1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 薬・投薬
  5. どんな病気? 意外と知らない、猫の「糖尿病」とは

猫と暮らす

UP DATE

どんな病気? 意外と知らない、猫の「糖尿病」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名前は知っているけど、病状や治療法について詳しく知らない。そんな猫の病気のひとつに「糖尿病」が挙げられます。そこで今回は、猫の糖尿病の症状や治療法、予防法について解説。万が一に備えて、勉強しておきましょう。

「糖尿病」とはどんな病気?

布団で寝る猫
getty

糖尿病は、血液中の糖が多くなる病気です。

本来は、すい臓からホルモンの一種であるインスリンが分泌され、血液中の糖を細胞内に取り入れることができますが、糖尿病になるとインスリンの働きが弱まったり、うまく分泌されなくなったりするため、血液中に糖がたくさん残った状態になってしまいます。

これが、いわゆる「高血糖」と呼ばれる状態です。そして、血液に残った糖は尿に流れるため、「尿糖」が出るようになります。

発症すると、どんな症状が現れるの?

初期段階では、食事をいつもより多く食べる、オシッコへ頻繁に行くといった様子が見られます。そして、高血糖状態が続くと、食べる量が増えたにもかかわらず、体重が減るといった異変や、腹部がふくれる(肝臓)、白内障などの合併症を起こすおそれも。

そのほか、糖からエネルギーが生成できないため、脂肪からエネルギーを作るときに発生する「ケトン体」が増え、「糖尿病性ケトアシドーシス」という状態になるおそれもあります。この状態になると、食欲減退、元気消失、嘔吐などの症状が見られ、進行すると命にかかわる危険性が。

「糖尿病」の治療法とは?

医師に抱っこされる猫
getty

糖尿病の治療には、インスリンの投与、食餌療法、運動療法などの方法があります。猫の症状に応じた治療法が選択されることになりますが、糖の吸収を助けることにより症状を改善させることを目的としているため、長く付き合う必要があるでしょう。

具体的には、どんな治療を続けていくの?

例えば、インスリンの投与は、自宅で飼い主さんが行うのが一般的です。同じ部位に注射し続けると、針を刺した付近の皮膚が固くなるので、毎日注射する場所をかえる必要があります。また、インスリンを投与した後に、低血糖症を引き起こす場合もあるので、注射後はしばらく様子を見ることが重要です。

食餌療法では獣医師の指導の下、療法食を与えます。糖尿病の治療で用いられる療法食は、病状の変化に合わせて変える必要があるため、定期的に動物病院へ通って、必ず獣医師に判断してもらわなければなりません。

「糖尿病」を予防する方法はあるの?

肥満体型の猫
getty

糖尿病になる原因として、早食い・ドカ食い、年齢、ストレス、基礎疾患、投薬、品種・遺伝などが挙げられます。

そのため、早食いするクセがある猫には、お皿やフードの形状を工夫して早食いさせないよう工夫することが、予防につながるでしょう。また、高繊維食などに切り替えると腹持ちがよくなるので、ドカ食いを緩和できます。

なお、この病気は肥満も影響するので、高齢の猫は太り過ぎないように注意することが大切です。

猫は自分で投薬や食事の管理を行えません。だからこそ、病気を発症したときには飼い主さんのサポートが必要になるのです。この記事が、飼い主さんにとって糖尿病との向き合い方を考える機会になれば幸いです。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師が解説】猫の糖尿病のインスリン治療|正しい食事療法とは?」

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『【獣医師が解説】猫の糖尿病のインスリン治療|正しい食事療法とは?』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/こさきはな
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る