1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. お手入れ
  4. 爪とぎ
  5. 猫の爪切りって本当に必要?しないと何が困るの?獣医師の先生に聞きました

猫と暮らす

UP DATE

猫の爪切りって本当に必要?しないと何が困るの?獣医師の先生に聞きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫌がる猫の爪切りで大変な思いをしている飼い主さんも多いですよね。猫の爪切りは本当に必要なのでしょうか。嫌がる猫の爪を切る方法や、ケガをしてしまったときの対処法などについて、獣医師の岡本りさ先生に教えていただきました。

猫の爪切りは必要?

眠そうなむぎちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は、飼い主さんが爪切りをしなくても爪とぎをしたり、かじったりして爪の手入れをして長さと鋭利さを保っています。
外に出ることがある場合は、ケンカをするときや壁や木を登るときなどに爪が重要な役割をもっているため、爪を切る必要はないかもしれません。

反対に、家の中で生活している場合は、家具を傷つけたり、鋭い爪がカーペットやカーテンに引っかかったりしてケガをしてしまうことも。また、人にケガをさせることがないように、爪の先端部分をカットしてあげるといいでしょう
また、高齢になってくると爪とぎなどで手入れをしなくなり、巻き爪や肉球に爪が刺さったり、爪がどこかに引っかかると無理やり引っ張ってケガをしたりすることもあるため、子猫の頃から爪切りに慣らしておくことは大切です。

爪切りを嫌がるときはどうしたらいい?

キャットタワーで遊ぶpocaくん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

爪切りを嫌がる猫の爪切りをする場合は、猫がリラックスしているときがいいでしょう。2人いる場合は、なでたりおやつで気をそらしている間にもう1人が切るとスムーズです。タオルや洗濯ネットに入れたると大人しく爪を切らせてくれるコもいます。
また、爪切りの種類を変えてあげると切らせてくれることも。すべての爪を一気に切るのではなく、1日1本ずつなど猫に無理がないようにしましょう。爪を切らせてくれたときは、猫が好きなごほうびを与えると効果的です。
どうしても家での爪切りが難しい場合は、動物病院にお願いしましょう

ケガをさせてしまったときの対処法

ブリティッシュショートヘアの玲奈ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

根元のピンク色の部分には神経や血管が通っているため、先の透明な部分だけを切るようにしましょう。先端の丸く尖っている部分、2mm程度がカットの目安です。

深爪して出血してしまった場合は、清潔なガーゼなどで出血した部分を2~3分間しっかりと押さえましょう。出てくる血をふき取るようにこすってはいけません。ぺット専用の止血剤の粉がある場合は、使用してください。
それでも出血が止まらない場合は、出血部位を圧迫したまま動物病院に連れていきましょう

爪とぎなどをしている場合は爪切りの必要はなさそうですが、シニアになったときや、ケガのリスクを考えると小さいうちから爪切りに慣れさせておく方が良さそうですね。
愛猫の様子をみながら、爪切りに慣れさせておきましょう。

(監修:ねこのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
参考/ねこのきもちWEB MAGAZINE『獣医師が答えるQ&A』
文/山村晴美
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る