1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. いざという時も慌てない!最近の治療費事情を知っておこう!

いざという時も慌てない!最近の治療費事情を知っておこう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

獣医療の進化で治療の幅も増えてきている

医療は進歩を続けています。高度医療を取り入れ治療をしていくことで寿命が延び、高齢化していくことによって治療費は増加していきます。これは人間も猫も同じこと。昨今では、獣医療も進歩を続けており、今までは治療を諦めなければいけなかったケースでも、治療を受けることができるようになりました。そして、そこに関係してくるのが治療費の問題です。

治療費を考えることは、愛猫に必要な治療方法を選択することでもあります。いざという時のため、最近の治療費事情を知っておきましょう。

動物病院によって治療費は変わる

獣医療は基本的に自由診療になります。そのため動物病院ごとに治療費は変わってきます。検査内容や治療方法によっても金額に差が生まれてくるでしょう。

例えば、猫によくある「誤食」。すぐに誤食物が排出されれば大事に至りませんが、特定できなかったり取り出すのが困難だったりした場合、レントゲン検査や内視鏡検査をする必要が出てきます。その場合でも、動物病院によって治療費は変わってきます。

治療費が高い動物病院では、きめ細やかな治療を行ってくれる可能性もあります。もちろん金額を判断材料にするのは大切ですが、通院することも考えて「通いやすい場所にあるか?」「獣医師との信頼関係」なども考慮して動物病院を決めましょう。

飼い主仲間の話を聞こう!

いつも行っている動物病院、治療費や対応に疑問を持つことはありませんか?そんな時には、飼い主仲間の話やネットでの情報を参考にしてみましょう。

そして、治療をし続けても改善されない場合も同様に情報収集を行ってみましょう。有効な情報が聞けた場合は、思い切ってセカンドオピニオンを受けたほうがいいかもしれません。長い間、治療費を払い続けるより効率的な場合がありますし、治療内容の改善も見込めます。

ペット保険にも注目!

愛猫のためとはいえ、急な出費は家計にとって打撃になります。そんな時のために、ペット保険の制度を知っておきましょう。

治療費の一部が補償される!

ペットが病気やケガをした場合、そのことに関する「通院」「入院」「手術」にかかる費用を一部補償してくれるサービスです。補償内容や対象は保険会社によって異なるので、興味のある方は問い合わせてみてください。

ペット保険の中には、毎年保険料が変わるといった内容変更があるサービスもあるので、加入時には注意して契約書を読みましょう。

ペット保険に加入するタイミングは?

最近は猫を迎えるタイミングで、ペット保険に加入する飼い主さんが多いようです。一般的には1才になるまでに病気や不意のケガをすることが多いので、「お守り」として加入しておくと安心かもしれません。

治療費のことは動物病院の医師に相談しづらいかもしれませんが、愛猫の治療のためには必要なことです。愛猫との生活を長く続けていくためにも、色々なことを相談できる獣医師を探しておきましょう。

出典/「ねこのきもち」16年9月号『治療費事情のホント』
文/HONTAKA
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る