1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の兆候
  5. 愛猫が『喘息』 飼い主が気を付けるべきこと

猫と暮らす

UP DATE

愛猫が『喘息』 飼い主が気を付けるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がかかりやすい病気の事は、飼い主さんならよく知っておきたいもの。この記事ではそんな病気の解説のほか、実際に体験した飼い主さんの「気になりながら聞けずにいた疑問」について重本先生が回答! 

今回は「喘息」の愛猫の飼い主さんが気を付けるべきことは?といった疑問を取り上げます。

お話をお伺いした先生

重本 仁先生
王子ペットクリニック院長(東京都北区)

刺激物によって気管支が収縮して発作が起きる

イラスト/はなさきロージー

喘息は、何かしらの物質(アレルゲン)に反応して、口と肺を結ぶ気管支が突然収縮し、激しく続くせきや、呼吸のしにくさなどの発作の症状が急に起こる病気です。発作を起こすアレルゲンには、タバコの煙、ハウスダスト、花粉、芳香剤やヘアスプレーなどの化学物質が考えられます。猫の喘息のメカニズムはまだ明確にはなっていませんが、体質が大きく関係しているといわれ、喘息発作が起こる体質自体の改善はできません。

発作が起こると、ひどくせき込んだり、ゼーゼーと苦しそうな呼吸(喘鳴)をしたりします。1回の発作は短時間で治まることもありますが、症状が長く続いたり、1日に何回も繰り返すことも。適切な治療をして発作の症状を軽くし、できるだけ発作を起こしにくくする対応が必要です。悪化してしまうと呼吸ができなくなり、命に関わります。

人と違い、健康な猫は基本的にせきをしません。猫が頻繁にせきをしていたら生理現象と思わず、動物病院で受診をして、早期に治療を始めることが大切です。

《おもな初期症状》
 ・せき込む
 ・息をするときにゼーゼー、ヒューヒューと音がする

飼い主さんからの疑問「そこが知りたい」① 


1才の頃、たんがからんだような大きな咳が30秒くらい見られ…。
その様子を動画に撮って獣医さんに見せると、喘息ということで飲み薬が処方され、わりとすぐに症状は見られなくなりました。
その後、再発はしていませんが、飼い主が日頃から気を付けることはありますか?

栃木県 N・Sさん
ゆずくん(オス・7才/アメリカンショートヘアー)

※喘息と診断されたのは1才当時。

こまめな掃除で刺激物を除去し、きれいな空気を保つことが予防になります

ゆずくんの場合、喘息の症状が出たのが1回のみということなので、たまたま刺激物を吸引してしまった可能性があります。その後は発作は起きていないということなので、とくに喘息になりやすい体質というわけではないでしょう。とはいえ、家庭内で予防を心がけることは重要です。

それには発作の原因となる刺激物を除去し、できる限り室内の空気をきれいに保ち続けること。具体的には、飼い主さんは室内でタバコを吸わない、こまめな掃除でハウスダストを一掃する、空気清浄機を使用する、定期的にエアコンフィルターを清掃する、などを心がけてください。

イラスト/はなさきロージー

猫が長時間過ごす猫ベッドはハウスダストがたまりやすいので、定期的にキレイにしましょう。まずは、付いた抜け毛やホコリを掃除機でしっかり吸い取ります。洗えるタイプの猫ベッドなら、洗濯機で丸洗いを

飼い主さんからの疑問「そこが知りたい」②


家に迎えてすぐせきをするようになり、やがてヒューヒューと喘鳴も…。
検査しもらうと喘息でしたが、1才前だったので「極力、薬は使わないでいきましょう」と獣医さん。
それ以来、少しでもせきが気になれば受診して、自宅での投薬はせずに状態は安定していますが、シニアになると悪化するものですか?

埼玉県 Y・Nさん
Weissちゃん(メス・6才)

※喘息と診断されたのは9カ月齢当時。

加齢とともに、喘息の症状が悪化する可能性はあります

喘息の治療は、ハウスダストなどのアレンルゲンを排除することと、抗炎症薬や気管支拡張剤を内服・吸引することが中心です。アレルゲンの可能性の高いものを室内から排除することで症状が改善し、Weissちゃんのように毎日の投薬せずにすむケースもあります。

個体差はありますが、一般的に年齢とともに体力や免疫力は低下するため、病気のリスクは上がっていくもの。喘息に関しても、加齢とともに悪化していくということは充分に考えられます。これまで通り、せきをしていたら早めに受診をするほか、シニア期に入る7才からは年に2回、健康診断を受けると安心です。

先生、ご回答いただきありがとうございました。ご紹介した飼い主さんのエピソードは、あなたの愛猫に起こる可能性もあります。いざというときに思い出し、役立ててくださいね。

お話を伺った先生/重本 仁先生(王子ペットクリニック院長)
参考/「ねこのきもち」2022年2月号『ねこに多い病気、そこが知りたい!』
文/SAY
イラスト/はなさきロージー
※この記事で使用している画像は2022年2月号『ねこに多い病気、そこが知りたい!』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事