1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. アレルギー
  5. 猫の「アレルギー性皮膚炎」って? 予防方法や治療について知りたい!

猫と暮らす

UP DATE

猫の「アレルギー性皮膚炎」って? 予防方法や治療について知りたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1度かかると、長く付き合わなければいけない猫の病気のひとつに「アレルギー性皮膚炎」があります。そもそもアレルギー性皮膚炎は予防できるの? もしかかってしまった場合はどんな治療をするの? 愛猫のためにできることを知っておきましょう。

そもそも「アレルギー性皮膚炎」って?

かごにあごを乗せる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

免疫システムの過剰反応により、皮膚が炎症を起こす病気です。脱毛する、皮膚が赤くなり発疹がみられるなどの症状が出ます。原因となる物質は、フードやノミ、ハウスダストなどさまざま。猫の体質によるものなので完治が難しく、長期間治療を続ける必要があります。

予防できるの?

のどをなでられて気持ちよさそうなアビシニアン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の持つ「アレルギー体質」そのものは、残念ながら予防できません。しかし、原因となる物質を遠ざけるという意味で、ノミ予防を通年で行ったり、掃除をこまめにすることでハウスダストを防ぎ、発症を予防できる場合もあります。

かかった場合の治療法が知りたい!

おもちゃのトンネルに大興奮している猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

皮膚炎にかかった場合、そもそもそれが「アレルギー性」のものなのかどうかを特定しなくてはなりません。さらに、アレルギー性皮膚炎だとわかったら、次は「どんな物質のアレルギーなのか」を特定するために、かなりの時間を必要とします。

原因がフードだった場合

フードがアレルギーの原因だった場合は、まず療法食(低アレルギー食)を与えて様子を見ます。症状が改善しない場合は別の療法食に切り替え、どの食べ物がアレルギーとなっているのか原因を探ります。原因物質の特定に時間を要するのは、こうした手順をくり返す必要があるためです。

症状にあわせて薬などで治療

実際に出ている症状に対しては、抗炎症薬やステロイド薬を投与して治療していきます。患部が二次感染を起こさないよう、よく症状を確認して、清潔に保つことも大切です。

「ねこのきもち」読者で、実際にアレルギー性皮膚炎にかかった猫の飼い主さんは、症状がひどいときなどは消毒液を染み込ませたコットンで患部をポンポンと叩くようにして消毒しているそうです。

早期発見が大切!

フローリングに寝そべる猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

「アレルギー性皮膚炎」は、気をつけていても体質によってかかってしまう猫もいます。だからこそ、予防はもちろんですが、早期発見が何より大切。アレルギーの原因となる物質の特定に時間がかかるため、早く気づいてあげられた分だけ、適切な治療が開始できます。

日頃からスキンシップなどの際に、毛や皮膚の様子をよく観察するとよいかもしれません。長く付き合うことになる病気ですが、愛猫が少しでも楽に過ごせるようにしてあげたいですね。

参考/「ねこのきもち」2017年4月号『治りにくいからこそ予防と早期発見が大事です!一度かかると長いお付き合いになる病気』(監修:ACプラザ苅谷動物病院 葛西橋通り病院院長 榎本拓也先生)
文/momo
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る