1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 皮膚のトラブル・病気
  5. 意外と多い、猫の「皮膚病」はどんな病気?|獣医師が解説します

猫と暮らす

UP DATE

意外と多い、猫の「皮膚病」はどんな病気?|獣医師が解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がかかりやすい病気のことは、飼い主さんならよく知っておきたいもの。
この記事ではそんな病気の解説のほか、実際に体験した飼い主さんの疑問について、獣医師の重本先生が回答します。

今回は、とくに飼い始めに多く見られる「皮膚病」です!

お話をお伺いした先生

重本 仁先生
王子ペットクリニック院長(東京都北区)

さまざまな原因で 皮膚に異変が起こります

猫の皮膚病には、皮膚糸状菌が毛や皮膚で増殖して起こる通称「猫カビ」、食物やノミなどに反応して発症する「アレルギー性皮膚炎」、特定の種類のダニが寄生して強いかゆみをもたらす「疥癬(かいせん)」がよく見られます。近年は「アトピー性皮膚炎」と診断される猫も増加傾向に。また、ストレスから特定の部位をなめ続けて炎症が起こる自傷行為、あるいはなめこわしによって脱毛する「心因性脱毛」などがあります。
皮膚病の原因の中には、猫から猫へと簡単に感染していくものがあります。予防には、猫も猫の周りも清潔を保つよう、衛生面に配慮することが大切です。
治療は原因によって異なりますが、飲み薬や塗り薬の投与、アレルギー対応の療法食に切り替える、寄生虫の駆除薬を投与する、などが一般的。完治に時間を要するケースもあるの
で、症状が治まっても自己判断せず、獣医師の指示を守る必要があります。

皮膚病のおもな症状

●体をしきりにかく
●部分的に脱毛する
●特定の部位をなめる
●皮膚に赤み、発疹・湿疹、カサブタが見られる

イラスト/みやしたゆみ

飼い主さんからの疑問「そこが知りたい」 

口の下からあごにかけて赤く腫れたので受診しました。
治療して症状は治まりましたが半年後に再発。
アレルギーの疑いがあるようですが検査でアレルゲンを特定できますか?
K・Sさん
Fくん(オス・2才)
※皮膚病と診断されたのは6カ月齢当時

近年、猫も血液検査でアレルゲンを特定できるケースが増えました

猫のあごが赤く腫れたとき、まず考えられるのは「あごニキビ」です。これはあごの皮脂腺から出た分泌物が酸化し、黒いゴマのようになったもの。重症化するとあごに膿がたまって腫れ、治療が必要です。猫の体質によっては再発することも多いので、濡らしたコットンであご周りを軽く拭くなどして、ふだんから清潔に保つ必要があります。
Fくんはアレルギーの疑いをもたれているようですが、特定のものに接触することで炎症が起こる「接触皮膚炎」があります。食器の素材が肌に合わずにアレルギー反応を起こし、口元に症状が出る猫も。
近年では、動物病院で猫のアレルギー検査もできるようになり、アレルゲンが特定できるケースも増えました。再発を繰り返すようでしたら受けておくと安心でしょう。なお、検査は血液を採取して行います。

目の上が脱毛して動物病院へ連れて行ったら、湿疹だと言われました。
塗り薬と飲み薬を処方されて、間もなく完治。
ただ、ときどきフケが出ていますがこれは皮膚病のサインでしょうか?
F・Kさん
Kくん(オス・3才/アメリカンショートヘアー)
※皮膚病と診断されたのは2才当時

フケが大量に出るなら病気のサインかもしれません

猫の目と耳の間の毛はもともと薄く、飼い始めの人が皮膚病と勘違いして受診することがあります。Kくんの場合は、獣医師に「湿疹」と言われたようなので、何らかの原因で、皮膚が炎症を起こしたと考えられます。
フケは皮膚からはがれ落ちた角質細胞のことで、猫も人と同様に、見た目は白い粉のようです。これは皮膚の代謝が正常に行われている証なので、少量のフケなら問題ないでしょう。しかし、大量にフケが出ている場合は、皮膚に異変が起きている可能性が大です。その際、かゆみをともなうケースが多いので、悪化する前に動物病院で受診しましょう。

イラスト/みやしたゆみ

猫の皮膚は被毛に覆われているため、異変を見過ごし、病気が進行してしまうケースも。日頃からブラッシングをすることで、フケの量や皮膚の変化にも気付け、皮膚病の予防にもつながるでしょう。

先生、ご回答いただきありがとうございました。
ご紹介した飼い主さんのエピソードは、あなたの愛猫に起こる可能性もあります。
いざというときに思い出し、役立ててくださいね。

監修

重本 仁先生(王子ペットクリニック院長)
参考/2021年1月号『ねこに多い病気、そこが知りたい!』
文/Betty
イラスト/みやしたゆみ
※この記事で使用している画像は2021年1月号『ねこに多い病気、そこが知りたい!』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る