1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 愛猫の仕草を見逃さないで!その症状はアレルギーの兆候かも!?

愛猫の仕草を見逃さないで!その症状はアレルギーの兆候かも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<食物アレルギー>

症状

食物アレルギーは、人間だけではなく猫にも起こるアレルギーです。発症すると強い痒みを感じ、発疹や脱毛などの皮膚症状が見られるほか、嘔吐や下痢などの消化器系の症状がでることがあります。

主にタンパク質や炭水化物の摂取が原因で、近年ではアレルギー反応を起こす猫が増えています。すぐに反応がでるものだけではなく、同じ成分を繰り返し摂取するうちに突然症状がでることもあるので、愛猫の様子には十分に注意しましょう。

兆候と対策

食物アレルギーの兆候として多いのが、顔や首のかゆみです。かゆさからなめ続けて脱毛してしまったり、皮膚にブツブツができてしまったりすることもあります。しかし、食物アレルギーは体質によるものなので、予防することができません。初期症状で気づき、早めに受診することが重要です。兆候が表れた場合は獣医師に相談し、アレルギーの出ない療法食を探していきましょう。

<ノミアレルギー>

症状

ノミは猫の身体に寄生して、吸血する時に唾液を注入します。その唾液によりアレルギー反応が起こり、ノミアレルギーが発症してしまいます。ノミアレルギーが発症すると、患部を激しいかゆみが襲い、脱毛やカサブタができることがあります。また、背中に赤く盛り上がった「しこり」がでるケースもあるので、愛猫とスキンシップをとる時などに観察しておきましょう。

兆候と対策

背中をかゆがっていたり、脱毛や皮膚にカサブタができていたりしたら、ノミアレルギーの疑いがあります。特に元ノラ猫はノミに寄生されていることが多いので、早めに処置をしないと重症化してしまう恐れも。

ノミアレルギーは、定期的にノミの駆除薬を投薬することで、予防を行うことができます。また、完全室内飼いにすることで、ノミが寄生しない環境をつくることも大切です。強いかゆみで愛猫を苦しめないためにも、しっかりと予防をしておきましょう。

<アトピー性皮膚炎>

症状

アトピー性皮膚炎は、原因となるアレルゲンが皮膚に付着したり、吸い込んでしまったりすることで発症するアレルギーです。アトピー性皮膚炎が発症すると、広範囲にわたってかゆみが生じ、皮膚に赤みがでます。

猫のアレルゲンを特定するのは大変難しく、場合によっては長期的な治療を要することも。また、顔だけではなく足や内股、脇の下や下腹部など至るところがかゆくなるため、なめ続けて脱毛範囲が広がってしまう恐れもあります。

兆候と対策

アトピー性皮膚炎の兆候としては、全身のかゆみや、皮膚に引っかき傷が見られることが挙げられます。そうなると、ステロイド剤などの投薬で症状を抑えなければ、かゆみが止まらず脱毛範囲が広がってしまいます。もし猫が全身をかゆそうにしていたら、すぐに受診してください。

また、アレルゲンであるホコリやダニ、花粉などを減らすため、部屋の掃除をこまめに行い、愛猫が触れるものは清潔にするよう心がけましょう。

以上、皮膚トラブルの恐れがある愛猫の仕草や、発症後の症状をご紹介しました。猫のアレルギー検査のデータは不十分なため、発症後に繰り返しの検査や生涯治療が必要となるケースが多いのが現状です。事前に予防できる場合は予防し、愛猫の仕草に違和感を覚えたときは、早急に動物病院で相談するようにしましょう。

出典/「ねこのきもち」16年4月号『皮膚の病気&トラブル』
文/aiko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る