1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 獣医師監修|猫にみかんを与えるときは○○に注意!NG果物リストも

獣医師監修|猫にみかんを与えるときは○○に注意!NG果物リストも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちが普段何気なく食べているみかんは、猫に与えてもいい果物なのか疑問に思っている飼い主さんもいるのでは?今回はみかんの主な成分と猫への影響、与え方と注意点を解説。みかん以外の猫に与えてもいい果物とNG果物も併せて紹介します。

猫にみかんをあげることについて

ブリティッシュショートヘア
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

みかんの主な成分と猫への影響

野菜や果物のほとんどは水分でできているといわれており、みかんは全体のおよそ80%が水分で成り立っています。それ以外には繊維質やビタミン類、ミネラル、炭水化物、ベータカロチンなどが含まれ、特に繊維質やビタミン類は果物のなかでも含有量が多いことで知られています。また果実本体だけでなく根や葉っぱなど、そのほかの部位にも栄養が詰まっているのが、みかんの大きな特徴です。

このように人にとっての栄養素が豊富なイメージがあるみかんですが、基本的に人と猫とでは必須栄養素や栄養素の働きは異なります。そのため人の皮膚を保護する役割などをもつベータカロチンは猫の体内で抗酸化物質としての働きをし、猫が自ら体内で合成できるビタミンCは、猫にとっての必須栄養素ではないとされているのです。

皮を剥いた状態の果肉なら与えても大丈夫

猫がみかんを欲しがった場合、皮を剥いた状態の果肉ならば与えてもほとんど問題ないですが、皮ごと与えるのは危険なので避けてください。みかんの皮に含まれているリモネンは、肉食動物である猫にとって非常に致死性の高い成分です。猫の肝臓にはこのリモネンを分解するための酵素がありませんので、猫が皮を食べると嘔吐や手足の震えなどの中毒症状が起きる危険性が高まってしまいます。

猫にみかんをあげるときに注意したいこと

みかんに興味津々
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

適量を与える

猫にみかんを与える際は、薄皮を剥いた2分の1房程度の果肉を食べさせるのがおすすめです。糖分が多いみかんを摂取しすぎると肥満になることもありますので、あくまでもおやつ程度に、少量を意識しながら与えるようにしましょう。

ニオイを好まない猫もいるのであえて与えなくてもOK

猫のなかには、みかんなどの果物に付着している柑橘系の香りが苦手な個体も多いです。これは本来野生動物として獲物を狩って暮らしていた猫にとって、酸味のあるみかんの香りが腐敗の進んだ肉のニオイと重なり、本能的に拒否してしまうことが原因といわれています。愛猫がみかんを食べることを好まない場合は、無理に与えなくてもよいでしょう。

猫がみかんの皮を食べてしまったら

どんなに注意していても、愛猫が誤食事故を起こす可能性はゼロではありません。もし飼い主さんが目を離した隙に愛猫がみかんの皮を食べて中毒症状を起こしてしまったら、すぐに動物病院を受診して獣医師の指示を仰ぐことが重要です。獣医師に猫の状態を的確に伝えられるよう、状況をあらかじめ整理し、心を落ち着けて病院に向かうようにしたいですね。

これって猫に与えてもOK?それともNG?~果物編~

日本猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ここでは、今回取り上げたみかん以外の果物を、猫に与えてもいいものと与えてはいけないものとに分けて紹介します。

与えてもいい果物①スイカ

果肉の大半が水分でできているスイカは、大さじ1程度の分量であれば猫に与えても特に問題はありません。ただし種は消化できないので、必ず取り除いてから与えてください。またスイカにはカリウムが多く含まれていますので、心臓や腎臓に疾患がある猫には食べさせないようにしましょう。

与えてもいい果物②梨

梨もスイカと同様にほとんどが水分でできているので、猫に与えても大丈夫な果物といえます。しかし大きさを調整しないで与えると、硬い果肉がのどに詰まってしまうケースもあるので注意が必要です。与えるときは5mm角ほどに刻んでから食べさせるのがおすすめです。

与えてもいい果物③りんご

りんごに含まれるペクチンという食物繊維には、猫の腸内細菌のバランスを整える効果があります。与えすぎると糖尿病や肥満になるリスクが高まるため、猫に与えるならひと口程度に刻んだものを控えめに食べさせるのがよいでしょう。

与えてもいい果物④桃

桃は猫にとって水分補給になりますので、細かく刻んだものを大さじ1程度なら与えてもよいとされています。しかし桃の種を食べた猫が中毒症状を起こしたケースもありますので、種だけは絶対に口にさせないよう徹底してください。

与えてもいい果物⑤いちご

茶トラの猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

いちごに多く含まれている食物繊維は猫の腸内環境を整える働きをしますが、摂取しすぎると下痢を引き起こす場合もあるため、与えるときには量を加減することが大切です。1粒の半分くらいを目安に食べさせましょう。

与えてはいけない果物①パパイヤとマンゴー

パパイヤやマンゴーは、人でもアレルギーを引き起こしやすい果物です。猫が口にした場合も唇や口内に炎症が起こったり、かゆみが生じたりすることがありますので、たとえ愛猫が欲しがったとしても与えないでください。

与えてはいけない果物②いちじく

いちじくの皮や葉っぱ、果肉には、猫が中毒を起こす成分が含まれています。口のなかの炎症や嘔吐などの症状が出ることがあるので、絶対に与えないようにしましょう。

与えてはいけない果物③ぶどうと干しぶどう

ぶどうや干しぶどうに関しては、食べ過ぎた犬が腎臓病にかかったというケースが多数報告されていますので、猫への安全性が確かめられるまでは犬と同様に与えないのが無難です。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「この果物、猫に与えてOK?NG?猫が食べてもいい・食べてはいけない果物」

ねこのきもち WEB MAGAZINE「たとえ欲しがっても注意して!猫に与えるときに気をつけたい果物5つ」

猫にみかんをあげるときは慎重に

こたつと猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

野生の頃の名残でみかんの香りが苦手な猫がいる一方で、好奇心旺盛な猫や食べることが好きな猫のなかには、みかんを積極的に食べたがる個体もいます。繊維質やビタミン類、ベータカロチンなどの成分が豊富に含まれ、水分や糖分が多いみかん。人にとっては栄養満点で美味しい果物であるみかんも、猫にとっては与え方を間違えると有毒な存在となってしまうことがあります。

猫にみかんを与えるときは、皮による中毒症状や肥満を防ぐためにも、必ず薄皮を剥いてから少量を食べさせるようにしてくださいね。

参考/「ねこのきもち」『まんぞくさんも大満足♡猫に与えてOK?NG?食べ物図鑑』(監修:高円寺アニマルクリニック院長 高崎一哉先生、若山動物病院院長 若山正之先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/子狸ぼん
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

猫と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る