1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫がお尻をトントンされるのが好きな理由と撫で方のコツ

猫と暮らす

UP DATE

猫がお尻をトントンされるのが好きな理由と撫で方のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫に触れるとき、喜んでもらいたいと思う飼い主さんは多いはず。猫はお尻をトントンされたり、触ってほしいパーツを撫でてもらったりするのが好きです。本記事では、猫がお尻をトントンされるのが好きな理由、撫で方のコツや注意すべきポイントを紹介します。

猫がお尻をトントンされるのが好きな理由

シンガプーラの横顔
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫はお尻の下をトントンされるのが好きです。理由は、しっぽの付け根を触られると気持ちがいいから。
お尻のあたりは骨盤への神経が集まる場所だから気持ちいい、分泌腺のあるしっぽの付け根部分はフェロモンを出す場所のため、トントンされたときの刺激が心地いいなどの説も。

飼い主さんに親愛の気持ちがあり、「撫でてほしい」「触ってほしい」と思うときは、猫がお尻を高くあげることもあります。そんなときは、やさしくしっぽの付け根を撫でてあげてくださいね。

猫の撫で方のコツ

おなかを出してバンザイするマンチカン
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫の撫で方にもコツがあります。猫が喜ぶのは、かゆいところに手が届く撫で方です。まずは顔周りを触ってあげましょう。顔周りはほとんどの猫が触られてもOKな場所。自分で毛づくろいができない部分なので気持ちがいいのです。とくに耳の付け根周辺、ヒゲの付け根、顎の下あたりを触ると喜びます。

全身をべったり触るよりも、指で軽くタッチするように撫でるのがコツ。猫が毛づくろいするときの舌づかいを真似るように、指で細かく撫でてあげましょう。

ビビリさんな猫の場合はより控えめに触れたり、摩擦の少ない手の甲を使って撫でたりするのがおすすめです。また若い猫の場合は、日頃から足先を触るなどして、スキンシップに慣れてもらいましょう。

猫とのスキンシップで注意すべきポイント

ドアップのミケ猫
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

猫とスキンシップをとりたい、たくさん撫でたいという飼い主さんも多いでしょう。しかし、猫も触られるのが苦手な場所などがあるので、そのあたりに配慮してスキンシップをとることが大切です。

まず、お腹を触るのは避けましょう。猫の体の中でもとくに柔らかいパーツなので、触りたくなってしまいますが、お腹は猫にとって急所。触られると怒る猫も多いので、気をつけてくださいね。

また、正面から近づいて触ろうとすると、猫は「捕まえられる!」と怖がる場合もあります。猫が警戒して逃げないように、背後にまわってゆっくり撫でてあげましょう。

猫がお尻をトントンされるのが好きな理由、撫で方のコツや注意すべきポイントを紹介しました。解説を参考に、猫が喜ぶスキンシップをとってあげてくださいね。

ねこのきもち WEB MAGAZINE「飼い主さんなら知っておいて! 猫がお尻を高くあげるときの心理2つ」

参考/「ねこのきもち」2016年9月号『ねこへの愛が伝わる 目づかい・手づかい・心づかい』(監修:帝京科学大学助教 動物看護師 小野寺温先生)
文/pinoco
   「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『飼い主さんなら知っておいて! 猫がお尻を高くあげるときの心理2つ』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る