1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師が解説】猫のしゃっくりの原因は?生理現象?それとも病気?

【獣医師が解説】猫のしゃっくりの原因は?生理現象?それとも病気?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫のしゃっくりは人のしゃっくりとは違い、お腹や体全体を振動させるような様子を見せます。一見分かりづらいので、見逃してしまうことも。今回は「猫しゃっくり」について、見分け方や原因、止める方法に病気の可能性などについてご紹介します。

お腹がピクピク「猫のしゃっくり」

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

皆さんは急に「ヒックヒック」と、しゃっくりが出てしまうことはありませんか?しゃっくりは焦れば焦るほど止まらず、人の目を引いてしまいます。人がするしゃっくりは横隔膜のけいれんが原因といわれており、多くは数十分で止まりますが、息を止めたり水を飲んだりと、しゃっくりを止める民間療法を試す方が多いでしょう。

映画の上映中や会議中など、静かな空間でしゃっくりが出てしまうと焦りますよね。しかし、猫から「ヒックヒック」という声は聞こえません。ねこのしゃっくりとは、どんな状態のことをいうのでしょうか?

「猫のしゃっくり」どんな状態?

ねこがするしゃっくりは、人のしゃっくりとは様子が異なります。愛猫のお腹の真ん中あたりがピクッピクッとリズミカルに波打つことはありませんか?これは「猫しゃっくり」といわれている、横隔膜のけいれん現象かもしれません。

「猫しゃっくり」は声が出ないので分かりにくいかもしれませんが、丸まって寝ているときにも起こります。そのときは、体全体がピクッピクッと振動するように動くので、異変に気付きやすいでしょう。その他にも、遊んでいるときに急に静かになった、眠っていたのに起きてじっとしている、といったときは「猫しゃっくり」が起こっているかもしれません。

飼い主さんとしては、お腹がピクッピクッと振動するように動く愛猫を見たら不安になりますよね。しかし、猫のしゃっくりは人のしゃっくりと同じように痛みなどはありませんので、安心してください。愛猫は、普段と違う体の異変に驚く程度でしょう。人のしゃっくりは数十分で自然に止まることが多いですが、猫のしゃっくりも1日程度で自然に治まります。

「猫のしゃっくり」原因は食事のしかた?!

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫がしゃっくりする原因は主に次の原因があります。

・ご飯の食べ過ぎ
・早食い
・水を飲む際に、空気を多く取り込んだ
・激しい運動

ご飯の食べ過ぎや早食い、空気を取り込む、激しい運動後のしゃっくりは、特に心配はいりません。

しかし、人も「しゃっくりを早く止めたい」と思うように、猫にとってもしゃっくりは不快なものです。ご飯の食べ過ぎや早食いといった健康体の猫にも起こりうることは、飼い主さんの工夫で起こりにくくできますので実践してみましょう。

「猫のしゃっくり」止めるには?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

ご飯の食べ過ぎや早食いをストップ!

基本的なことですが、愛猫に与えるキャットフードの適正量を守ることが大切です。フードのパッケージに記載されている1日の給与量を参考にして、適正量をしっかり計量して与えましょう。そうすることで、ご飯の食べ過ぎを防ぐことができます。

早食いをする猫は、ご飯を食べ過ぎる傾向があります。人も同じですが、早食いをすると脳で満腹感を得られる前に食事を終えることになります。そして満腹感を得られなかった猫は、同居猫のフードを横取りしたり、人のご飯をおねだりするようになったりすることで、結果的に食べ過ぎてしまうのです。

猫は、自分の意識でゆっくり食事をすることができません。食事を朝、昼、晩、寝る前など1日の給与量を小分けにしたり、時間をかけて食べさせるための「早食い防止用エサ皿」などを取り入れたりしてもいいですね。

「猫のしゃっくり」止める方法

健康体の猫のしゃっくりは、時間はかかりますが自然に止まります。人のしゃっくりを止める方法のように、猫のしゃっくりを止める民間療法もありますが、安易に実行するのはおすすめできません。1日以上、愛猫のしゃっくりが止まらない場合は、獣医師に相談した方が安心です。

「猫のしゃっくり」病気のサイン?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

横隔膜を刺激する病気として考えられるのが、胃がんや食道がんなどの消化管腫瘍にくわえて、肺炎、胸膜炎、気管支喘息など呼吸器の病気などがあります。また、脳腫瘍など神経が刺激される病気でもしゃっくりが出ることがあるので、1日以上しゃっくりが止まらなかったり、嘔吐や下痢、運動障害などが見られたりした場合には、獣医師へ相談しましょう。

動画を撮って獣医師へ相談

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

猫のしゃっくりは声が出ないので分かりにくいですが、体が波打つように振動していたら、様子を見つつ行動を観察しましょう。なかなか治まらないようなら、その様子をスマホなどで録画してから獣医師へ相談すると、診察がスムーズになるでしょう。

食べ過ぎや早食いが原因で出るしゃっくりは、食事の仕方を工夫することで防ぐことができます。食べ過ぎや早食いは肥満にもつながりますので、注意をしてあげたいですね。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A」

出典元/『ねこのきもち』2016年11月号「ねこダイエット」(監修:山本宗伸先生)
    『ねこのきもち』2016年6月号「タイプ別 誤食しやすい物はコレだ!」(監修:鵜飼佳実先生)
    『ねこのきもち』WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A」
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/HONTAKA
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る