1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 自律神経の乱れに注意! 季節の変わり目の不調に効く猫のマッサージ法

猫と暮らす

UP DATE

自律神経の乱れに注意! 季節の変わり目の不調に効く猫のマッサージ法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春先の季節の変わり目は、寒暖差などから猫がストレスを感じやすく、自律神経が乱れて体調を崩すケースも少なくないようです。
そこで今回は、季節の変わり目の不調を抑える、猫のマッサージ法をご紹介します。どれも自宅でできるものばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

猫のマッサージをする前の注意点

リラックス中のスコティッシュフォールド
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫をマッサージするときは、以下のポイントに注意しましょう。

(1)猫がリラックスしているときに行う

猫がゆっくりくつろいでいるときや、自分から甘えてきたときがマッサージに適しています。猫が眠っているときや、食後すぐは控えるようにしましょう。

(2)最初にウォーミングアップから行う

まずは、猫の顔や体をやさしくなでるなど、スキンシップから始めましょう。飼い主さんの手のぬくもりが猫に伝わり、よりリラックスできます。

(3)慣れないうちは10回程度を目安にする

最初のうちは、マッサージの動作を10回ほど繰り返し(左右あれば各10回)、猫が慣れて気持ちよさそうにしているなら、20~30回程度まで延長するようにしましょう。

(4)強く押したり、つまんだりしない

人のマッサージでは、“痛気持ちいい”と感じる強さが多いですが、猫にはNGです。猫をマッサージするときは、少し物足りない程度の力の強さを心がけてください

季節の変わり目の不調をケアする「猫のマッサージ法」

ここからは、春先の季節の変わり目に起こりがちな猫の不調別に、おすすめのマッサージ法をご紹介します。

(1)いつもより毛玉をよく吐く

春先の換毛期は毛がよく抜けるため、毛づくろいをして抜け毛を飲み込み、吐き出してしまいがち。吐きグセがつかないように、マッサージでケアしてあげましょう。

マッサージのやり方

吐き気を抑えるツボ
参考・写真/「ねこのきもち」2017年3月号『春先の不調に負けない体に!スプリングマッサージ』

前足の外側の関節(人でいうひじのあたり)の近くにはツボがあり、ここを押すと気の流れがよくなるため、吐き気を止める効果が期待できるとされています。そこに親指を置き、足先に向けてさすってマッサージしてあげましょう。

(2)体をよくかく

春先は自律神経の乱れの影響で血の巡りが悪くなり、体をかゆがる猫もみられます。後ろ足のツボを刺激して、かゆみを抑えてあげましょう。

マッサージのやり方

かゆみを抑えるツボ
参考・写真/「ねこのきもち」2017年3月号『春先の不調に負けない体に!スプリングマッサージ』

後ろ足付け根付近にはツボがあります。そこを親指と人差し指で軽くつまむことで、滞っている血の流れがよくなり、体のかゆみを改善する効果が期待できます。

(3)おなかをこわす

自律神経が乱れると、胃腸に不調が出やすくなるケースも。おなかにあるツボをマッサージして、胃腸の調子を整えてあげましょう。

マッサージのやり方

胃腸に効くツボ1
参考・写真/「ねこのきもち」2017年3月号『春先の不調に負けない体に!スプリングマッサージ』

下腹部には胃腸の働きを正常にするツボがあります。そこを手のひら全体でさすってあげることで、下痢や便秘を解消する効果が期待できるでしょう。

伏せた状態がおすすめ

胃腸に効くツボ2
参考・写真/「ねこのきもち」2017年3月号『春先の不調に負けない体に!スプリングマッサージ』

マッサージするときは、猫が伏せた状態がおすすめ。その状態で体の下に手を入れ、さすってあげましょう。抱っこできる猫であればおなかを上にして、手のひらで円を描くようにさすってもOKです。

こんなマッサージ方法も

消化器・免疫力アップに効くツボ
参考・写真/「ねこのきもち」2017年3月号『春先の不調に負けない体に!スプリングマッサージ』

背骨に沿って生命エネルギーが流れる道(=経絡)があるとされているので、そこを刺激することで消化器の健康をサポートする効果が期待できます。また、免疫力アップにもつながるので、人差し指・中指・薬指を使い、背骨に沿って首からお尻の方向に滑らせるようにマッサージしましょう。

(4)膀胱炎を予防するマッサージ

春先は寒暖差のストレスによって、突発性膀胱炎を引き起こす猫もいます。膀胱の機能を調節するツボを刺激して予防しましょう。

マッサージのやり方

膀胱炎を予防するツボ
参考・写真/「ねこのきもち」2017年3月号『春先の不調に負けない体に!スプリングマッサージ』

背骨のしっぽの上、骨が少し太くなっているあたりが骨盤です。そこに尿路の健康を維持するツボがあるので、ふだんからマッサージを行えば膀胱炎の予防につながるでしょう。

マッサージや健康ケアで、季節の変わり目も元気に過ごそう!

ベッドでまったり中のサバトラ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ここでは、季節の変わり目の不調を抑える、猫のマッサージ法をご紹介しました。注意点に気を配りながら、みなさんもぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

なお、もしも愛猫の不調が長引く場合は、必ず動物病院を受診するようにしてくださいね。

参考・写真/「ねこのきもち」2017年3月号『春先の不調に負けない体に!スプリングマッサージ』(監修:アニマル・ケアサロンFLORA医院長 日本ペットマッサージ協会理事 中桐由貴先生)
文/ハセベサチコ
※一部写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る