1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. その優しさ…ダメなんです!猫にやってはいけないスキンシップ3選

その優しさ…ダメなんです!猫にやってはいけないスキンシップ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

大好きな愛猫とは、できるならいっぱいスキンシップしたいものですよね。しかし、良かれと思ってやっているその行為……もしかしたら愛猫に嫌われてしまうかも!?

今回は、愛猫と触れ合ううえで「やってはいけないスキンシップ3つ」を紹介します。

①スキンシップは猫が甘えたいタイミングで!

猫は、人の思い通りにはなりません。飼い主さんが愛猫と触れ合いたいときでも、猫の気分が乗らなければうまくいかないのです。

猫が「甘えたい」「なでてほしい」という気分でそばに来たタイミングで、やさしくスキンシップをしましょう。

②布団などを掛けるのはNG!

冬の時期にはやりがちかもしれませんが……毛布などを掛けるのは控えましょう。猫がたとえ逃げなくても、じつは「イヤだな」と思いつつ我慢していることも。

猫は、自分でベストだと思った場所を選んでいます。もしも寒そうだと感じるなら、猫の近くに暖かい場所を用意してあげて♪

③猫が決めた居場所を動かすのはNG!

飼い主さんが「もっと密着したい!」と思っても、猫を無理に動かすのはやめましょう。猫が自分で決めた距離感を尊重してあげてくださいね。

まいにちのねこのきもちアプリ投稿写真より

愛猫との距離感はとっても大切。あくまで、愛猫が「甘えたい」と思ったときがポイントですよ! 



出典/「ねこのきもち」2016年12月号『今よりもっと仲よく“懇ろ”に にゃんごろスキンシップ』
文/二宮ねこむ
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。


猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る