1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. シンガプーラの特徴・性格・飼い方

シンガプーラの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認猫種のなかでは世界最小といわれるシンガプーラ。その小ぶりな体に大きな瞳と大きな耳、シルクのような被毛が何ともゴージャスです。野性味と気品をあわせもつ、シンガプーラの特徴や性格、歴史やかかりやすい病気について、ご紹介します。

シンガプーラの特徴・魅力 

体型は小柄で目と耳が特に大きく、愛らしい姿がとてもキュートなシンガプーラ。体は小さくても筋肉質で見た目より重量のある体型で、野性味も感じられます。被毛は非常に短く、体に密着していて絹のような手触り。性格は優しく甘えん坊で、人なつこい傾向にあります。あまり鳴かないので、集合住宅などでの飼育にも適しているといわれます。

シンガプーラの歴史

シンガプーラという呼び名は、シンガポールのマレー語読みが由来です。 シンガポールの下水溝(ドレイン)で暮らしていた、「ドレインキャット」と呼ばれるノラ猫から自然発生したシンガプーラの品種化への歩みは1970年代に始まります。’70年代初期にシンガポールに赴任中のアメリカ人のブリーダー、ハル・メドウが祖国アメリカに住む妻のトミーに土着の小さな猫を送ったことがきっかけとなります。しかしメドウ夫妻が元々アビシニアンのブリーディングを行っていたため、アビシニアンから人工的に作り出された猫ではないということを信じてもらうのに夫妻は多くの時間と手間を費やしました。1988年にCFAで公認されると、一気に世界で広がり、その後各団体で公認を受けました。

シンガプーラの外見上の特徴 

体は小さいですが、ボディは筋肉質で重量があり細くはありません。四肢は付け根の部分が太くつま先にかけて細くなります。特に大きなアーモンド形の目は目立ち、アイラインと目頭から鼻の両側にチーターラインが入りパッチリした印象です。ピンと立った耳は大きくて基部が広く丸い顔に離れ気味に付いています。最大の特徴でもあるボディの大きさは、大きくても2.7kgほど。公認の猫種のなかでは最も小柄といわれます。また、通常の子猫は生後2カ月くらいまで「キトンブルー」と呼ばれる青い目の色をしていますが、シンガプーラの子猫の瞳の色は生後9週間まではさまざまに変化し、成猫になるとグリーン、イエロー、ヘーゼルに定着します。毛質はとても短くシルキーで、滑らかな肌触りが特徴です。毛色はセピアカラーで、グランドカラーは暖かみがあるアイボリーで濃いブラウンの色でティッキングされています。ティッキングは1本の毛に濃い色と薄い色が交互に入っていることで、根元が薄く、先端が濃くなっています。腹部は両脇より淡い色で、尾の先端はほぼ黒と言ってもいいほどの濃いブラウン。前肢の内側にはバー(濃色の横縞)があります。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シンガプーラの性格

シンガプーラは、小さな体の印象どおり、優しく甘えん坊。鳴き声も小さく、ほとんど鳴かないので、とてもおとなしい猫です。好奇心が強い反面、神経が過敏な面もあります。そういう意味では、複数飼いには向かないかもしれません。飼い主さんや家族などへの愛情が細やかでやさしく、人の話すことが理解できるといわれるくらい、とても賢い猫です。
活発で遊び好きでもあります。

シンガプーラを飼うのに向いている人 

あまり鳴くこともなく、おとなしいので、初めて猫を飼う人にも向くでしょう。甘えん坊なので、一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人がいいですね。好奇心が旺盛で、活発な面もあるので、遊びに夢中で付き合ってあげられる人が向いているでしょう。

シンガプーラのハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

猫の健康のためにも、屋内飼育がおすすめです。猫は基本的に夜行性の動物なので、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。シンガプーラは活動的ゆえに、留守番させるときは、入って欲しくない場所には行けないよう制限し、誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シンガプーラの食事 

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、なるべく水分を摂らせるよう注意しましょう。

シンガプーラの遊び方 

人なつっこい性格で、人とのコミュニケーションは大好き。お気に入りのおもちゃを使うなどして、1日に最低でも5~10分以上は集中して遊んであげましょう。また、猫は高いところに上る習性があり、屋内という限られた空間でも、立体的な上下運動をさせるようにして。猫ができるだけ自由に活動できるよう、猫タワーを置く、タンスや棚をうまく配置して高いところに行けるなどの工夫を。活発でジャンプが得意なシンガプーラではありますが、ある程度の年齢になったら、よく上る場所にはステップを付けてあげるなどするといいですね。

シンガプーラのお手入れ 

短毛なのでブラッシングはスムーズにできるでしょう。長毛ではないので、ブラッシングを頻繁に行う必要はありませんが、甘えん坊のシンガプーラにはコミュニケーションの一環として、手の平で体をなでたり、ごほうび代わりにブラッシングを行ってもいいですね。

シンガプーラが気をつけたい病気 

・頭や首にかさぶたができたり、赤くなったり、自分で傷をつくったりする「特発性顔面皮膚炎」
・明らかな原因が不明な膀胱炎で、何度もトイレに行き、血尿などの症状が現われる「特発性膀胱炎」

監修  高野八重子先生

CFAオールブリード国際審査員。

サンフラワーキャットクラブセクレタリー、
ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。
著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。
ヤマザキ動物専門学校

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る