1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の兆候
  5. 猫が皮膚や内臓にしこり(腫瘍)ができた。疑われる病気は?獣医師が解説します!

猫と暮らす

UP DATE

猫が皮膚や内臓にしこり(腫瘍)ができた。疑われる病気は?獣医師が解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がかかりやすい病気のことは、飼い主さんならよく知っておきたいもの。この記事ではそんな病気の解説のほか、実際に体験した飼い主さんの「気になりながら聞けずにいた疑問」について重本先生が回答! 

今回は愛猫にしこり(腫瘍)ができていたときに考えられる病気のひとつ、「肥満細胞腫」について、再発の可能性や体質との関係性はあるのかをご紹介します。

お話をお伺いした先生
重本 仁先生
王子ペットクリニック院長(東京都北区)

「肥満細胞」が腫瘍化する病気

「肥満細胞腫」は、肥満細胞と呼ばれる細胞が腫瘍化する病気で、皮膚に発生する「皮膚型」と内臓に発生する「内臓型」があります。

「皮膚型」には中高齢の猫に多い「肥満細胞型」と、若齢の猫に多い「異形型」があります。
前者は、細胞が成熟した「高分化型」なら良性に近く、未成熟な「未分化型」なら悪性度が高くなりがちです。後者は、自然に小さくなる傾向があります。
「皮膚型」は、皮膚に脱毛を伴うしこりができるので気付きやすいでしょう。

一方、「内臓型」は比較的悪性度が高いとされ、中高齢の猫に多く脾臓にできる「脾臓型」と、高齢の猫に多く小腸などの消化器にできる「消化器型」があります。元気がなくなったり、よく吐いたりするなどの一般的な症状で受診して初めてわかることが多いでしょう。

治療は、「皮膚型」「内臓型」に関わらず手術で腫瘍を切除するのが一般的ですが、全身に転移している場合は化学療法や放射線治療などを行うこともあります。


画像/ねこのきもち2019年11月号『猫の病気そこが知りたい』

診断方法は、腫瘍やリンパ節、脾臓、消化管に細い針を刺して細胞を採取し、顕微鏡で見る「細胞診」という方法が一般的。写真は、「肥満細胞腫」の猫から採取した肥満細胞(〇印)で、顆粒が入っているのが特徴的です。


画像/ねこのきもち2019年11月号『猫の病気そこが知りたい』

切除手術は、腫瘍ができた箇所にもよりますが、再発防止のために腫瘍(〇印)のまわりの皮膚も広範囲にわたり切除します。

肥満細胞腫でこんな体験をしました

二度も皮膚型の肥満細胞腫になり、切除手術をした愛猫。一度目は、2才のときで右の後ろ足の上部に。二度目は、3才のときで首の右側にできました。どちらも入院は1日で、退院した日の2~3時間でいつも通りに。思っていたよりも手術による猫への負担は少なかったです。

東京都 T・Kさん ぽてとくん(オス・4才)

獣医師からは、「皮膚型細胞腫なので切除手術をすれば大丈夫」と言われました。しかし、一度目の切除手術から約一年半後に別の部分に再発したので、またどこかに再発するのではないかと不安な日々を過ごしています。「皮膚型細胞腫」はしこりができる以外に症状がないようなので、こまめに体を触ることで早期発見を心がけていますが、発見したらまた手術なのかと心配です。

画像/ねこのきもち2019年11月号『猫の病気そこが知りたい』
画像/ねこのきもち2019年11月号『猫の病気そこが知りたい』

手術後は傷口を気にしたそう。一度目の手術後は術後服(写真上)、二度目の手術後はバンダナ(写真下)で過ごし、術後は食欲もふだんどおりだったとか。

飼い主さんからの疑問「そこが知りたい」

肥満細胞腫は再発しやすいものですか?
愛猫が二度も再発しているのは
体質によるものなのでしょうか?

体質というよりも、再発しやすいタイプかもしれません

この病気はタイプによって再発の仕方に傾向があります。ぽてとくんの場合、年齢が若いことから再発率が高いともされる「皮膚型」の「異形型」である可能性が。しかし、どんなタイプでも、かつ腫瘍のまわりを広範囲に切除しても再発する可能性はあるので断言はできません。また、「皮膚型」は転移が少ないとされていますが、悪性度が高い場合は全身に転移する可能性もあるので定期的に検診を受けて。

イラスト/上垣厚子

先生、ご回答いただきありがとうございました。
ご紹介した飼い主さんのエピソードは、あなたの愛猫に起こる可能性もあります。いざというときに思い出し、役立ててくださいね。

監修/
重本 仁先生(王子ペットクリニック院長)
参考/ねこのきもち2019年11月号『猫の病気そこが知りたい』
文/浪坂一
イラスト/上垣厚子
画像/ねこのきもち2019年11月号『猫の病気そこが知りたい』
※この記事で使用している画像は2019年11月号『猫の病気そこが知りたい』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る