1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. お手入れ
  4. 歯磨き
  5. 必要とわかっているけど、猫が嫌がる「歯磨き」も3ステップで習慣化!

猫と暮らす

UP DATE

必要とわかっているけど、猫が嫌がる「歯磨き」も3ステップで習慣化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫にも歯磨きをしなくちゃいけないのはわかっているけど、どうしても嫌がられるから無理! と思っている飼い主さんは多いはず。猫のお口のトラブルはほかの病気や食欲低下を引き起こす可能性もあるようなので、やはり健康な歯を保つために歯磨きは必須!
でもどうすれば……。

それにはステップ・バイ・ステップ、段階を踏んで根気よく行うのがいいようです。
毎日の歯磨きを習慣づけるために実践してみて!

撮影/佐藤正之
毎日の歯磨きを徹底することで、歯肉炎や初期の歯周炎が抑えられたという例もあります

STEP1 口元や歯にタッチ

猫がリラックスしているときに、口のまわりをやさしくマッサージ。慣れてきたら、指で猫の前歯に触れ、それができたら奥歯に触れることにも慣れさせます。一つひとつできたら、その都度ごほうびにおやつなどを与えるといいでしょう。

撮影/佐藤正之
口から頬にかけてもむようになでて
撮影/佐藤正之
歯に触れるときは、唇を引き上げ(下げ)て

STEP2 ガーゼで磨く

指で歯に触れられるのに慣れたら、ガーゼを巻いた指で歯に触れてみましょう。慣れてきたら、指の腹で前歯や奥歯を左右や上下の方向に小刻みに軽く動かして拭きます。うまくできたら、その都度ごほうびを与えて。

撮影/佐藤正之
奥歯をみがくときは、口の端から指を滑らせるように入れて
撮影/佐藤正之
前歯や犬歯は唇を引き上げ(下げ)て。犬歯は長いので左右だけでなく、上下にも拭くと◎

STEP3 歯ブラシで磨く

まずは歯ブラシで歯に触れられることに慣れさせてから歯みがきを。磨くときは、歯と歯肉の間を歯肉に沿って小刻みにやさしく動かすのがコツ。毎日実施を目指しましょう。

撮影/佐藤正之
比較的みがきやすい前歯からトライを
撮影/佐藤正之
奥歯は歯垢が付きやすいところ。歯にしっかり歯ブラシを当てて

いかがでしたか? 考えてみると、体を固定されて口にいきなり異物を入れられるようなものですから、最初から歯ブラシを使って歯磨きをするのはハードルが高いのかも。最終目標の「歯ブラシ」が怖くないならないように、ちょっとずつ、焦らないでトライしていきましょう。

参考/「ねこのきもち」2021年4月号『あなどれない、歯周病』(監修:藤田動物病院院長 藤田桂一先生)
文/ハナマサ
※この記事で使用している画像は2021年4月号『あなどれない、歯周病』に掲載しているものです。

CATEGORY   猫と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「猫と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る