1. トップ
  2. 猫と暮らす
  3. 猫にまつわる家のニオイと対策

猫にまつわる家のニオイと対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は臭くないといわれているものの、部屋が臭うような気がしたり、来客に“ネコ臭い”と思われていないか心配になることも。そこでニオイやすい季節や、気になる場所ベスト5を紹介。「もしかして」と気になる場所には、しっかりとニオイ対策をしましょう。

ふだんは臭わない猫の物も気温と湿度が上がる時期は臭いやすくなる 

5月の連休~10月は、ニオイの相談が増える時期。気温と湿度が上がると雑菌が繁殖して臭いやすくなるうえに、人の嗅覚は、気温と湿度が高い方がニオイを感じやすくなるからです。また、最近の住宅は気密性が高くニオイがこもりやすいのも、臭いやすい一因です。

ニオイが気になる場所、ベスト5!

1位 猫トイレ

取りこぼしたトイレ砂や、フチに飛んだオシッコがニオイの原因。気温や湿度が上がると、アンモニア臭が漂いやすくなります。

2位・3位 粗相/スプレーした場所

乾燥地帯出身の猫は、少ない水分摂取量で濃縮したオシッコを出すため、オシッコが臭いのです。猫のオシッコに含まれる「コーキシオン」という成分が原因。

4位 猫ベッドなどの居場所

猫はよく毛づくろいします。唾液の付いた抜け毛が付着したうえに、気温と湿度が上がると、雑菌が繁殖して臭いやすくなります。

5位 フードボウル・水飲みボウル

食べ終わったフードボウルや、留守中にフードを置きっぱなしにしておくと臭いがち。フードのニオイがエアコンのフィルターに付いて、出てくる冷気が臭くなることも。

臭いがちな場所対策 -リビングー

マンションの吸気口はつねに開けておき、定期的にフィルター掃除も

マンションは気密性が高いので、冬も吸気口は開けておいた方がベター。フィルターが目詰まりすると換気量が不足するので、洗剤を泡立てて洗って。

空気清浄機は換気不足の場所に置く

家庭用の空気清浄機のおもな目的はホコリや花粉の除去。ニオイ対策としては役不足です。よって猫トイレのニオイ除去ではなく、換気目的で使って。換気が行き届きにくい部屋の隅(猫トイレから離して)などに置くのが有効です。

猫トイレを風下に置く

24時間換気システムの場合、吸気口から入った空気は。浴室やトイレ、キッチンの換気扇から出ていきます。吸気口から離しつつ、吸気口と浴室の空気の通り道に置きましょう。

粗相の跡をアルカリ電解水で拭き取る

猫がよくいる場所は洗剤を使いたくないもの。水を電気分解した「アルカリ電解水」で、オシッコのたんぱく質を浮き上がらせます。

強いアンモニア臭にはオレンジの香りを

部屋に漂うオシッコの強いアンモニア臭には、オレンジの香りが高相性。猫が嫌がらなければ、オレンジの皮を揉んでテーブルの上などに置いて。その際、消化不良を起こすかもしれませんので誤食には気をつけてください。また、強いアンモニア臭にミントの香りを使うと、悪臭が強まりますので注意!

臭いがちな場所対策 -猫トイレー

トイレの砂の粉が増えてきたら全交換

トイレの底にたまる粉が悪臭の原因に。粉が増えるとトイレの砂を替えると同時に、容器も洗って。容器に水をはり、少量の酢を入れて10分程度放置するとニオイが取れます。また、トイレの嫌なニオイを取り去りたいなら、消臭より「脱臭」の方が効果的。脱臭剤をマメに取り替えて週に1回はトイレを丸洗いしましょう。

消臭スプレーはトレイの砂にかけず、空間に使う

消臭スプレーをトイレの砂にかけ、砂が濡れるとオシッコを固める成分が弱まり、臭いやすくなる恐れも。臭うときは空間にスプレーして。

使用後のトイレ砂は新聞紙→消臭袋で二重にする

消臭タイプのトイレ砂のほうが臭いにくいので、ニオイが気になる人には換えてみて。さらに、新聞紙はニオイを吸収する作用があるので、砂を捨てるときは、消臭袋とのダブル使いはニオイ対策に効果的。

トイレ砂を捨てるゴミ箱

トイレ砂は水分を吸収すると同時に、ニオイも吸収します。トイレ砂を捨てるゴミ箱の底に新しいトイレ砂を敷き詰めて入れておくと、ゴミ箱を開けたときの嫌なニオイが緩和されます。

臭いがちな場所対策 -猫の粗相とベッドなどー

布団の粗相には酵素系漂白剤を

オシッコのシミとニオイを落とすには、酵素系洗剤が有効。粗相の部分に漂白剤を付けて30分以上置いてから、洗濯機か手で洗って。

猫のベッド・おもちゃ

布製のベッドなど、洗えるものは酵素系洗剤を使って洗い、乾かします。紫外線には殺菌効果があるため、天日干しがグッド。洗えない物は消臭剤を湿らせるくらいかけて、よく乾かします。猫の口に入るものは、ペット用消臭剤を使った方が安心。

フードボウル・水飲みボウル

フード自体がニオイを放つため、気温と湿度が高い状態で置いておくと臭いやすくなるうえに痛みやすくなります。長時間の置きっぱなしは
できるだけ避けて。飲み水はフードのカスが落ちると傷んで臭いやすくなるので、マメに取り替えて。

合わせて読みたい

噛む、ひっかくなどの困りごと解決策が満載!愛猫の困りごと解決は『ねこのきもち』のお任せください。 最新号くわしくはこちら

猫と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る