1. トップ
  2. 猫が好き
  3. 連載
  4. 「ひにゃ!」響く小さな悲鳴。どこからでも現れる妹猫にハンティングされるお話【連載】渋ネコししまるさん#156

猫が好き

UP DATE

「ひにゃ!」響く小さな悲鳴。どこからでも現れる妹猫にハンティングされるお話【連載】渋ネコししまるさん#156

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ししまると妹分まるこが一緒に暮らし始めて6ヶ月。新しい同居猫との生活にすっかり馴染んだししまるですが、まるこはそれ以上にししまるに慣れ、最近はししまるにドッキリをしかけています。

 歩いているししまるを見かけると、まるこは先回りをして潜み、物陰からししまるに襲いかかるのです。

好奇心旺盛な年ごろですね

 まるこがバネのように跳ねて、ししまるを飛び越えながらさっとパンチを食らわせると、全く心構えが出来ていないししまるは、思わず小さな悲鳴を…。

「ひにゃ!」

 ししまるが怒らないのをいいことに、まるこはししまるの首根っこめがけて突進。前足でクビを抱えながら一緒に歩き出しました。

「またまるこが張り込んでいるな…」

 ししまるは不機嫌そうな顔をしながらも怒りません。オラオラ系まるこを引き連れて、ドタドタと歩き出しました。

 まるこは無反応なししまるを面白く思わず、今度はししまるの背後に回ってしっぽにじゃれ始めました。しっぽを触られるのが苦手なししまるは、たまらず怒りの一声が漏れました。

「シャッ!」

 昔はこの威嚇で我に返ったまるこでしたが、もうこれくらいの威嚇で怯むことはなく、この声を聞くと逆に張り切ってしまうようになりました。そしてさらなる刺激を求め、まるこはししまるのしっぽを連続チョイチョイ。

 ししまるは、威嚇をすればするほど張り切るまるこに怒り心頭。ついに頭突きで反撃をしました。そしてまるこが一瞬ひるんだ隙に、リュックの上に座り込んだのです。 

「ふぅ…これで安心」

 こうなるとまるこはししまるを追いかけません。なぜなら、高台で横になったししまるはテコでも動かないことを、まるこは知っていたからです。

 早々に見切りをつけたまるこは、お気に入りの箱へ跳ねながら戻り、それを最後まで見届けたししまるは「やれやれ」という表情をしながら、リュックの肩掛け辺りにあごを乗せ始めたのでした。

「動け、動け、動いてよ」

 換毛期に近いこの時期。リュックで寝られると毛が大量に付くことが気になりながらも、2匹のやりとりににんまりする僕なのでありました。

ある日の箱取合戦
幽体離脱ダッシュ
ししまるにも譲れない箱(もの)があるんです

Taco(たこ)プロフィール

東京在住の漫画家・イラストレーター・キャラクタデザイナー。びゅうたびライターとしても活動中。
「ちいさな猫を召喚できたなら」「3匹のちいさな猫を召喚できたなら」「ぷっちねこ。」(徳間書店)など、好評発売中。「ちいさな猫を召喚できたなら」は重版後、中国版・韓国版・インドネシア版も発売。
現在、Web上では不定期に新作漫画を更新中。詳しくは以下のSNSへ。
・Instagram
 Tacoのインスタ: @tacos_cat
 ししまるのインスタ: @emonemon
・Twitter@taco_emonemon

CATEGORY   猫が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る