1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 災害時、猫との生活はどうなる?避難場所ごとの注意点

猫と暮らす

UP DATE

災害時、猫との生活はどうなる?避難場所ごとの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自然災害はいつ起きるか予測が難しいもの。災害が起きたとき、まずは猫と一緒に安全な場所に同行避難し、被害の状況に応じて、さまなざま場所や形態での避難生活をおくることになります。今回は、猫との避難生活や配慮したいポイントを、場所ごとにご紹介します。

自宅での避難生活は、「見えない危険」に注意しよう

ラグ ラグドール 窓から
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

被災後、地盤の状態や倒壊具合など、住むのに危険がないと判断できる場合は、自宅で猫と一緒に生活できることも。住み慣れた自宅での避難生活は、猫にとってもストレスが少ないといえます。しかし、被害がないように見えても、見えない場所がもろくなっていたり、ライフラインの復旧時に通電火災が起きてしまう危険もあるため、油断は禁物です。

また、被害の状況や地域よっては、必ずしも猫と一緒に避難所に入れるとは限りません。そのため、人は避難所で過ごし、猫は自宅で過ごすという場合も。

車やテントでの避難生活は、「脱走」や「体調不良」に気を付けて

小梅 キジトラ 車中泊
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

災害時には、公園などにテントを張ったり、車の中で猫との避難生活をおくることもあります。避難所よりもプライバシーが守られる半面、狭いスペースで長時間過ごすことになり、ストレスや体調不良の原因になってしまうこともあるため、注意しましょう。

また、窓を開けて換気をしたり、出入りすることが多くなるため、猫の脱走にも注意が必要です。あらかじめリードや小さめのケージを用意しておくと安心でしょう。

車やテントの中は、猫にとっては充分な広さであっても、人には負担となることもあります。そのため、日中は車などで猫と過ごし、夜は飼い主さんのみ避難所で過ごすケースも。

避難所で過ごす場合は、「周りへの配慮」も忘れずに

マンチカン むぎ ケージ
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

避難所では、状況により、猫が人と同じスペースで過ごすことができる場合と、人とペットで生活場所が分かれている場合があります。慣れない避難所で、知らない人やほかの動物と共同生活することは、猫にとっても大きなストレスに。小さな異変にも気付いてあげられるように、ふだん以上に猫のことを気にかけるようにしましょう。

また、避難所には動物が苦手だったり、猫アレルギーの人がいる可能性も。お互いがストレスなく共同生活ができるように、猫の抜け毛やニオイにも気を付けることが大切です。人によっては、排泄物のニオイだけでなく、猫のフードのニオイも不快に感じることもあるので、密閉容器や袋などを用意しておくとよいでしょう。

さまざまなケースを想定した「備え」をしておこう

茶トラ ソラ 避難
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

このように、避難生活の注意点は、拠点となる場所によっても違うもの。避難生活では、猫へのケアはもちろん、周りの人への配慮を忘れないことも重要です。いざというときに、愛猫の命を守れるように、さまざまなケースを想定した「備え」をしておきましょう。

参考/「ねこのきもち」2018年9月号『猫も環境もそれぞれ違うから―― 愛猫を救うのはカスタム防災です』(監修:NPO法人アナイス代表 新潟県中越大震災動物救済本部監事 東日本大震災東京都動物救援センター運営管理部門副センター長 平井潤子さん)
文/いけてぃん
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る