1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の目づかいで気持ちを察知!上目・半目・猫目などケース別に解説

猫の目づかいで気持ちを察知!上目・半目・猫目などケース別に解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫と一緒に暮らしていると、猫にも表情があることが分かります。その表情とは「目づかい」から生まれてきた感情表現。猫の「上目・半目・猫目づかい」から気持ちを伺い知るためにも、どんな「目の表情」があるか知っておきましょう。

猫の目で「気持ち」が分かる?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

飼い主さんにとって、愛猫から見つめられるのは嬉しいことですよね。しかし愛情を返そうと見つめ合うことを試みますが、愛猫は目をそらしてしまう…。なんだか寂しい気分になってしまいますが、猫は視線が合うとケンカのサインだと捉えます。猫の視線を感じても特にアクションを起こす必要はありません。もし視線があったら、さりげなくそらすことで愛猫への愛は伝わります。このような「猫の目づかい」をこれからご紹介していきましょう!

猫の目づかい:いい気分編

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

まん丸お目々「上目づかい」

猫が上目遣いになるときは、たいてい飼い主さんの足元で見上げているときですよね。このようなときは「おやつをもらえそう」「遊んでくれるかな♪」と期待に胸を膨らましています。パッチリと目を見開いた、まん丸お目々で見上げられると、なんでもいうことを聞いてあげたくなってしまいます。

うっとり「半目づかい」

猫がとても気持ちが良くリラックスしているとき、半目づかいになります。うっとりとして体中の筋肉が緩み、まぶたがついついトロンと下がってしまうのです。気持ちが良すぎて、そのまま眠ってしまう猫もいますよね。

縦に長い「猫目づかい」

猫が安心した状態でリラックスしているときは、瞳孔が縦に細長くなり、いわゆる「猫目」とよばれる形になります。高いところから飼い主さんを眺めているときに、猫目になっているときがあるかと思います。それは高くて安心できる優位な場所から日常を見ているので、体の力を抜いてリラックスできている証拠です。また、周囲が明るいときも目に入る光の量を調節するために、瞳孔を細長くしていることもあります。

仲良し確認「瞬きづかい」

猫の世界では、相手の目を凝視することはご法度です。目を見続けていると敵意を感じ、「やるのか?」とケンカ腰になることがあります。そうならないためにも愛する飼い主さんや仲の良い猫と目が合ったときには、瞬きをすることで気まずさを和らげているのです。目があったときに愛猫がパチッと瞬きをしたら、「仲良しだよね」と確認している合図だと思っていいでしょう。

敵意を打ち消す「そらし目づかい」

「瞬きづかい」のときのように、じっと見ている相手から目をそらすのも「敵意はないですよ」という意思表示です。飼い主さんが猫を叱っているときにも、「そらし目づかい」を見ることができるでしょう。「ボクは飼い主さんとケンカしないよ」といっているのです。

猫の目づかい:キリッと緊張編

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

瞳孔開いた「黒目づかい」

瞳孔がまん丸に開いて黒目が強調されているときは、興奮しているとき。獲物を狙うハンターの目なのです。猫じゃらしやポインターで遊んでいるときなど、「捕まえてやる!」と意気込むと「黒目づかい」になることが多いでしょう。同じく「危険が迫っている!」と緊張したときにも「黒目づかい」になります。また、周囲が暗くなったときに、なるべく光を集めるために「黒目づかい」になることもあります。

ケンカ上等!「ワル目づかい」

多頭飼いをしている家庭で見られることがあるのが「ワル目づかい」です。猫同士の縄張り争いで相手にケンカを売るとき、目を逆三角形にしてにらみつけます。あごを引いておでこを見せてにらみつける様子は、ファイティングポーズをとるボクサーの心境なのでしょう。「カーン」とゴングが鳴ったら、飛びつきそうな雰囲気を醸し出します。

トイレで無防備「真剣目づかい」

トイレに入ると、真顔で「真剣目づかい」をしていることはありませんか?これは無防備な体勢になっているので、周囲を警戒している目づかいです。なるべくトイレには近寄らず、大きな音を立てないように気を使ってあげましょう。

猫の目づかい:不思議編

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

どうしようかな…「遠い目づかい」

子どもやお客さんなど苦手な人や慣れない人に抱っこされているとき、何かを諦めたような「遠い目づかい」をします。嫌なら暴れるかと思いきや、恐怖感が無ければじっと動かず「この時間が早く過ぎ去ればいいのに…」と思いながら「遠い目づかい」をします。安全を見極めながら、自分に都合よく逃れる方法やタイミングを図っているのでしょう。

空中を凝視「追いかけ目づかい」

猫の耳は、人の耳よりかなり優秀です。天井裏にいる虫の羽音もキャッチできるそう。そういった音を目で追う姿を見て、人は「何もないのに、何を見ているの?」と怖くなったりしているのです。

猫の目づかい:豆知識編

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫の目は色より動きを感知!

動物の目には色を感知する「錐体細胞」と、動きを感じる「桿体細胞」があり、その2つの割合で見える世界が決まります。人は色を感知することを優先させましたが、猫は敵の動きを察知するために「桿体細胞」を優先させたといわれています。猫にとって色を感じることは人より劣りますが、動体視力は人よりはるかに優れています。私たちの動きもコマ送りのように見えているのかもしれませんね。

猫は日中の視界が狭い!?

猫の瞳孔の大きさが昼夜で変わるのは、光を取り込む量を調節しているから。実は瞳孔の変化によって、見える幅も微妙に変化しているそうです。瞳孔が小さくなる明るい昼間は、視界の横幅が狭くなっているそうです。

猫の目が光るワケ

夜、暗い道を通っているとキラッと何かが光った!光の主を探すと、そこに猫がいた。といった経験したことはありませんか?猫などの夜行性の動物の目の中には、「タベタム」と呼ばれる光を反射させて増幅させる組織があります。そのせいで、猫の目は光ったように見えるのでしょう。

病気から愛猫の目を守りたい!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫は病気になると、症状が目に現れやすくなります。目ヤニや多量の涙が見られるときは、体の異常を疑ってみましょう。ウィンクするように片目だけ閉じているときは、異物が入っているのかもしれません。気になることがあれば早めに獣医師へ相談し、愛猫を病気から守りましょう!

出典元/『ねこのきもち』2016年1月号「なんと多彩なねこの目づかいコレクション」(監修:今泉忠明先生)
    『ねこのきもち』2017年5月号「猫の体を科学する」(監修:尼崎肇先生)
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る