1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. お手入れ
  4. シャンプー・お風呂
  5. 冬は「なでなで全身ふき」で猫の体に負担をかけないお手入れを!

猫と暮らす

UP DATE

冬は「なでなで全身ふき」で猫の体に負担をかけないお手入れを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は基本的に毛づくろいによって体を清潔に保つことができるため、室内飼いの猫は日常的にシャンプーは必要ありません。それでも汚れやニオイが気になるときは、キレイにしてあげたいですよね。

そこで今回は、シャンプーやドライヤーを使わず、寒い季節でも気軽にできる「なでなで全身ふき」をご紹介します。

モミモミしながらお顔をふきふき

ラグドールリオンのアップ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

まずは顔から拭いていきましょう。
用意するものはドライシャンプーとフェイスタオルです。ドライシャンプーをタオルの半面に、しっとりするくらいまんべんなく吹き付けます。

そして、半分に折ったタオルの間に手を通し、ドライシャンプーを吹き付けた面で頭や頬をもみもみふきふき。タオルの中の手で、マッサージするようにおこなうのがポイントです♪ 
猫が気持ちよさそうな表情をしているか確認しながら拭いてくださいね。

体は優しくなでながら拭こう

体を伸ばしているMIX黒×白ゴンちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

体は毛並みに沿ってタオルでふきましょう。普段しているスキンシップのように優しくなでるようなイメージでおこなうのがいいですね。ただし、猫が嫌がるようならすぐにやめましょう。
長毛猫は、仕上げにスリッカーなどでとかすと毛のもつれが解消されて、ふわふわな毛並みになりますよ。

足はタオルで挟んでもみもみ

ノルウェージアンフォレストキャットの足
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

触られるのを嫌がりやすい足は、ささっと拭くのがポイント。
ドライシャンプーを吹きつけた面のタオルに猫の足を乗せ、軽く挟んでもみもみしながら汚れを落としていきましょう。
肉球が毛で覆われていると排泄時に汚れがつきやすくなります。そんなときは、ペット用のバリカンでカットしておきましょう。難しいときは、動物病院でもカットしてもらえるので相談してみてくださいね。

おしりのケアも忘れずに

スコティッシュフォールドのお尻
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ウンチがついていないのにお尻がクサイなんてことありますよね。
じつはこのニオイの正体は、肛門線の分泌物。うまく排出できない猫もいるので、体質によっては拭くより絞るケアが必要になってきます。嫌がりやすいお手入れなので、動物病院に任せたほうがいいかもしれません。

また、カピカピに乾燥して汚れが固まっているときは、ドライシャンプーを直接ふきかけて、タオルでもみほぐしながら汚れを拭き取りましょう。

寒い季節は、猫の体になるべく負担をかけずにお手入れしたいですよね。今回ご紹介した「なでなで全身ふき」は、冬だけでなく、子猫や高齢猫・怖がりな猫にもおすすめですよ。また、始める前はひざに乗せてスキンシップをするなど、猫がリラックスした状態でスタートできるといいですね。

参考/「ねこのきもち」2018年2月号別冊『丸ごとハッピーお手入れBOOK』(監修:聖母坂どうぶつ病院 獣医師 鵜飼佳実先生)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る