1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫の秋冬のケア 防寒対策

猫の秋冬のケア 防寒対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さに比較的強い猫ですが、反面、寒さには弱い傾向があります。お部屋の冷えるスポットを確認し、ベッド、フード、水、トイレなどの置き場に気を付け、暖房器具を利用しながら愛猫が冬を快適に過ごせるおうちづくりを目指しましょう。

猫が快適に過ごせる温度と湿度 

人が快適に過ごせる環境は、猫にとっても快適な環境といえます。住宅構造にもよりますが、室温は22~24℃を保ち、部屋同士の温度差は4℃以内に抑えるのが理想です。ただし、子猫やシニア猫、持病のある猫がいる場合は高めに設定するのがベター。また湿度は静電気予防のためにも50℃~60℃を保つとよいでしょう。

ベストな位置にポカポカをプラスα 猫のベッドの場合

猫ベッドの下にアルミシートを敷く

アルミシートは保温性が高く、猫ベッドの下に敷くだけで猫が入ってきたときのベッドの底の暖かさを維持できます。

猫ベッドにもこもこの布を敷く

いつも使っている猫ベッドの中にもこもこした素材の布を敷くと、猫と繊維の間に暖かい空気の層ができ、ずっと暖かく過ごせます。ポイントは下に敷く布を二つ折りにしておくと、猫は寒さの具合に応じて、そのまま上に座ることも、布の中にもぐることもできます。

猫ベッドを複数個所に置く

冬は時間帯によって暖かくなる場所が変化します。日中は日の当たる窓際、夜は高さのある暖かい場所など、居場所を選べるよう数箇所猫ベッドを用意するとよいです。また高齢の猫は体の脂肪が減って、特に寒さを感じやすくなります。行動範囲も狭くなるので、猫があまり動かなくても好きな場所で暖まれるように、周りが囲まれたベッド、解放感のあるベッドなど、違う種類のベッドを用意するといいでしょう。

猫用の湯たんぽを置く

意外と冷えやすい足元を温めるのに効果的なのが、猫用の湯たんぽ。お湯を入れたペットボトルを靴下に入れればかんたんに作れます! 猫が好きなもこもこした素材を使ってもいいですね。猫ベッドに置く前には湯たんぽが熱すぎないか確認をしてください。

小さめのテーブルやイスをフリースで覆って「猫用こたつ」に

フリースなどで覆うと、猫の体温によって中の温度が上がり、家事や事故の心配はもちろん、電気なしでも暖かく過ごすことができます。

ベストな位置にポカポカをプラスα 水・フードの場合

フードは冷えやすい場所に、水は複数置き、ひとつは暖かい場所に

フードは食べる時間が短いため、冷えるスポットに置くといいでしょう。水は痛みにくいので数箇所に準備し、ひとつは暖かい場所にあると好んで飲むようになることも。

フードや水ボウルの前にマットを敷く

冷え冷えスポットに置くとよい水やフードですが、長時間とどまることがないとはいえ、足先の冷えが心配な場合は食事中の足をのせられるような大きさのマットを敷いて。

ベストな位置にポカポカをプラスα 猫トイレの場合

トイレまでの道に置き敷きカーペットなどを敷く

猫トイレは床に設置するため、極端に床が冷たい場合、行くのを嫌がる猫も。その時は置き敷きのカーペットを敷いてみて。猫もトイレの存在を意識しやすくなります。

猫トイレは空気の流れが終わる場所に設置すればニオイにくい

猫トイレは極端に冷えたスポットに置くと猫が行きたがらなくなる場合があるため、廊下などに設置するとトイレの回数が減ることも。空気の流れが終わる場所に置くと、ニオイを拡散しにくいので、ストレスなく温かい場所に置くことができます。

シニア猫には、近過ぎず遠過ぎず気付きやすい場所に

寝る時間が増えるシニア猫の場合、排泄のために起きても、トイレが遠過ぎると行くのをやめてしまうことが。居場所から近過ぎず、目線に入りやすい場所に設置すると、猫もがまんせずに行くのでいいでしょう。

大きめのトイレで“連れション”効果を狙う

複数飼いで猫同士の仲がいい場合、1匹がトイレに行くと同居猫もしたくなる場合も。冬限定で衣装ケースなど、2匹くらい入れる大きめのトイレを用意すると、冬のトイレ回数を減らしにくくなります。

ベストな位置にポカポカをプラスα 暖房器具を使いこなす

電源を切ったこたつの中に、布などを敷く

こたつは出かける前まで電源を入れておけば、余熱で暖まることができます。中に布などを敷くとよりくつろぎやすいです。留守中は必ず電源を切りましょう。

加湿器をエアコンの下に置く

加湿器を使うと、エアコンの暖かい空気を含んだまま部屋全体に蒸気が飛ぶので、暖かくなるだけでなく、空気も潤います。エアコンの暖気が流れるすぐそばに置いて部屋中に行き渡らせるといいですね!

暖房器具を使うときに気を付けたいこと

ヒーターには柵を設置する

留守中はヒーターの電源はオフに。また、子猫はとくに高温になるストーブやヒーターに近付くことが。やけど防止にペット用のケージなどで柵を設置するとよいでしょう。

コードは見えない場所にしまうか、カバーを付ける

コードはヒモ状のため、子猫や噛みグセのある猫にとっては気になる存在。可能なら猫が触れられない場所にコンセントを差し、難しい場合はカバーを付けて対策をしましょう。

合わせて読みたい

愛猫の年齢に合わせたお世話や健康管理をしてあげたいですね。『ねこのきもち』なら子猫からシニア猫まで網羅!最新号、くわしくはこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る