1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 旅行・移動
  5. 猫が動物病院を苦手に思うワケ 飼い主がストレスを与えていることも

猫と暮らす

UP DATE

猫が動物病院を苦手に思うワケ 飼い主がストレスを与えていることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛猫を動物病院に連れて行く機会もあると思いますが、トラブルなく連れて行くことができていますか? 動物病院が苦手な猫も多いようですが、それには理由があるようです。

この記事では、「猫が動物病院を苦手なワケ」「動物病院が苦手な猫へのストレス軽減対策」について、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

猫が動物病院を苦手に思うワケ

動物病院に来た猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー動物病院が苦手だという猫は多いですよね。なぜ苦手なのでしょうか?

ねこのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「動物病院が苦手な猫が多いのは、『病院に行くと知らない人に触られて嫌なことをされたり、痛いことをされる』という認識があるからだと思います。大きな病気で入院になった経験をもつ猫であれば、なおさらなかなか家に帰れない場所だと思っていることでしょう」

動物病院に来たときに、猫にストレスを与えている飼い主さんも

キャリーバッグに入る猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー動物病院に来ている飼い主さんを見て、「猫にストレスを与えているな」と逆効果なことをしている人もいますか?

獣医師:
「そうですね。動物病院は、猫以外の動物も来ていることがほとんどです。たとえば、待合室でキャリーバッグの入り口を犬の方に向けていたりする飼い主さんは結構いらっしゃいます。そのような状況は、猫にとって大きなストレスとなるでしょう」

ーーそうした行為も、動物病院嫌いの原因になってしまうのですね。本来であれば、どのようにするのが適切なのでしょうか?

獣医師:
「このような場合は、愛猫の入ったキャリーバッグに目隠しをかけてあげると、ストレスが少し緩和されるでしょう。もしくは、車の中で順番がくるまで愛猫と一緒に順番を待つなども、病院によっては可能です」

動物病院が苦手な猫へのストレス軽減対策は?

動物病院に行ってきた猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー動物病院が苦手な猫にできるストレス軽減の対策はなにかありますか?

獣医師:
「病院へ行くことへのストレスをゼロにすることは大変難しいですが、小さい頃から病院に慣れてもらうことで、ストレスを減らすということはできる可能性があります。たとえば…

  • 病気ではないときに病院に行く
  • 爪切りをしてもらうためだけに病院に行く
  • 体を触ってもらって問題がないかだけ診てもらいに病院に行く

などということでもよいと思います。とにかく病院に行っても触られるだけで、それ以外の嫌なことはないといったように病院自体への恐怖心を減らし、慣れてもらうことが目的です。

また、病院に行くときに使うキャリーバッグは、猫がふだん生活する場所に常に出しっぱなしにしておき、キャリーバッグに慣らすこともよいと思います。扉を開けたままにして、部屋に置いてみてください」

動物病院に来た猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ーー猫が動物病院に苦手意識を持つ前に、飼い主さんも対策ができたらいいですね。

獣医師:
「そうですね。動物病院のなかには『猫にやさしい動物病院』の国際基準をとり、猫だけの診察時間を設けるなど猫に配慮している病院もありますので、猫に少しでもストレスをかけない動物病院を探してみるのもよいでしょう」

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/柴田おまめ

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る