1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 【獣医師監修】猫の気持ちを知りたいなら「しっぽ」をチェック!

猫と暮らす

UP DATE

【獣医師監修】猫の気持ちを知りたいなら「しっぽ」をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫のチャームポイントのひとつである「しっぽ」。猫のしっぽには、バランスを取ったり、感情を表現したりする大切な役割があります。ここでは、猫のしっぽの役割やしっぽの動きからわかる猫の気持ち、さらには短いしっぽを持つ猫の特徴についてご紹介します。


目次

猫のしっぽの役割って?

しっぽから読み取れる猫の気持ち

しっぽが短い猫の場合は?

猫のしっぽをチェックして上手にコミュニケーションを

猫のしっぽの役割って?

スコティッシュフォールドのしっぽ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

気になる猫のしっぽの中身は?

一見柔らかそうに見える猫のしっぽですが、内部には、18~20個程度の椎骨が連なってできる尾椎と、その周りを囲む12の筋肉があります。また、しっぽは先端まで神経が通っている、とても敏感な部位です。単なるしっぽと思いがちですが、そのしなやかな動きは、多くの骨と筋肉、神経の働きによって実現されているのですね。

猫のしっぽの意味や役割は?

猫のしっぽには、生活の中で、さまざまな役割や意味があります。

まず、猫のしっぽの役割として、「バランスを保つこと」が挙げられます。猫は、狭い場所をひょいひょいと歩いたり、意外な場所にぴょんっと飛び乗ったり、とても柔軟な動きをしますよね。しっぽでバランスを取ることにより、このような動きを可能にしているのです。

また、猫のしっぽは、感情表現を行うコミュニケーションツールとしても働いています。例えば、しっぽを立てて友好的な気持ちを表したり、ブンブンと振って緊張や興奮の感情を表したり。

そのほかにも、しっぽを体に巻くことで温かくする、保温の役割などがあります。どれも猫の生活において大切なことばかり。猫のしっぽは、とても機能的なのです。

しっぽから読み取れる猫の気持ち

シンガプーラのしっぽ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫は、目や耳、ヒゲなどの動きによって気持ちや感情を表現します。そんな顔のパーツに負けないくらい、気持ちが表れやすい猫のしっぽは、形や角度、動きなど、豊富な変化のバリエーションで、コミュニケーションを図ることができます。
猫のしっぽの形や動きと、そのときの感情表現について早速ご紹介しましょう。

まっすぐ上向きにピンとしているときは……

猫がしっぽをまっすぐ上向きに立てるときは、上機嫌な気持ちのしるしです。気分が高揚して、しっぽの先まで力が入っており、腰やお尻が上がったりします。また、最高にうれしいときには、先端だけがプルプルッと小さく震えたりすることもあります。飼い主さんを出迎えたり、「かまって♡」とアピールしたりするときに見られる動きです。

足の間に巻き込んだりする場合は……

しっぽを足の間に巻き込むようなしぐさは、猫が緊張や恐怖を感じたときにすることが多いようです。動物病院の診察台の上や抱っこされたときなどに、このような動きが見られませんか?この動きには、肛門腺周りにしっぽでふたをすることでニオイを消し、敵から身を守る防御の役割もあるといわれています。

根元が上がり、先が下がっているときは……

しっぽが弓なりになっているときは、怒っている場合や、攻撃のアピールをしている場合があります。猫同士で力を誇示するときにも、こんなしぐさが見られます。

しっぽを振っているときは……

猫がしっぽを振るときは、その振り方によって表現する気持ちが異なります。

力強くブンブン振る


イライラなどの不満の表れです。思い通りにならないことがあったときや「早くごはんが食べた~い」とアピールしている場合も。

先だけパタパタ振る


興味や迷いを表すしぐさです。気になるものを見つけて「行こうかな」と迷っているときなどに、こんな動きをします。名前を呼ばれて「はーい」と返事代わりにすることもあるそうですよ。かわいいですね。

ゆっくりとユラユラ振る


リラックスして、穏やかな気分のときには、ゆったりとしっぽを揺らします。日向ぼっこをしているときや、飼い主さんに抱っこされて気持ちのよいときなどに見られるようです。

大きく膨らむときは……

怖いと感じたときや、驚いて緊張が高まったときに、全身に力が入り、タヌキのしっぽのように大きく膨らみます。猫が相手の場合は、からだを大きく見せて相手を威嚇する意味もあるようです。

しっぽが短い猫の場合は?

