1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 飼い始め
  5. 平均寿命や性格、嗅覚や聴覚は? 改めて猫ってこんな生き物

猫と暮らす

UP DATE

平均寿命や性格、嗅覚や聴覚は? 改めて猫ってこんな生き物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは猫という動物について、どのくらい知っていますか?猫を実際に飼育したことがないと、「かわいい」以外のことをよく知らないという方も少なくないでしょう。
今回は、猫という動物の体のしくみや習性について、哺乳動物学者の今泉忠明先生にお話を伺いました。

顔の部位は人とどう違うの?

Mix(茶トラ)のたこくん♪
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

人にも猫にもある、目・耳・鼻。ここでは、人と猫ではどういう違いがあるのかをご紹介します。

・目
猫の視界は人より広く、動体視力にも優れています。また、周囲の明るさによって瞳孔のサイズが変化し、明るい場所では縦長に細くなり、暗い場所では大きな丸に。驚いたり怖がったりするときも、瞳孔は丸く広がります。

・耳
猫は人よりかなり耳が良く、人が聞き取れる周波数の約3倍の高音域まで聞き取れるといわれています。また、おびえているときは耳を横に倒したり、攻撃的になると反らしたりなど、そのときの感情が耳に表れるのも特徴的です。

・鼻
猫は、人の約20万~30万倍も鼻が利くといわれています。ニオイで縄張りの情報を収集したり、周囲の危険を察知したり、身を守るために日々鼻を活用しているのです。

猫の特徴といえばココ!

Mix(キジトラ)の小次郎くん♪
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

こちらでは、猫ならではの部位、ひげ・肉球・しっぽについてご紹介します。

・ひげ
ひげは口元だけでなく、目の上・頬の横・あごの下などにもあり、主にセンサーの役割を果たしています。また、ひげの動きで「リラックスしているな」「興奮しているな」など、猫の感情を読み取ることも可能です。

・肉球
ぷにぷにとしてかわいらしい肉球。実は肉球には汗腺があり、汗をかくとしっとりするのをご存じでしたか?
また、その弾力を生かして音を立てずに歩いたり、着地の衝撃を和らげるクッションの働きをしたりと、意外としっかりとした役割があるのです。

・しっぽ
ジャンプや着地をする際、体のバランスを取る役割があるしっぽ。ピンと立てながら近づいてくるときは甘えたい、股の間にしまって体を小さくしているときはおびえているなど、耳やひげと同様、気持ちが表れる部位でもあります。

猫ならではの習性

Mix(キジトラ)の叶ちゃんたち♪
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫には、猫特有の習性や生態があります。よく知られているものもあれば、そうでないものも。ここでは、知っておきたい猫の特徴を解説します。

猫は夜に活動する

猫は昼間眠って体力を温存し、夕方から夜、あるいは明け方に活動します。これは野生時代、夜間に狩りを行っていた頃の名残です。

《猫は警戒心が強い》
猫は群れを作らず、単独で生活をしてきた動物です。そのため警戒心が強く、用心深い行動を取ります。

《猫はきれい好き》
猫が自分の体をなめてきれいにするのは、自分のニオイを消して敵から身を守るため。食事やトイレのあとは、体をなめている様子を見ることができます。

《猫は平均15~16才まで生きる》
猫の平均寿命は、室内飼育で16.25才、全体で15.33才です。シニア期になると動作が遅くなったり、病気にかかりやすくなったりします。
※一般社団法人ペットフード協会調べ(平成29年全国犬猫飼育実態調査より)

人と猫では、体のつくりも習性も大きく違います。家族として一緒に暮らすのならば、猫という動物をしっかり理解したうえで、猫との生活に生かしていきましょう。

お話を伺った先生/今泉忠明先生(哺乳動物学者)
参考/「ねこのきもち」特別編集『初めて猫を飼う人も、2匹目以降を迎える人も、みんなで考えたい「猫のためにできること」 保護ねこのきもち』
文/東里奈
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る