1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫トイレの場所、ココはNG!その理由と上手に移動する方法をご紹介

猫トイレの場所、ココはNG!その理由と上手に移動する方法をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫トイレの置き場所で大切なのは「猫がしたいときに排泄できる」、そして「飼い主さんの目が行き届き、清潔を保ちやすい」という点です。みなさんの家の猫トイレはどこにありますか?今回ご紹介するのは、あまりオススメできない場所。当てはまっている場合は、移動したほうが良いかもしれません。

玄関や廊下

「猫の通り道だから」「すぐに見に行ける」「ほかに置き場所がないし…」そんな理由から置いている飼い主さんが多い、玄関や廊下。注意すべき点は、冬の寒さです。猫がトイレまで行くのをためらい、我慢してしまうと泌尿器の病気になるおそれも。また、夏は風通しが良い分、排泄物のニオイが家全体に拡散することもあるので要注意です。

クローゼット・押し入れ

「暗いほうが安心できそう」「よく隠れている場所なので」という理由で置かれているクローゼットや押し入れ。風通しの悪い空間だと、ニオイがこもる点やカビが生えやすい点が気になります。また、排泄中の様子もチェックできないのであまりオススメできません。ほかの場所でも、うまく目隠しして落ち着ける環境づくりを検討しましょう。

窓際

「お日様が当たるので日光消毒の効果があるのでは…?」そんな思いから設置している方もいる窓際。残念ながら、窓から差し込む日光での消毒効果は期待できないそうです。むしろ細菌が繁殖しやすくなることもあり心配。さらに、窓からノラ猫が見える場所ならストレスが溜まるおそれもあるので、移動を考えてみても良いでしょう。

猫トイレの移動方法

あまり置き場所を変えないほうが良いとはいえ、どうしても移動したいと思うこともありますよね。まずは、今までの猫トイレの場所は変えずに、新たに追加すると良いでしょう。そのとき、追加する猫トイレの容器や、中に入れる砂は今までと同じものがオススメです。どうしても追加が難しい場合は、今の位置から毎日10cmずつずらしていき、数日間かけて希望の場所に移動する方法もあります。

猫トイレを置くのに適している場所は、飼い主さんの目が届き、温度管理がしやすい「リビング」や、換気しやすくトイレ砂をすぐに流せる「人のトイレ・洗面所」などです。ご家庭によっては、どうしてもその場所に置けないこともあるので、できれば今回ご紹介したところ以外で最適な場所を探せると良いですね。

参考/「ねこのきもち」2018年7月号『よかれと思って置いているけれど…みんなのおトイレMAPこれでOK?』(監修:モノカどうぶつ病院院長 小林清佳先生)
イラスト/藤井アキヒト
文/なかやまゆ

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る