1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 猫の毛柄と性格は関係する!? 猫の「黒い毛」「白い毛」が持つ特徴

猫と暮らす

UP DATE

猫の毛柄と性格は関係する!? 猫の「黒い毛」「白い毛」が持つ特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫には、さまざまな毛柄・毛色がありますよね。その毛柄と性格にどんな違いがあるのか気になりませんか? 今年は「丑年」ですので、黒と白の毛色を持つ毛柄に焦点を当てて、猫の毛柄と性格について解説します!

いろいろな毛柄があるのは突然変異によるもの

茶×白のしんちゃんとその兄弟
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

黒色と白色を持つ毛柄にもいろいろな種類がありますが、なぜ、こんなにもたくさんのバリエーションがあるのでしょうか。
もともとは、飼い猫の祖先であるリビアヤマネコの「しま模様」の毛柄の遺伝子が始まり。その遺伝子が、突然変異などを繰り返した結果、現在の多種多様な毛色や模様に繋がったのです。

猫の毛柄は、父猫と母猫の両方から受け継いだ遺伝子によって決まるうえ、同じ親猫から生まれたとしても、受け継ぐ遺伝子は猫によって異なります。そのため、きょうだい同士でも異なる毛柄が生まれることがあります。

<単色グループ>黒・白・バイカラー

黒×白の茉莉花ちゃん
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ここからは単色グループをご紹介♪ 黒色・白色・バイカラーの毛柄についてご説明します。

黒猫は穏やかで友好的な傾向

黒猫は、黒1色の毛柄でありながら黒以外の遺伝子も持っています。ただ、それが現れにくいだけなのだとか。
性格は、穏やかで友好的な猫が多いようです。そのような性格が多いのは、黒くて目立ちにくいことで、敵に狙われにくかったからかもしれませんね。

白猫は注意深くて繊細な性格?

白い毛色をつくる遺伝子は、とても強い遺伝子です。ほかの毛色や模様をつくる遺伝子を持っていても、この「白い毛色をつくる」遺伝子が、ほかの遺伝子の働きを抑えて毛色を白1色にしてしまうのだそう。

ただし、野生では白色の毛柄は敵に襲われやすかったのか、注意深く、繊細な性格の猫が多いようです。

バイカラーの猫は白との組み合わせの色に注目!

バイカラーは、毛柄を白くする遺伝子の影響で、さまざまな組み合わせの毛色が生まれます。
性格の傾向はさまざま。強いていうとすれば、「黒・白」の組み合わせの場合には、黒猫の性格に似ているなど、白と組み合わさっている色の猫の特徴に似ることが多いのだそう。

<トラ柄>キジトラ・サバトラ

サバトラのおはぎちゃんとキジトラの2匹
ねこのきもち投稿写真ギャラリー

ここからは黒成分が多めのキジトラ、サバトラについてご説明します。

キジトラは慎重で警戒心が強め!

キジトラは日本の猫に特に多い毛柄。全身に黒と茶のしま模様があるのが特徴的。もっとも野生の猫に近いためか、慎重で警戒心が強い性質を持っているようです。
しかし、飼い主さんには甘えん坊なかわいい一面も。

サバトラは野生っぽさと洋猫っぽさを持ち合わせている?

サバトラのしま模様は、色も魚の鯖に似ています。これは、毛色をシルバーにする遺伝子が働くことによるもの。サバトラは、戦後に洋猫との交配で生まれたといわれており、日本では数が少なめ。
遺伝的には、猫の祖先リビアヤマネコにも、人為的に誕生した洋猫にも似ているところがあります。そのため、野生の猫が持つ慎重な性格と、洋猫の活発さの両方を持っている猫が多いようです。

ここでご紹介できたのは、ほんの一部。ほかにもたくさんの毛柄がありますので、ぜひほかの記事などもご覧になってみてくださいね♪

参考/「ねこのきもち」2016年6月号別冊『ねこのきもちセレクション KEGARA図鑑』
文/みづかめ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る