1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 風邪・感染症
  5. 猫カゼの症状が目にでてしまった時の治療法は?|獣医師が解説します

猫と暮らす

UP DATE

猫カゼの症状が目にでてしまった時の治療法は?|獣医師が解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がかかりやすい病気のことは、飼い主さんならよく知っておきたいもの。
この記事ではそんな病気の解説のほか、実際に体験した飼い主さんの疑問について、獣医師の重本先生が回答します。

今回は「猫カゼ」の症状が目に出たときの治療法について、飼い主さんの疑問を取り上げます。

お話をお伺いした先生

重本 仁先生
王子ペットクリニック院長(東京都北区)

ウイルスなどが感染して起こる、人の風邪の症状に似た病気

猫カゼとは、症状が人の風邪に似ていることから用いられる通称です。「猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス感染症)」「猫カリシウイルス感染症」「猫クラミジア感染症」の3つが代表で、これらが混合感染することも。すべて猫から猫へと感染しますが、猫クラミジアのみ猫から人へ感染した報告があります。
感染後に発症すると、くしゃみや鼻水など、人の風邪に似た症状が見られます。さらに進むと熱が出たり、口内炎ができたりする猫も。
猫カゼに特効薬はないため、症状を抑える対症療法を行います。治療には、ウイルスの増殖を防ぎ免疫力をサポートするインターフェロンの注射や、抗生剤などの投与が一般的です。猫カゼを予防するには、まずは定期的なワクチン接種が必要となります。

猫カゼのおもな症状

●くしゃみや鼻水が出る
●ドロッとした目ヤニが出る
●涙が大量に出る
●鼻が詰まって呼吸がしにくくなる

イラスト/みやしたゆみ

飼い主さんからの疑問「そこが知りたい」 

ノラの母猫から猫カゼをうつされたのか、現在も目ヤニがよく出ます。
受診をすると必ず目薬を処方されますが、一人ではうまく点眼することができません。
目薬以外の治療はないのでしょうか?
Y・Hさん
Wくん(オス・2才)
※初めて猫カゼにかかったのは推定1カ月齢当時

目の周りを拭き取り、清潔にするだけで症状が改善することも

猫カゼの初期によく見られるのは、目ヤニや涙などといった目の症状です。いつもとは違う、黄色や緑色っぽいドロッとした目ヤニや、大量に涙が出るのが特徴です。治療には、点眼タイプの目薬が処方されるのが一般的ですが、Wくんのように嫌がる猫もいます。その場合は、消毒液や洗浄液をコットンに含ませ、目の周りを拭きとってお手入れする方法も。清潔に保つだけでも症状が改善されることもあります。また、軟膏タイプの目薬もあり、こちらを試してみるのもいいでしょう。
どの方法も無理なら、飲み薬で治療する方法などもあるので、かかりつけの獣医師に相談してみてください。

イラスト/みやしたゆみ

ペット用の目の洗浄液や消毒液をコットンに含ませます。目の中に入らないように気を付けながら、目ヤニや涙を拭き取って
※洗浄液・消毒液は動物病院で処方してもらい、獣医師に指導してもらいましょう。

先生、ご回答いただきありがとうございました。
ご紹介した飼い主さんのエピソードは、あなたの愛猫に起こる可能性もあります。
いざというときに思い出し、役立ててくださいね。

監修

重本 仁先生(王子ペットクリニック院長)
参考/2020年11月号『ねこに多い病気、そこが知りたい!』
文/SAY
イラスト/みやしたゆみ
※この記事で使用している画像は2020年11月号『ねこに多い病気、そこが知りたい!』に掲載されているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る