1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. ゴロゴロとのどを鳴らすとき…猫はこう思っている? 【しまねこぐぐの猫の本音事典】 その14

猫と暮らす

UP DATE

ゴロゴロとのどを鳴らすとき…猫はこう思っている? 【しまねこぐぐの猫の本音事典】 その14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゴロゴロ音」はご機嫌のサイン…だけじゃない、かも??

ぐぐは小さいときから「のどのゴロゴロ音」がとても大きめです。(朝方ゴロゴロ音で目が覚める事も…。)たまに「ゴロゴロ」という擬音におさまらないような変な音もまざるのですが、そんな音に耳を傾けるのもおもしろいです。

ところで、この猫ちゃんの「のどのゴロゴロ音」。聞こえたときは「ごきげんなんだな〜」と思っていますが、実際このとき猫ちゃんはどんな気持ちなのでしょうか?さらに、この「ゴロゴロ音」、実はとある役目があったようです…。ゴロゴロとのどを鳴らす猫ちゃんの本音とは!?ねこのきもち「ねこの本音事典」でその行動の本音をのぞいてみましょう!

ゴロゴロとのどを鳴らすの猫ちゃんの本音とは!?

ゴロゴロとのどを鳴らすの猫ちゃんの本音はズバリ!
「うれしくて飼い主さんに甘えたい気分」です!

【ねこのきもち「ねこの本音事典」より抜粋】
子猫は母猫のおっぱいを飲んでいるときに、自分が満足してることを母猫に知らせようと「ゴロゴロ」とのどを鳴らします。その習性が成猫になっても残り、おっぱいを飲んでいたのとおなじような幸せな気分になると、のどを鳴らすようです。母猫代わりともいうべき飼い主さんがそばにいて、のどを鳴らすときはうれしくて甘えたい気分なのでしょう。また最近では、この「ゴロゴロ音」の周波数が骨の密度を上げるという研究結果も。猫は「ゴロゴロ」で自然に骨を鍛えているのかもしれませんね。


なるほど、猫ちゃんの「ゴロゴロ音」は、もともとは母猫とのコミュニケーションのための音だったのですね!「ゴロゴロ音」で猫ちゃんは私達にも「ご機嫌な気持ち」を伝えようとしてくれているのかも?と思うとより一層「ゴロゴロ音」が愛おしくなってしまいます。こんなときはたくさん撫でてあげたいですね。

それにしても、「ゴロゴロ音」で骨が鍛えられているのかも、という話にはびっくりしました。とはいえ、ぐぐの「ゴロゴロ音」の大きさと身体の大きさが比例してるのでは?と考えると、妙に納得感もあります…。もしかして、毎日ぐぐの「ゴロゴロ音」を聞いている私の骨も鍛えられているのかも…??「ゴロゴロ音」、あなどれません…。

プロフィール

なつ海

東京都在住のデザイナー。
漫画創作ユニット「Mt. Navy」にてコミティア等のイベントに参加し、漫画作品や自作の写真集等を発表している。

しまねこぐぐのインスタグラムアカウントはこちら

しまねこぐぐ|Instagram

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る