1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫の「ぷにぷに」肉球に異変!? 治療が必要なトラブルとは? 

猫と暮らす

UP DATE

猫の「ぷにぷに」肉球に異変!? 治療が必要なトラブルとは? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぷにぷにとした柔らかい感触がする猫の肉球。可愛くて魅了されている飼い主さんも多いですよね。その猫の肉球に、トラブルが生じてしまうこともあるって知っていますか?

この記事では、治療が必要な猫の肉球トラブルの例について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫の肉球トラブルの例

猫の肉球
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫の肉球トラブルには、どのようなものがありますか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「肉球のトラブルとして考えられるのは…

  • 切れている(どこかで切った、ケガした)
  • 皮が剥けたり痂皮ができている(やけど、すりむいた、腫瘍、自己免疫性疾患、皮膚病)

などでしょうか。また、とくに高齢の猫では、ツメが伸びすぎて肉球に刺さってしまうことがあります」

ーーどれも痛そうですね…。

獣医師:
「小さい傷は放っておいても治ります。しかし、腫瘍や自己免疫性疾患、皮膚病は、それぞれに応じた治療が必要です。刺さったツメは切って取り除き、肉球の腫れや炎症をとる治療をします。

歩くときに肉球が地面につくので、違和感があると歩こうとしなかったり、痛みで歩けなくなる可能性もあります」

ーー歩き方がおかしいと気づいた場合は、早めに動物病院を受診して治療をしてあげなければなりませんね。

猫にしてあげたい肉球ケア

くつろぐ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー日頃から飼い主さんが猫にしてあげたい肉球ケアはありますか?

獣医師:
「高齢になって肉球の血行が悪くなることが多いのですが、嫌がらなければマッサージしてあげると血行がよくなります。

デリケートな部分なので触らせない猫も多いですが、見たり触ったりできるのであれば、肉球にまつわる病気を早く発見できます」

心臓の悪い猫は足に血栓がとんで肉球が冷たくなることも

獣医師:
「心臓が悪い猫を飼っている飼い主さんは、覚えておいてほしいことがあります。

血栓が後ろ足のほうにとんでしまった場合、足の動きが悪くなり、後ろ足の肉球が冷たくなることがあります。受診の際の手掛かりにもなりますので、飼い主さんは日頃からよく愛猫の肉球を確認してあげるようにしてみてくださいね」

ーー違う病気が原因で肉球が冷たくなることもあるのですね。覚えておきたいです。

猫の肉球
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

日頃から肉球の状態をチェックしてあげることで、ちょっとした異変にもいち早く気づくことができます。ぜひ飼い主さんは意識してみてくださいね!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る