1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護猫
  5. コロナ禍の海外への引っ越し。2匹の猫たちは「1か月後の別便」になるも無事再会!「どこへ行くのも必ず一緒」

猫が好き

UP DATE

コロナ禍の海外への引っ越し。2匹の猫たちは「1か月後の別便」になるも無事再会!「どこへ行くのも必ず一緒」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
左:ルーキーちゃん(4才♂)右:ウィスキーちゃん(14才♀)

イギリス人のご主人、猫2匹とアメリカに住んでいたAkko-Chanさんが、一家でイギリスへ引っ越しを決行。猫たちを連れての超長距離移動です。コロナ禍だからこその困難にも直面します。

「どこへ行くのも必ず猫たちと一緒」というAkko-Chanさんと猫たちの貴重な海外の引っ越し体験について伺いました。

コロナ禍がきっかけでアメリカからイギリスへの引っ越しを決意

「チュ♡」仲良しなウッキーコンビ

猫を連れての引っ越しは、日本国内であってもなかなか大変なものです。自動車や電車での移動ならまだしも、飛行機に猫を乗せるのは心身にかかる負担が心配で、飼い主さんも緊張しますよね。

しかしAkko-Chanさんには、どうしても海を越えてまで引っ越す理由がありました。イギリス在住のご主人のお母様が高齢のため、「コロナ禍でなにかあった時にすぐ駆けつけられるように」と近所への引っ越しを決めたのです。

2匹は共に海外出身の猫! 1匹は海外渡航経験アリ

実はAkko-Chanさん、アメリカからイギリスに引っ越す前に、すでにオーストラリアからアメリカへの猫との引っ越しを経験していました。

2匹のうちの1匹、ハチワレのウィスキーちゃん(♀)は、Akko-Chanさんがオーストラリア・シドニーに住んでいた時に、シェルターから迎えた猫です。ウィスキーちゃんはシェルターで“出戻り”を経験。さらに当時生後6か月であったため、ご主人が「少し大きくなった猫は、子猫より引き取り手が見つかりづらい」と思ったことが引き取る決め手になりました。

数年後、ウィスキーちゃんを連れ、シドニーからアメリカのカリフォルニア・サンノゼに一家でお引っ越し。4年前にはアメリカからオーストラリアに帰国する友人から、白猫のルーキーちゃん(♂)を託され、猫は2匹になりました。2匹の年齢は10才離れていますが仲が良く、Akko-Chanさんは愛情を込めてウッキーコンビと呼んでいます。

みんなで一緒に搭乗できない!? 2匹と離れ離れの期間も

ロサンゼルス空港にて。業者が送ってくれた写真

時は流れ、コロナ禍に。アメリカからイギリスへの引っ越しを決めたAkko-Chanさんですが、家族全員が新居に落ち着くまでにはかなりの期間がありました。

新型コロナの影響で、動物が搭乗できる飛行機の便数が限られていたのだそうです。

そのため、ご夫婦は先にイギリスへと渡ることになり、猫たちはアメリカの友人宅で1か月間お世話になりました。2日に1回は写真を送ってもらったり、時にはビデオチャットで猫たちの様子を見せてもらっていたので、Akko-Chanさんは「安心できた」といいます。

その一方で、「実は友だちがすごくかわいがってくれるので、『このまま預かるよ』と言われたらどうしよう」とも思っていたのだとか。確かに、ご友人も1か月もかわいい2匹と一緒に過ごせば、離れがたくなりそうですよね。

1か月が経ち、2匹はいざイギリスへ。友人宅から先の移動は、ペットの海外輸送の業者に依頼。まずは車で7時間かかるロサンゼルス空港へと向かいます。空港では健康診断などを受け、3日目に飛行機に搭乗しました。

ここまででもすごく時間がかかっているように見えますが、準備期間にはさらなる時間を要しました。搭乗の1年前までに健康診断、狂犬病などのワクチン接種などを受けなければなりませんでした。国内の移動と違い、「明日出発!」とはいかないのが大変!

2匹の搭乗時、「せめて大好きなおもちゃやクッションをケージの中に入れてあげたい」と願ったAkko-Chanさんでしたが、規定により禁止されている(※航空会社により規定は異なります)ため叶わず。

それでも2匹は11時間の長いフライトを無事に終え、ロンドンのヒースロー空港で一泊したのち、新しいおうちまで7時間のドライブを経てついにAkko-Chanさんと再会しました。なんとも長い旅でしたね!

再会の2、3日前にはご飯やトイレの設置をして、そわそわしていたというAkko-Chanさん。1か月離れていても2匹はちゃんとAkko-Chanさんご夫婦のことを覚えていて、再会当日の夜はベッドの上でひっついて一緒に寝たそうです。

しかし、そこは“最終地点”の新居ではなく、ご主人のお母様の家でした。みんなで一時的に5か月ほど住んだ後、ご主人の仕事の関係で別の街へ再びお引っ越し。その街では友人宅に数か月間、みんなでお世話になりました。その間、2匹は「イタズラしながらみんなを癒していた」ようで、「住む場所が変わっても、ウッキーコンビはいつも飼い主の気持ちを察してくれます。かけがえのない大事な家族です」とAkko-Chanさんは話してくれました。


ついに新居へ!ストーブの前でくつろぐのがお気に入り♪

AGAのストーブ、石炭を使っているそう!

さあ、ついに「我が家」となる新居へとお引越しです!

Akko-Chanさんが2匹に対して入居の際に気をつけたことは?
「新居では最初は2匹に一部屋で過ごしてもらうことから始め、徐々に家の中の探検範囲を広げさせました。一週間はいつも以上にスキンシップを取るよう心掛けたこと」

現在は、新居の中に2匹のお気に入りの場所もできました。AGA(アーガ)という、イギリスの伝統的な古いストーブ・オーブンの前です。オーストラリア出身のウィスキーちゃんも、アメリカ出身のルーキーちゃんも、すっかりイギリス猫になりつつあるようです。

「猫にとって引っ越しはストレスになるものですし、費用もかかります。でも、家族の一員ですから、どこへ行くのも必ず一緒です」。Akko-Chanさんのウッキーコンビを大切に思う気持ちが伝わってくる家族のお話でした。

ねこのきもちWEB MAGAZINE/2022ねこの日
ねこのきもちWEB MAGAZINE/2022ねこの日

ねこの日特設ページはこちら

取材協力・写真提供/Akko-Chanさん(イギリス)
Instagram:@whiskeylukey
取材・文/賀来 比呂美

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る