1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 若く見えてもシニアの始まり! 猫が7才を過ぎたらお世話の見直しを

猫と暮らす

UP DATE

若く見えてもシニアの始まり! 猫が7才を過ぎたらお世話の見直しを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫の7才はシニア期の始まりといわれています。

見た目は変わらなく元気な猫でも、7才を過ぎたら食事やトイレなどの見直しは大切です。いつまでも快適に過ごしていけるように、年齢に合ったお世話をして、愛猫の体の負担を減らしてあげましょう。

猫の7才はシニア期なの?

鼻チョコん

飼い主さんの中には、「7才過ぎても、うちの猫は若い!」「シニア期なんてまだ先だ」と考えている人もいるでしょう。昔に比べて、食事や生活環境が向上している現代では、“猫のシニア期は7才から”という実感はわきにくいかもしれません。
しかし、愛猫の見た目は変わらなくても、7才頃から代謝や身体機能が低下し始めます。「まだまだ元気!」という猫でも、お世話について気をつけてあげたいことがあるのです。

食事の見直し

ごはん

年齢に合わせたフード選び

シニア期に入ると、腎機能低下や高脂血症などの生活習慣病が進行しやすいといわれています。食事管理で悪化を防げる場合もあるので、年齢に合わせたフード選びは重要です。
キャットフードが充実している最近では、機能や形状、体調に合わせた“シニアフード”もあります。愛猫の好みによって選ぶこともできるので、獣医師さんに相談しながらフードの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

食欲が落ちたらフードに工夫を

シニア期に入ると、胃腸の働きが弱くなったり食欲が落ちたりする傾向が。そんなときには、フードに一手間加えてみましょう。たとえば、フードに水分を加えると消化しやすくなりますし、ウエットフードなら温めて香りを立たせることで食欲を刺激できます。

トイレのアイデア

遊び

トイレ前にステップ台をプラスして

足腰が弱くなったシニア猫は、少しの段差でもまたぐのに苦労します。そのため、トイレ以外の場所で排せつしてしまうことも。そんなときは、トイレ前にステップをプラスして段差を少なくしてあげましょう。

オシッコ対策

シニア期になると、泌尿器系の病気や糖尿病によりオシッコの量が増える場合や、粗相をしてしまうことがあります。そんなときのために、トイレまわりにはペットシートを敷いておきましょう。粗相や飛び散り対策になりますよ。

ねこのきもち WEB MAGAZINE|猫の7歳は老化の始まり!食事やトイレのお世話の見直し方って?

愛猫が元気にみえても、7才を過ぎたら食事やトイレを見直すことをおすすめします。年齢に合った生活環境に慣らすことで、これからも過ごしやすくなるでしょう。

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『猫の7歳は老化の始まり!食事やトイレのお世話の見直し方って?』
文/HONTAKA
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る