MIX猫のカギしっぽ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

さまざまな感情表現をする猫のしっぽですが、なかには、短いしっぽの猫や、カギしっぽと呼ばれる少し変わった形をしたしっぽを持つ猫もいます。

短いしっぽの猫種

短いしっぽの猫種といえば、ジャパニーズ・ボブテイル。日本の短いしっぽを持つ猫で、アメリカで繁殖し、1976年にCFA(アメリカの猫登録協会)の公認を受けました。短いボンボンしっぽが魅力的で、招き猫のモデルともいわれています。

また、しっぽが無いとされる代表的な猫種として、アイリッシュ海にあるマン島が原産地のマンクスが挙げられます。日本ではあまり見かけませんが、まん丸の容姿がとても愛らしい猫です。発祥については多くの言い伝えが残っていますが、突然変異で生まれたといわれており、繁殖がとても難しい猫種なのだそうです。

日本に多い?カギしっぽ

しっぽが曲がったり、折れたりしているカギしっぽ。カギしっぽの正体は、骨同士の癒合や「半椎骨」と呼ばれるクサビの形をした骨の組み合わせで、これが曲がったしっぽを発生させている原因なのだそうです。日本ではミックス猫に見かけることが多いですが、基本的に遺伝的なものとされています。

カギしっぽの猫は、「曲がったしっぽが幸せを引っ掛けてくる」といわれ、日本では縁起のよい猫として親しまれているんですよ。

しっぽが短い猫の気持ちは?

しっぽが短い猫や、しっぽが無い猫は、しっぽの動きで感情を読み取るのは難しいと思うかもしれませんね。しかし、そのような猫でも、気持ちはしっぽの神経と連動しています。しっぽの付け根部分やお尻は、しっぽの長い猫と同じ動きをするので、わずかな動きを観察して、その猫なりの気持ちを察知してあげましょう。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「ジャパニーズ・ボブテイルの特徴と性格・価格相場|猫図鑑」

ねこのきもち WEB MAGAZINE「マンクスの特徴と性格・価格相場|猫図鑑」

猫のしっぽをチェックして上手にコミュニケーションを

長いしっぽのMIXミケ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

デリケートな部分でありながら、さまざまな役割を果たし、個性と愛らしさを引き立てる猫のしっぽ。飼い主さんにとっても、猫のしっぽの役割を知り、形や動きに注目して猫の感情を推し量ることは、コミュニケーションの手助けになり、猫との生活がより豊かなものになるはずです。愛猫が「今、どんな気持ちなんだろう」と気になったときは、しっぽをよく観察して気持ちを読み取ってあげてくださいね。

参考/「ねこのきもち」2016年9月号『読者の猫の身体的特徴を分析!マイニャー猫白書』(監修:猫専門動物病院「Tokyo Cat Specialists」 山本宗伸先生)
   「ねこのきもち」2018年7月号『いつまでも眺めていたいな癒しっぽ』(監修:哺乳動物学者 川崎市環境影響評価審議会委員 「ねこの博物館」館長 日本動物科学研究所所長 今泉忠明先生)
   「ねこのきもち」2018年9月号『キホンからカンチガイしやすいものまで パーツでわかるねこのきもち』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
   「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『ジャパニーズ・ボブテイルの特徴と性格・価格相場|猫図鑑』(監修:CFAオールブリード国際審査員 サンフラワーキャットクラブセクレタリー 高野八重子先生)
   「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『マンクスの特徴と性格・価格相場|猫図鑑』(監修:CFAオールブリード国際審査員 サンフラワーキャットクラブセクレタリー 高野八重子先生)
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/hattori
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る