1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護猫
  5. 「心がけているのは、偏りなく愛情を注ぐこと」複数飼いならではのルールのもと築いた愛猫との『幸せ時間』

猫が好き

UP DATE

「心がけているのは、偏りなく愛情を注ぐこと」複数飼いならではのルールのもと築いた愛猫との『幸せ時間』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いつでも「ピタッ」のなつくん(左)とゆずちゃん(右)

「友人の猫を何度か預かる機会があり、猫と過ごすその幸せな時間の虜になってしまった」というゆずなつさん。「うちにも猫を迎えたい」と決め、共働き家庭で家を空ける時間が長いことを考え「大人猫限定」で良い出会いを探していました。そして2018年7月に出会ったのが、2匹の兄妹猫、なつくんとゆずちゃんです。

お互いを世話し合う仲良しの兄妹猫。お留守番にも安心感!

「ずっと一緒だよ♪」

2匹はもともと6匹のきょうだいで捨てられていたところを、個人のボランティアさんに保護された猫。ほかのきょうだいが子猫のうちに引き取られていくなか、最後まで里親が見つからず、2才になるまでボランティアさんの家で暮らしていました。ゆずなつさんは2匹を里親募集サイトで見つけ、「引き取り手のいない猫ちゃんこそ、お迎えしたかった」という思いから家族に迎えました。

なつくんは、飼い主さんにいつもくっついているような甘えん坊の男の子。ゆずちゃんは、カメラが大好きなモデル気質で、しっかり者の女の子。2匹はとても仲良しで、お互いの世話もし合います。

大人になるまでボランティアさんの家にいたこともあり、ちゃんとしつけもされていて、むやみやたらにいたずらをするようなこともありません。初めて猫を飼うゆずなつさんでも安心して一緒に暮らすことができているそうです。

2匹に対する我が家のルールと約束事「どちらにも等しく愛情を注ぐ」

どうしても1つを共有したい2匹(笑)

そんな2匹にゆずなつさんが心がけているのは、偏りなく愛情を注ぐこと。「なるべく同じくらいスキンシップを取ったり、名前を呼んであげたりすることで、どちらか一方が寂しい思いをしないように配慮しています」。

それに、こんなルールもあります。新しいおもちゃやクッションなどを買う時は、取り合わないように必ず2つ買うこと。しかし、2匹は取り合うどころか1つをシェアする仲良しぶりです(笑)。ピンクとブルーのクッションを買っても、一緒にピンクのクッションに乗っていたり、ブルーのクッションに乗っていたり。

ゆずなつさんは、「2つあるんだから、それぞれゆったり寝たらいいのに…」と思いつつも、2匹がペタッとくっついて寝る姿を微笑ましく見ています。「こんなにも仲良しの2匹を引き離さなくてよかった。2匹の仲睦まじい姿をずっと見守っていこう」と心に誓ったといいます。

また、2匹以上の動物を飼うにあたって注意しておきたいこんなことも実践しているといいます。「ご飯を食べる量、お水の飲み方などを観察し、健康面に不安があった時、どちらの不調なのか判断できるよう心がけています」。

こうしてゆずなつさんの愛情を一身に受けて育った2匹は、ゆずなつさんのことが大好き。だから、ゆずなつさんのちょっとした変化も見逃しません。ゆずなつさんが体調不良の時や元気がない時は、そのことを察して寄り添います。風邪をひいて寝込んだ時は、自分たちの大切なぬいぐるみをベッドに運び、枕元にいくつも並べ、一緒に寝てくれるのです。ピタッとくっついて、まるで2匹で一緒にゆずなつさんを温めているかのように。

とにかく仲良しの2匹ですから、飼い主さんの不調を察したら「ぼくたちが何とかしなきゃ!」と思うのでしょうね。

猫を飼って世界が広がった!「猫のため」にもなる資格や趣味が増える

「ぼくたち、福福してるでしょ?」

2匹との生活は楽しく、癒されるだけでなく、ゆずなつさんの世界を広げて人生を豊かなものにしているようです。

猫を飼うのが初めてのゆずなつさんは、猫たちに愛情を注ぐだけでなく、「猫飼いとしての経験値が低い分、知識を得ることで少しでも猫のためになったらいいな」という思いから、「愛玩動物飼養管理士1級」「ねこ検定上級」を受検&合格!

さらに、この記事の執筆中に「ペット共生住宅管理士検定」に合格したとご連絡をいただきました。「人と動物との共生社会がもっともっと進むように、今後、不動産屋さんとコラボして、『猫ファーストの家』の内装などにも関わっていく予定」だそうです。猫を愛する思いが仕事にも活かされ、猫飼いさん&猫たちの住みやすさにもつながる。とても素敵なことですね。

そして、趣味に「カメラ」が加わりました。「最初はただ2匹のかわいさを伝えたいという思いだけでシャッターを切り、SNSで発信していました」というゆずなつさんです。次第に「事情があって保護された猫でも、愛情を受けて育てばかわいい表情を見せてくれることを伝えたいという思いが強まった」といいます。

ねこのきもちWEB MAGAZINE/2022ねこの日
ねこのきもちWEB MAGAZINE/2022ねこの日

ねこの日特設ページはこちら

写真提供・取材協力/ゆずなつさん(兵庫県)
Instagram(@yuzu_natsu_love)
取材・文/賀来 比呂美

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る