1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 風邪・感染症
  5. 「猫エイズ」を発症したらどうしたらいい? 獣医師が回答します!

猫と暮らす

UP DATE

「猫エイズ」を発症したらどうしたらいい? 獣医師が回答します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がかかりやすい病気の事は、飼い主さんならよく知っておきたいもの。この記事ではそんな病気の解説のほか、実際に体験した飼い主さんの「気になりながら聞けずにいた疑問」について重本先生が回答! 

今回は愛猫が「猫エイズ」と別の病気を併発した体験談から、猫エイズが及ぼす影響についてご紹介します。

お話をお伺いした先生
重本 仁先生
王子ペットクリニック院長(東京都北区)

発症すると免疫機能が破壊される病気

猫エイズは、免疫機能を破壊する「猫免疫不全ウイルス」が体内に侵入して感染する病気。発症すると免疫不全になり、最終的に死に至ることが人のエイズと似ていることから「猫エイズ」と呼ばれています。
現在、治療法がないため、感染すると完治はのぞめません。ただ、症状のない「無症候キャリア期(通称「キャリア期」)」のステージが長い猫が多い傾向にあるので悲観し過ぎることはないでしょう。
感染経路は、おもに感染猫とのケンカなどによる噛み傷からとされています。
感染を知るには、専用の血液検査を受けることが必須です。母猫から抗体を受け継ぐため、生後6カ月以内の子猫の場合、感染していなくても陽性になる場合が。また、感染してから2カ月以内の場合、抗体が検出できず、感染していても陰性になることがあるので、検査するタイミングは獣医師に相談して。

感染~発症の流れ

感染直後に数週間から数カ月、軽い発熱や下痢、リンパ節の腫れなどの症状が出ますが、その後発症しなければ数カ月から数年、または、そのまま寿命まで症状が出ない猫もいます。
発症してやせた猫(下写真)。発症すると、免疫機能が低下し始めるので、口内炎、鼻炎、結膜炎などにかかりやすくなり、進行すると、貧血に。免疫力が下がった結果、最終的に命を落とすといわれています。

イラスト/上垣厚子
画像/ねこのきもち2019年10月号『猫の病気、そこが知りたい!』

猫エイズでこんな体験をしました

10才くらいのときに保護した“もう”。一緒に暮らし始めて半年ほどたち、咳をよくすることが気になって動物病院へ。血液検査で、猫エイズと猫白血病ウイルス感染症のダブルキャリアで肺炎にもかかっていることがわかりました。感染症は2つとも発症しませんでしたが、慢性の膀胱炎や腎不全を併発し、腎不全が原因で約4年後に息を引き取りました。
大阪府 F・Mさん もうちゃん(メス・享年推定14才)

保護したときに健康チェックをしてもらった動物病院では血液検査は受けませんでした。咳が気になり違う動物病院で初めて受けた血液検査で猫エイズと猫白血病ウイルス感染症のダブルキャリアと肺炎が判明。獣医師から「免疫力を高めてストレスを与えなければ大丈夫ですよ」との言葉に前向きに受け止めることができました。

それからは、獣医師に相談しながら発症予防のため免疫力をサポートするサプリメントを与えたり、定期健診に通ったり……。信頼できる獣医師との出会いがあったからこそ発症しなかったのだと思っています。

画像/ねこのきもち2019年10月号『猫の病気、そこが知りたい!』

血液検査の結果表。猫エイズと猫白血病ウイルス感染症が陽性(+)に。

画像/ねこのきもち2019年10月号『猫の病気、そこが知りたい!』

保護したときには歯がすべて抜けていた“もう”ちゃん。粒状のサプリメントもフードとともにミルでドロドロにして与えると完食したそう。

飼い主さんからの疑問「そこが知りたい」

猫エイズと猫白血病ウイルス感染症は発症しなかったものの
慢性の膀胱炎や腎不全を併発し、亡くなったのは腎不全が原因でした。
これらの病気が併発したのは、猫エイズが原因だったのでしょうか?

猫エイズが直接の原因だったかどうかは断言できません

猫エイズを発症した場合は悪化因子になる可能性はありますが、発症しなかったのであれば可能性は低いでしょう。むしろ猫白血病ウイルス感染症によって免疫力が落ちたことで膀胱炎になり、腎不全になった可能性が高いです。猫エイズと猫白血病ウイルス感染症のダブルキャリアでも発症せず一生を終えたことは、飼い主さんの頑張りもあったからこそ。猫エイズの発症はストレスが関係するともいわれています。猫がストレスなく暮らせる生活を徹底していたのでしょう。

イラスト/上垣厚子

先生、ご回答いただきありがとうございました。
実際の体験談だけあって、参考になりそうなポイントがたくさんありますね。
いざというときに役に立つリアルな情報を今後もお届けしていきます。

参考/2019年10月号『猫の病気、そこが知りたい!』(監修:王子ペットクリニック院長 重本 仁先生)
文/浪坂一
イラスト/上垣厚子
※この記事で使用している画像は2019年10月号『猫の病気、そこが知りたい!』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る