1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・キャットフード
  5. 猫にお茶を飲ませたるのはNG? 緑茶や麦茶など身近なお茶の猫への効果は

猫と暮らす

UP DATE

猫にお茶を飲ませたるのはNG? 緑茶や麦茶など身近なお茶の猫への効果は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気がついたら、自分が飲んでいたお茶を、猫も飲んでいて驚いたことはありませんか?緑茶は、殺菌作用や抗酸化作用など、人間にとっては良い作用が目立つ飲み物ですが、猫にとってはどうなんでしょうか?

結論からいうと、ちょっとくらい飲んでも飲ませすぎなければ大丈夫です。お茶の種類によっても心配されることは変わりますが、基本的には、猫にも飲める量に限界があるので、そこまで心配しなくても問題ありません。


監修/獣医師 ペット栄養管理士 佐野忠士先生(酪農学園大学 准教授 )

緑茶に含まれる主な栄養素

アイス緑茶。日本の緑茶。
KPS/gettyimages

わたしたちの身近なお茶代表「緑茶」の栄養素を確認しましょう。主な成分は、カテキン、カフェイン、L-テアニンです。カテキンは苦味のもとで、ポリフェノールの一種。前述した抗酸化作用や抗菌作用、また虫歯予防など健康に欠かせないものです。

カフェインは、精神刺激作用や利尿作用があります。摂りすぎには注意したい成分です。L-テアニンは、精神安定作用や猫の特発性膀胱炎を予防する働きがあります。

ウーロン茶やプーアル茶、ほうじ茶も緑茶と同じ茶葉

緑茶の成分を見てみましたが、ウーロン茶やプーアル茶、ほうじ茶も、実は緑茶と同じ茶葉を使っているお茶です。基本的には成分はそれほど変わりません。麦茶は麦から作られていて、成分はまた違います。血液を下げたり、血圧を下げる効果があったり、緑茶と違ってカフェインがまったく含まれないお茶です。

麦茶は猫草の香りや味に似ているからか、猫によく好まれます。麦茶は、身体を冷ます働きもあるので、人間と同じように夏場に向いているでしょう。

カフェイン中毒の致死量はどのくらい?

猫にとってカフェインは摂りすぎると良くない成分です。猫にとってのカフェインでの致死量は猫1kgあたり80~150mgといわれています。しかし、たとえば緑茶のカフェイン量は100mlでおよそ20mg。玉露はより多くのカフェインを含んでいて、100mlあたり100mgのカフェインが入っています。腎臓が悪い猫の場合は特に注意が必要です。

玉露という表示があったら避けた方がいいです。猫が一気に大量の緑茶を飲むことは現実的にはなかなかないでしょう。万が一の話ですが、頻脈や呼吸が荒くなる、異常に興奮する、けいれんなどの症状がでたら、カフェイン中毒の可能性があります。

カフェイン中毒以外の中毒症状の可能性

かわいい 茶・白MIXの猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫がお茶を飲むことでおこる中毒症状は、カフェイン中毒以外に何があるのでしょうか。麦茶やジャスミン茶には、カフェインが含まれないものの、アレルギー反応を示す猫も極まれですがいるようです。また、緑茶に含まれるシュウ酸や麦茶のマグネシウムによって、結石になる可能性があります。

麦茶のアレルギー

お茶の種類の中でも、麦茶を飲むことで中毒症状が出る場合があります。猫にお茶を初めてあたえるときは、少量ずつあたえて様子をみることや、しばらくいつもと違うことがないか観察することが大事です。

①嘔吐や下痢はしていないか。
②元気がなくはないか。
③身体がかゆい素振りをみせていないか。
④目が充血していないか。

これらの症状が出ていたら、動物病院に連れて診てもらいましょう。

ジャスミン茶もアレルギーがでるかも

カフェインが含まれないジャスミン茶も、麦茶と同じようにアレルギー反応が出る可能性があります。もし与える場合は少量ずつ与えて経過をゆっくり観察しましょう。気をつけて見るポイントは麦茶と同じで体に異常が無いか確認してあげてください。何かいつもと違う症状が出たら、動物病院に連れていき相談しましょう。

シュウ酸やマグネシウムのとりすぎで結石になる可能性

麦茶にはマグネシウムが入っていて、緑茶にはシュウ酸が含まれます。どちらも、摂りすぎてしまうと結石になる可能性があるので注意が必要です。ただし、カフェインと同じで、猫が大量にお茶を摂取することが現実的には考えられないので、神経質になりすぎなくていいでしょう。もし習慣的に与えているのであれば、控えることが望ましいです。

安全なお茶のあたえ方と注意点

フードを食べる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫によっては中毒やアレルギーなど原因となるため、お茶をあたえるのが怖い人もいるかもしれません。しかしカフェイン中毒や結石ができるケースは、よっぽど過剰に摂取した場合のみです。そのため安全な方法でお茶をあげられれば、過剰に怖がる必要はありません。

ここではお茶を与えるときのポイントをまとめてみました。

お茶をあげる場合のあたえ方

猫にお茶を飲ませる場合は、どんなことに注意したらいいでしょうか。大量にあたえないことはもちろん、人間が飲むよりも薄めてあたえることでより安全です。

煮だしすぎたお茶は、念のためあたえるのはやめておきましょう。猫によっては、無味無臭の水よりも飲みたがる子もいるので、あたえすぎにだけ注意してあげてみてください。

あたえるときの注意点

何らかの病気の経験がある猫には、お茶をあたえないほうがいいかもしれません。どうしても飲みたがる場合は、獣医師に相談してみましょう。お茶のにおいではなく、単純に冷たすぎる水がのみづらくて、ぬるい温度が気に入っている場合もあるので、いつもの水を少し温めてあげてみてください。

水をあまり飲まない猫にはぬるいお茶もあげてみよう

なかなか水を飲んでくれない猫に、お茶をあたえてみてもいいかもしれません。もちろん、あたえる量には気をつけて、猫の健康を害さない程度に試してみましょう。あたえる量以外にも、自分のお茶をこっそり飲まれないような配慮も必要です。とはいえ、あまりピリピリせずに猫と一緒に暮らしていきたいですね。

監修/獣医師 ペット栄養管理士 佐野忠士先生(酪農学園大学 准教授 )



監修/獣医師 ペット栄養管理士 佐野忠士先生(酪農学園大学 准教授 )
博士(獣医学)東京大学。
所属学協会:日本獣医麻酔外科学会、日本獣医救急集中治療学会、日本麻酔科学会、日本獣医学会、日本獣医師会 / 北海道獣医師会、動物臨床医学会、日本動物病院福祉協会、日本動物リハビリテーション学会
著書:「犬と猫のリハビリテーション実践テクニック―ひと目でわかる理学療法の必修ポイント!!」(インターズー)、「動物医療チームのための痛みのケア超入門(as BOOKS)」(インターズー)など多数。

文/BE
※一部写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る