1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. おしっこの病気
  5. 猫が「尿石症」と診断されたら何に注意すべき? 獣医師が解説します!

猫と暮らす

UP DATE

猫が「尿石症」と診断されたら何に注意すべき? 獣医師が解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がかかりやすい病気のことは、飼い主さんならよく知っておきたいもの。この記事ではそんな病気の解説のほか、実際に体験した飼い主さんの「気になりながら聞けずにいた疑問」について重本先生が回答! 

今回は愛猫が「尿石症」にかかったときに、獣医師とどんなコミュニケーションをとればいいのかをご紹介します。

お話をお伺いした先生
重本 仁先生
王子ペットクリニック院長(東京都北区)

尿路に結石ができて 排尿障害を起こす病気

「尿石症」とは、オシッコの濃度が高まるなどの理由で尿中の成分が結晶化して、腎臓から尿道につながる尿路に結石ができる病気の総称。結石ができる部位によって病名が異なり、「腎臓結石」「尿管結石」「膀胱結石」「尿道結石」があります。
症状は、キラキラと輝いたり、血が混じったりなど、オシッコに異変が見られるほかに、トイレに長時間いたり、トイレでつらそうに鳴いたり、頻繁にトイレに行ったり、陰部をしきりになめたりなど、猫の行動に異変があることも多いでしょう。
治療法は、結石の大きさや種類によって異なり、小さな「ストラバイト結石」なら療法食で溶かし、大きな結石や溶けにくい「シュウ酸カルシウム結石」なら手術でとる方法もあります。
ただ、結晶ができやすい体質の場合もあるので、治療したら結晶が完全に生成されなくなるとはいえません。ですから、治療後も継続して愛猫に目配りするようにしましょう。

画像/ねこのきもち2020年3月号『猫の病気、そこが知りたい!』

尿管に結石が詰まった猫のCT写真。検査技術の向上により、レントゲン検査では難しかった、より小さな結石の発見も可能に。写真下部、尿管に小さな結石(〇印内の白い影)が確認できます

尿石症でこんな体験をしました

一昨年の12月にトイレで長時間排泄姿勢をとっていたり、つらそうに鳴くように。よく観察すると、オシッコの量が少ないことに気付き、慌てて受診。尿石症と診断されましたが、
抗生剤で症状が治りました。ですが、1カ月後に血尿が出て再発が判明。治ったものの、また再発しないか心配です。

宮崎県 S・Hさん すずくん(オス・6才)

 尿石症はすっかり治ったと思っていたので、血尿が出たときは驚きました。動物病院でエコー検査をしたら膀胱に砂状の結石が停滞していることが判明。抗生剤と消炎止血剤を投与したことで2日目には血尿の色が薄くなりましたが、フードを療法食に替えることに。1カ月後に再度エコー検査をしたところ膀胱の結石が減少。その後、異変もなく落ち着いています。ただ、いつかまた再発するのではないかと心配です。

イラスト/上垣厚子

前ぶれもなく、赤茶色の血尿がトイレシートに付着していて驚いたそう

飼い主さんからの疑問「そこが知りたい」

画像/ねこのきもち2020年3月号『猫の病気、そこが知りたい!』

今も療法食を与え続けていますが、それでも再発が心配です。再発させないためにフード以外で気を付けることや日常の中でできる予防法はありますか?

水をたくさん飲ませる、 トイレを我慢させないなどの工夫を

尿石症を予防するには、尿を濃縮させないために、水飲みボウルを追加して置くなど水をたくさん飲ませる工夫をしたり、排尿をガマンさせないために、マメに掃除してキレイにするのはもちろん、トイレの数を増やしたりして。
また、猫は肥満になると運動量が減少し、飲水量や排泄の回数が減る傾向にあるので、毎日よく遊んで。飼い主さんが留守がちの場合は、1匹遊びができるおもちゃを猫に与えてもいいでしょう。

イラスト/上垣厚子

遊ぶときは、じゃらしおもちゃを高いところで振ってジャンプさせるなど、運動量を多くしてくださいね。

先生、ご回答いただきありがとうございました。
ご紹介した飼い主さんのエピソードは、あなたの愛猫に起こる可能性もあります。いざというときに思い出し、役立ててくださいね。


監修/

重本 仁先生(王子ペットクリニック院長)

参考/2020年3月号『猫の病気、そこが知りたい!』
文/Carrie-the-cat
イラスト/上垣厚子
※この記事で使用している画像は2020年3月号『猫の病気、そこが知りたい!』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る