1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. この肉類、猫に与えてOK?NG?猫が食べてもいい・食べてはいけない肉類

この肉類、猫に与えてOK?NG?猫が食べてもいい・食べてはいけない肉類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肉類には良質なたんぱく質が豊富に含まれ、猫の体にもいい食材です。フードより嗜好性が高く、食いつきがいいことも。ただし、必ず加熱処理が必要で生のまま与えると下痢をしたり、吐いたりする可能性があります。脂身も取り除きましょう。

鶏のささみ


猫に必要なたんぱく質を含んでいる

ささみは高たんぱく低脂肪なので、たんぱく質を多く必要とする猫に適しています。ただし、生のささみは雑菌から下痢を起こすことがあるので、与えるならば、よく火を通して3cm程度にほぐして与えましょう。

豚肉


生の状態はNG必ず加熱する

生の豚肉には寄生虫(トキソプラズマ)が潜んでいる可能性があり、感染するリスクがあります。与えるならば、茹でて2〜3cm四方くらいをできるだけ脂身の多い部位を避けて与えます。

牛肉


脂身を避けて加熱すればOK

鶏のささみなどに比べて脂肪分が多いので、脂身を避けて与えましょう。生の状態だと下痢をする恐れがあるため、茹でて2〜3cm四方くらいに切り、脂身の多い部位を避けて与えましょう。

判定の見方


少量なら与えても害はなく、たまに与える程度ならば大丈夫です。


与え過ぎると下痢や体調不良の原因になります。分量をしっかり守りましょう。

×
与えると命にかかわることもあるので与えないで。 猫が食べると中毒を起こしたり、健康を害したりすることがあります。

オシッコの病気の猫はNG!
尿石症など、オシッコの病気にかかった経験のある猫は注意が必要です。

量の目安

記事中で、「与えるならば」と記載のある場合の分量は、体重4kg前後の標準的な体重の成猫を想定した目安です。
※とくに表記のないものは1日分の上限目安量です。与えてよい分量の上限まで与える場合、1日におすそ分けする食べ物は1、2種類までにしましょう。

その他の注意点

※食べ物を与えるときは、のどに詰まらないよう、細かく切るなど下処理をしてから与えてください。
※どんな食べ物でもアレルギー症状を引き起こす可能性はあります。愛猫に与えて異変が出たら、ただちに与えるのをやめて、獣医さんに見てもらいましょう。
※記事内で「与えてはいけない食材」として紹介しているものが、猫用のフードに成分として含まれていることがありますが、食材そのままではなく、猫用に成分を調整するなど適切に加工されていますので心配ありません。
※問題のない食材でも初めて口にしたときは下痢をしてしまうことも。様子を見ながら、少しずつ与えましょう。

出典:ねこのきもち別冊「猫に与えてOK?NG?食べ物図鑑」

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る