飼い主さんの体重を引くことで、簡単にはかることができます。

体格には個体差があるものの、だいたいオスは5kg以上、メスは4kg以上の場合、ダイエットが必要といえるでしょう。

3. 必要なエネルギー量を調べる

お腹を見せてぐっすりと眠る猫
getty

現在の愛猫の体重がわかったら、いつも与えているフードの量を見直してみましょう。

フードのパッケージには、猫の体重ごとの標準給与量が記載されているので、その量と比べてみてください。与えているフード量に該当する体重が愛猫よりも重い場合は、与えすぎということになります。

なお、ダイエットする場合は、愛猫の体重よりも0.5kg少ない体重の標準給与量のフードを目安にして、それを1日3〜4回に分けて与えるのがポイントです。

つまんではかって適正体重をキープ!

お腹を見せて眠る猫
getty

ぽっちゃり猫のタプタプしたお腹はとてもかわいらしいですが、体の重さによって活動量が低下しないよう、つまんではかって肥満度をチェックするようにしましょう。
愛猫が活動的で充実した毎日を過ごせるように、適正体重をキープしてあげたいものですね。

参考/「ねこのきもち」2018年10月号『愛猫には必要ないと思ってない?“はかる”でダイエット診断』(監修:モノカどうぶつ病院院長 小林清佳先生)
文/朱音
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る